デリヘルとホテヘルの違いを教えてください!どっちがオススメ?

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

風俗店のタイプは、唯一本番があるソープランド・特殊器具を使うSM・本番以外は全てあるヘルス・上半身サービスのセクキャバ・フェラチオ専門のピンサロ・オナニーを見るだけオナクラ・マッサージをメインとしたエステとあります。
それぞれプレイ内容に違いがあります。
そしてバック率・給料も高いものもあれば、一般の仕事とかわらないものまであるのです。
このなかのヘルスには、ファッションヘルス・ホテヘル(ホテネヘルス)・デリヘル(デリバリーヘルス)・マットヘルス・イメクラ(イメージクラブ)と分かれています。

似ているようで違いがあり、特徴を考慮した名前になっているのです。
派遣型サービスの2つ、ホテヘルとデリヘルは同じプレイ内容になるのですが、何が違うのでしょうか?
女性が風俗嬢としてデビューするのはどっちがオススメなのか違いを見ていきましょう。

デリヘルとホテヘルの特徴

デリヘルのシステム

チェックリストヘルスのなかのひとつデリヘルは、店舗を持たない派遣型サービスになります。
実店舗がある風俗店は、風営法では朝は日の出から深夜24時までの営業時間という制約がありますが、デリヘルは店舗がないので時間制約はなく、24時間営業ができるようになっています。
お客さんからの指名は、デリヘルの営業用ホームページから行うようになります。

ホームページに記載している在籍女性の空き状況を確認して、お客さんは電話で予約をするようになります。
デリヘルの受付は、指名されたデリヘル嬢の空き状況を見てOKであれば、お客さんが指定する場所の確認を行います。
場所は自宅かホテルのどちらかになり、自宅の場合はシャワーなど入浴施設があるか、共同になっていないか確認します。
ホテルは、ラブホテルは問題ないのですが、シティホテルなどフロントで入室できるのか確認します。

※ホテルによっては入室できないところもあります。
指定場所に問題がなければ、デリヘル嬢の待機場所まで専用ドライバーが迎えに行き、お客さん指定場所まで送るようになります。
待機場所は、デリヘル店管理の集団待機・個室待機か自宅待機(自宅・マンが喫茶・レンタルルーム)などになります。
風俗業界のなかで、唯一自宅待機があるのがデリヘルになり、普段の生活環境で仕事を待っているので、お客さんの指名がなければ自由に自宅でしたいこと・するべきことができるようになり効率的に時間が使えるようになります。

デリヘルの専用ドライバーは、自宅前に迎えに来るのではなく自宅付近の指定場所になるので、怪しまれる心配もありません。
お客さん指定場所に到着したらデリヘル嬢はお客さんに挨拶します。
ここでお客さんがチェンジを入れることがあります。
デリヘル店のホームページに掲載している女性の写真と実物に違いがあるとNGを出すのです。
※チェンジ料金をお客さんからもらうようにはなります。
お客さんが部屋にそのまま通してくれたら、自己紹介して・サービス内容について確認して、料金を頂きデリヘル店側に連絡します。
ここからサービス開始時間になります。
サービスが終了するとデリヘル店に電話して終了したことを報告します。

専用ドライバーがデリヘル嬢の場所まで迎えに来て、そのまま待機場所に送ってもらう・次の指名お客さんまで移動・仕事終了で自宅に帰るようになります。
※お客さんからいただいたサービス料金は、スタッフに渡して、1日の稼ぎを貰って終了になります。

ホテヘルのシステム

ヘルスのなかのひとつホテヘルは、受付店舗がある派遣型サービスになります。

受付店舗ではサービスはしないのですが実店舗扱いで、風営法では朝は日の出から深夜24時までの営業しかできません。
お客さんからの指名は、ホテヘルの営業用ホームページ・受付店舗から行うようになります。
ホームページに記載している在籍女性の空き状況を確認して、お客さんは電話で予約をするか、受付店舗でホテヘル嬢の写真を店員に見せてもらい指名するようになります。
ホームページからの予約の場合は、ホテヘルの受付は、指名されたホテヘル嬢の空き状況を見て予約を取り付けます。

電話ホームページを確認して電話予約した場合も、受付店舗にお客さんは足を運んで、サービス料金の精算をしてホテヘル嬢が決まるようになります。
風俗街でも近隣にラブホテルがある場所にホテヘル受付店舗があり、そこからホテルまでホテヘル嬢と一緒に歩いて行く・先に行って待つなどになります。
ホテヘル嬢の待機場所は、受付店舗内にある集団待機・個室待機などになります。
ホテルに着いたら自己紹介してサービス開始になります。

サービスが終了するとホテヘル店に電話して終了したことを報告して、歩いて待機場所まで帰ります。
※ホテルに到着した後のオプション・延長料金は、ホテヘル嬢が貰い、受付店舗に持参して渡すようになります。

デリヘル・ホテヘルシステムの違い

デリヘルもホテヘルもほぼ似ているシステムになりますが、何が違うか整理すると以下内容になります。

時間効率

デリヘル×
ホテヘル〇
デリヘルは待機場所からお客さん指定場所までの移動時間にかかりますが、ホテヘルは近隣ホテルになります。

経済的負担

デリヘル〇
ホテヘル×
デリヘルはシャワー設備があれば自宅に呼ぶことができます。
自宅であればホテル代を支払う必要がないので経済的負担が少ない。
ホテヘルはホテル代がサービス料金にブラスされて割高に感じます。
※深夜22時を過ぎれば、ラブホテル料金はもっと高くなります。

出勤時の心理

デリヘル〇
ホテヘル×
デリヘルは風俗街に待機場所がないので、安心して出入りができる場所になりますが、ホテヘルは風俗街でしかもラブホテルの近隣になるので人目が気になります。

身バレ

デリヘル×
ホテヘル〇
デリヘルはお客さんに会うまで、顔確認ができないシステムになっています。
会ってはじめて相手の確認をして友人・知人ということもあります。
ホテヘルは受付店舗にカメラがあり、待機室でモニター確認ができるので、知り合いであればNGができます。

稼ぎ

お金デリヘル〇
ホテヘル△
デリヘルは24時間営業で、風俗利用者が一番多い時間帯である22時から26時まで問題なく営業ができます。
ホテヘルは24時までなので利用したいお客さんがいても断らないといけないのです。

プレイ内容はどうなっている?

プレイ内容は、デリヘル・ホテヘルともに同じ内容で、基本サービス・オプションサービスに分かれています。

たくさんのプレイ内容があるのですが、本番行為はNGになっています。
本番行為に匹敵するものが素股になっていて、素股のテクニックによってお客さんを満足させることが重要になってきます。

性病感染は?

プレイ内容についてはデリヘル・ホテヘルとも同じ内容なので、性病感染の確率も同じになります。

どちらも本番が無いのでHIV(エイズ)感染確率は下がりますが、他のプレイでの性病感染はあります。

稼ぎはどうなっている

バック率はほぼ同じ内容の50%になります。
平均月収で稼ぎを比較したら、一般店のデリヘルとホテヘルを比べると、デリヘルの方が少しだけ稼ぎは良いことになります。

デリヘルの平均月収120万としたら。
ホテヘルで100万ぐらいになります。
高級デリヘルになったら、ソープランドぐらいの稼ぎになるので、3倍くらいデリヘルの方が稼ぎはいいことになります。

まとめ

派遣型サービスで似ているデリヘルとホテヘルになりますが、それぞれ特徴があります。
多少の身バレ危険があっても稼ぎたい方はデリヘルになります。
身バレは絶対ダメで言う方はホテヘルになります。
ご参考にしてください。