デリヘルの集団待機はトラブルだらけ?メリットある?

2023年12月14日

ulleo / Pixabay

何かと風俗嬢からの評判が悪い集団待機には、確かに数多くのデメリットこそあれ、メリットも確かに存在します。

何しろ集団待機所にはその風俗店で一番稼いでいるデリヘル嬢も待機中であるため、待機所で質問をすることでどうやたったら稼げるのか、リピーターを増やすにはどうしたら良いのかといった、有益な情報交換をすることが可能です。

集団待機のデメリット

待合同じ風俗嬢といっても、人気のある風俗嬢がいる一方で、指名の数が少なく、あまり稼げない風俗嬢も中にはいます。
集団待機とはそういった諸々の風俗嬢を一箇所に集めて指名があるまで待機してもらう待機方法のことを指すのですが、そこには数多くのデメリットが存在しており、風俗嬢からの評判がとても悪いです。

集団待機のデメリットとしてまず、プライバシーの無さがあります。
食事をするにしろ、スマホを弄るにしろ、マンガを読むにしろ、音楽を聴くにしろ、あらゆる行為が全て他の風俗嬢の視線に晒されてしまうため、待機中はあまりリラックスできないです。
待機所に風俗嬢が沢山いるとお互いに気を遣うでしょうし、トラブルに発展しやすいです。
何しろ集団待機所には人気嬢がいる一方で、稼げない風俗嬢もいるのです。

そういった稼げない風俗嬢に目を付けられると、様々な嫌がらせやイジメを受けるかもしれません。
イジメを受けるのが嫌で下手に仲良くすると、今度はマルチ商法や保険の勧誘を受けることになるかもしれません。
仕事が終わり、疲れている時にわけのわからない勧誘を受けると、ますます疲れが増してしまいます。
たとえ本人に悪気がなくとも、マイナス思考な風俗嬢が近くにいて、店長やお客さんの悪口を言いふらしていると、それだけで気分が滅入ってしまい、ストレスになります。

待機中の風俗嬢は、疲れ、病んでいることが多く、待機所にはマイナス感情がひしめき合っているものです。
一度悪感情が溜まり込んでいる巣窟に足を踏み入れてしまうと、どれほど明るい風俗嬢であっても気分を害し、嫌な感情に支配されやすくなります。
それに加え、窃盗などの盗難のトラブルや、スマホやクレジットカード、住所などの個人情報を盗み取られるなどの災難が発生すれば、ますますストレスはピークに達することでしょう。
このように風俗嬢が一箇所に集まる集団待機所は、様々なトラブルや災難が起こりやすい場所なだけに、デメリットが多く、あまり人気がありません。

多くのデリヘル嬢が個室待機のある風俗店を選ぶ理由は、集団待機のデメリットが原因でしょう。
ただし、集団待機にはデメリットだけしかないわけではありません。
個室待機にはない、集団待機ならではのメリットも確かに存在します。

集団待機のメリット

デメリットがある一方で、集団待機には他のデリヘル嬢と情報交換ができる、友達とお喋りができる、人気嬢からアドバイスが貰えるなどのメリットがあります。
特にデリヘル嬢として働き始めたばかりの新人や、あまり稼げていないデリヘル嬢ほど、集団待機は本来メリットのある待機所となります。
既に長く働いているデリヘル嬢や、ナンバー嬢ともなると、お客さんを悦ばすテクニックやサービス、接客のやり方、会話術などを熟知しているものです。
このような稼げるデリヘル嬢のテクニックは一朝一夕では身につきません。

しかし、先輩デリヘル嬢からアドバイスをもらうことで、何も知らない新人デリヘル嬢であっても稼ぐためのコツを早めに習得し、現場で活かすことが出来ます。
情報交換を通じて稼ぐための知識やアドバイスをもらい、そして実践を繰り返せば、経験の少ないデリヘル嬢であってもすぐに指名を多くもらえる人気デリヘル嬢へと進化を遂げることが出来るでしょう。
一方で、個室待機の風俗店では、このような情報交換が出来ないだけに、稼げていないデリヘル嬢ほど個室待機はかえってデメリットになるかもしれません。
個室待機は確かに待機中の時間を自由に、他の女性の視線に気兼ねすることなく過ごせるといったメリットがあります。

しかし、そもそも苦労してまで風俗嬢になった理由は、個室待機で安穏と過ごすためではない筈です。
風俗嬢が風俗の仕事をする目的は、やはりお金でしょう。
確かに休憩も大事ですが、出来るだけ短期間で大金を稼ぎたいと考えるのであれば、集団待機できる風俗店に勤務し、先輩や人気嬢と情報交換をした方が建設的です。

集団待機所の風俗店の対策

集団待機所もは人間関係に関するトラブル、例えばイジメなどが多く発生するといった話は割と有名です。
それだけに、風俗店側としては出来るだけトラブルが起こらないように対策をたてることが求められます。
なにしろトラブルがあるとデリヘル嬢のやる気が損なわれ、接客やサービスに悪影響が出るかもしれません。
そのため、風俗店側としてはトラブルがないように、集団待機中のデリヘル嬢に対して余計なことをしないようにルールを設けることがあります。

例えば食事を禁止したり、大音量でテレビを視聴してはいけなかったり、室温は勝手に変えない、お金の貸し借りはしない、ホストに電話しないなどのルールを設けるだけでも、トラブルの数は減るものです。
さらに、集団待機所の清掃を普段よりしっかりやっておくことで、デリヘル嬢は気持ち良く待機所で指名を待つことが出来ます。
デリヘル嬢の中には禁煙者がいれば、喫煙者もいます。
タバコそういった女性の為に禁煙者用の待機所と喫煙者用の待機所をわざわざ分けてくれる風俗店もあります。

確かに集団待機所にトラブルはつきものですが、しっかりと対策をたててくれている風俗店であれば、デメリットも目立たず、快適に過ごせます。
むしろ、情報交換ができるというメリットを存分に活かすことが出来ます。
しっかりと集団待機所への対策をたててくれる風俗店の場合、面接中に待機所の様子を見せてくれることがあります。
このような配慮ができる風俗店は優良なお店が多く、トラブルがあっても対処してくれるため、安心して働けます。

デリヘル以外の待機所

集団待機や個室待機の問題はデリヘル以外の風俗店でもよくあることです。
ただ、デリヘル以外の風俗店の場合、思ったように集団待機もしくは個室待機できないケースがあります。
というのも、無店舗型のデリヘルと違い、箱ヘルやソープのような店舗型の風俗店の場合、プレイルームの数に限りがあるため、採用された風俗嬢の内、全員が全員、いつでも好きなように出勤できるわけではないからです。

例えば、プレイルームの少ない箱ヘルで、出勤する風俗嬢の数がプレイルームの数よりも多かった場合、風俗店としては指名数の少ない風俗嬢や不人気な風俗嬢の出勤調整をすることがあります。
出勤調整とはシフトを調整し、不人気な風俗嬢の出勤を減らす措置のことを指します。
箱ヘルなどに勤務する風俗嬢の場合、出勤調整をされると出勤できる時間が減ってしまうため、情報交換はおろか、収入まで減ってしまいます。
ちなみに、出勤調整される風俗嬢の中には指名数の有無ではなく、単純に風俗店側から嫌われ、出勤調整という形で干されている風俗嬢もいます。

こういったイジメを受けている風俗嬢は、出来るだけ早々に移籍してしまった方が良いでしょう。
もっとも、イジメられているのではなく、単純にプレイルームの数の関係で出勤調整されている風俗嬢の場合、働きたくとも働けないだけに、やがてはお店を辞め、やがては移籍せざるを得なくなるかもしれません。

出勤調整のデリヘル

電話プレイルームの数に限りがある店舗型の風俗店と違い、無店舗型のデリヘルは出勤調整を受けることがまずありません。

なにしろ無店舗型のデリヘルは、ラブホテルの数だけプレイルームが存在しております。
それどころか、お客さんの自宅だって立派なプレイルームになります。
店舗がないため、デリヘルで働く女性は出勤調整される可能性が限りなく低く、いつでも自由に、好きなだけ働けます。
指名があれば仕事をし、なければ待機所で待つことになります。

待機中のデリヘル嬢の中にナンバー嬢がいれば、情報交換をすることでアドバイスを貰えます。
その情報をヒントに接客スキルを高め、サービスの質を改善すれば、お客さんから気に入られ、やがては本指名されることでしょう。
待機所に沢山のデリヘル嬢がいる集団待機は確かにトラブルが多いといったデメリットこそありますが、出来るだけ沢山お金を稼ぎたいという目標がある女性には、集団待機はむしろメリットの多い待機所となるかもしれません。