ノルマなしのデリヘルもあるけどお茶だと保証もでない?

2023年12月14日

HypnoArt / Pixabay

キャバクラなどと違い、デリヘルなどの風俗の世界にはノルマがないことがほとんとです。
たとえ出勤しても指名されず、一回も接客せずに帰宅することになったとしても、罰金やペナルティを受けることはないでしょう。

ただし、デリヘルに限らず風俗嬢のほとんどは歩合制であるため、ノルマがない代わりにお茶のままだと給料も出ませんし、保証なども受けられないでしょう。

デリヘルとノルマ

一般的な企業の場合、営業で成績を残さないと上司からの評価が落ちますし、何より会社の売り上げが落ちてしまいます。
成績が低いOLやサラリーマンは出世し辛く、昇給も難しいでしょう。

サラリーマンしかし、デリヘル嬢のような歩合制で働く風俗嬢の場合、たとえ指名数が少なく、出勤してもあまり稼げなかったとしても、人件費がかからないため、固定給で働くOLのように著しく評価を下げられることは滅多にありません。
それどころかデリヘルの場合、達成すべき目標やノルマが設定されていないことがほとんどのため、お茶引き嬢になったからといってそれを理由に罰金を課されたり、干されるといったことはないでしょう。
何しろ不人気なデリヘル嬢は何もせずともお客さんが付かないため、風俗店側としては干す必要すらありません。
デリヘル嬢は自由出勤でシフトが組みやすい上に、ノルマすらありませんので、風俗嬢側としては余計なストレスやプレッシャーを感じることなく、気楽に仕事が出来るというメリットがあります。

もちろん、指名されていたにも関わらず仕事をサボったり、無断欠勤をしたり、遅刻をすれば、流石に風俗店側としても罰金を課すなどのペナルティを加えることはあるでしょう。
しかし、特にルールに違反しない限りにおいては、指名の低さを理由にクビになることはありません。
もっとも、指名が少ないと給料も低くなってしまうため、デリヘル嬢は稼げなくなるというデメリットを被ることになります。
そもそも、デリヘル嬢は歩合制であることがほとんどです。

歩合制とはつまり、成果に応じて給料の額が決まる仕組みのことです。
仕事量が多ければ給料も高額になりますし、仕事量が少なければ給料も減ります。
このように、デリヘル嬢には確かにノルマこそありませんが、そもそも接客をしないと最悪のケースとして給料が0になることすらあります。
わざわざ風俗店に出勤までして無給では、デリヘルの仕事をしている意味がありません。

それだけに、ノルマこそありませんが、デリヘル嬢は出来るだけ指名してもらえるように努力する必要があります。

日給保証の条件

確かにデリヘル嬢にはノルマこそありませんが、風俗店の中にはノルマを条件に日給保証をしてくれるお店もあります。
日給保証の求人といえば、出稼ぎ系の風俗求人でよく見つけることが出来ます。

他にも、普通のデリヘルの求人で、日給保証ありの求人を検索することが出来ます。
日給保証とは風俗嬢に対して風俗店が日給を保証する仕組みのことです。
日給保証のある求人に応募し、採用されると、風俗嬢は普通に働いて得る給料とは別に、日給保証という形式で風俗店から保証分の給料を支給してもらえます。
日給保証のある風俗店に勤務することで、歩合制かどうかに関係なく、デリヘル嬢は保証として給料を稼ぐことが出来るのですが、この日給保証には決まって条件が付与されるものです。

例えば1ヶ月の間に何日以上出勤して欲しいという条件であったり、さらには特定の指名数を達成することを条件にすることもあります。
どんなに不人気なデリヘル嬢であったとしても、出勤することが条件であれば、それほど達成は難しくないでしょう。
しかし、本指名の数などを条件に指定された場合、お茶引き嬢では達成は困難になるかもしれません。

保証を減らされるケース

矢印 下出稼ぎ系の求人をネットで検索すると、1日5万円まで日給を保証するなど、好待遇で女性を迎えてくれる求人を多く見つけることが出来ます。
これらの保証のある求人に応募することで、指名数に関係なく風俗嬢は日給保証を受けられるでしょう。
しかし、出稼ぎ系の求人の中には、風俗嬢の指名数によって保証額が増減することがあります。
指名数が多いランカー嬢ともなると、お店の利益に貢献しているため、保証期間が切れた後でも、同額で日給保証をしてくれる可能性が高いです。

女性の人気次第では、日給保証の額を増やしてくれることもあります。
しかし、出勤しても指名されず、お茶引き嬢だと周囲から思われるようになると、日給保証の期間が過ぎ、再び雇ってもらう時、日給保証を減額もしくは保証そのものが無くなることがあります。
このような事例は同じ風俗店に再び出稼ぎに行くようなケースで起こることが多いです。
それだけに、短期間だけ出稼ぎで働く際には、出来るだけ沢山指名が貰えるように、なるべく努力しておきましょう。

たとえ短期間だけ勤務する関係だったとしても、出稼ぎ中に精一杯サービスをし、お客さんからのリピート数が増えるように努力をすると、風俗店側からも好印象を抱かれるようになり、再度出稼ぎをする際には高額の日給保証をつけてくれるかもしれません。
ノルマこそありませんが、指名数の多いランカー嬢ともなると、お店からの評価が高く、日給保証を付けてもらったり、フリーのお客さんを優先的に回してくれるなど、様々な恩恵に与ることができます。

ノルマのあるデリヘル店

一般的にデリヘルといえば自由出勤が出来て、ノルマもないのですが、たまにデリヘル店なのにノルマを設定しているお店があります。

ノルマのあるデリヘル店というと、実際のところ悪質な風俗店である可能性が高いので、近寄らない方が良いかもしれません。
本来、デリヘルは歩合制であるため、たとえ指名数が少なく、あまり接客できなかったとしても、風俗店側としては大した損にはなりません。
では何故わざわざノルマを設定するのかといえば、ノルマを達成できなかった時に罰金を請求するなどのペナルティを与えるためでしょう。
このような悪質なデリヘル店に勤務すると、せっかくデリヘル嬢として働いたにも関わらず、ノルマの未達成を理由に罰金という名目で給料を不当に減らされる恐れがあります。

毎日出勤し、ランカー嬢になれるほど指名数が多かったとしても、悪質なお店に勤務していると安い給料で酷使される危険があります。
そのため、デリヘルの面接の際には、ノルマは設定されているのか、罰金制度はあるのかなど、しっかり質問しておきましょう。
面接時に質問をし、怪しいと感じたのであれば、そのお店は避けた方が賢明です。

お茶になるデリヘル嬢の特徴

お茶出勤しても指名されず、接客することなく帰宅してしまうようなデリヘル嬢はお茶引き嬢などと揶揄されるのですが、そもそもなぜお茶引き嬢になってしまうのでしょう?
お茶引き嬢になると確かに指名数が減るため、仕事で疲れることはありません。
しかし、デリヘル嬢が歩合制である以上、お茶を引いたままだと給料も出ず、稼げません。
お茶引き嬢のままではいずれ日給保証も打ち切られるでしょうから、やがては完全に無収入になるでしょう。

デリヘル嬢がお茶引き嬢になったところで何のメリットもありません。
にも関わらずお茶引き嬢になってしまう原因があるとすれば、まず接客が下手である可能性があります。
どれほど美人で、スタイルの良い女性であっても、接客が下手で、愛想の悪い女性は嫌われやすく、指名され辛いです。
さらに、フェラどころかキスなどのプレイがNGだと、やはり指名され難くなり、お茶引き嬢となってしまいやすいです。

反対に指名数の多いランカー嬢ともなると、接客の質が高く、サービスやプレイも上手なため、お客さんからの評判も高く、リピートされやすいです。
確かにデリヘル嬢にはノルマも罰金もないお店が多いです。
しかし、だからといって何の目標もたてず、努力もしていないと、ランカー嬢になるどころかお茶引き嬢になってしまい、給料も激減してしまいます。
ある意味で、稼げなくなることがデリヘル嬢にとって一番のペナルティです。

そうならないように、デリヘル嬢として稼ごうと思うのであれば、自分でこれくらいの指名は獲るなど、自己目標をたてておいた方が良いでしょう。
自分で立てたノルマならばプレッシャーに感じる必要もありませんし、達成すればそれ相応の給料も稼げます。
何より目標がある分、高いモチベーションをもって仕事に精を出すことが出来ます。