デリヘルではどんなことば罰金の対象になる?支払義務ある?

2023年12月14日

sajinka2 / Pixabay

キャバクラなどと比べ、デリヘルはノルマがなく、自由に出勤することが出来るといった特徴があります。

そのような事情もあってか、デリヘル嬢が風俗店から罰金を請求される事は滅多にないのですが、裏引きや本番バレ、店外デートなど、明確なルール違反行為が発覚した際には罰金を請求されるなどのトラブルに発展することがあります。

デリヘルと罰金

手錠 お金デリヘルの仕事の最大の魅力といえば、給料の良さでしょう。

それほど人気が高くない普通のデリヘル嬢であっても、OLの倍以上の給料が稼げるだけに、デリヘル嬢の多くがお金目当てで風俗の世界に入っているといっても過言ではありません。
では、デリヘルの魅力は給料の良さだけなのかというと、必ずしもそうとは限りません。
デリヘルには給料以外にも、女性を優遇してくれる、自由に出勤できる、そしてノルマのプレッシャーがないといったメリットがあります。
デリヘルの世界では一般的に罰金を課されることはほとんどありません。

ノルマも設定されていることがないため、たとえ指名がなく、お茶引き嬢となってしまったとしても、それを理由に罰金を請求されたり、店長から怒られるといったことはないでしょう。
もちろん、歩合制で働いている限り、指名が獲れないと給料も稼げず、収入は低くなります。
それだけに、デリヘル嬢は一本でも多くの指名が獲れるように努力するべきなのですが、風俗店側から指名を獲れとプレッシャーをかけられることはまずないです。
それだけに、普通に働いている分には、指名の有無に関わらず、デリヘル嬢が罰金の存在を恐れる心配はまずありません。

罰金の心配よりもむしろ、どうやらったら指名を増やせるかを考えた方が良いでしょう。
ただ、いくら指名の数を増やしたい、もしくは儲けたいからといって、ルール違反をすると罰金の対象となることがあります。
例えば、店外デートや裏引き、本番バレなどの行為は、下手をすると風俗店側に大きな損失を与えかねないだけに、トラブルの内容次第では罰金もしくはクビになることがあります。

店外デートと裏引きが禁止される理由

デリヘルに限らず、どこの風俗店であっても風俗嬢の店外デートや裏引きは禁止されていることが多く、そのルールを破ると罰金の支払いを請求されることがあります。
店外デートや裏引きとは、要するにお客さんと風俗嬢が個人的に店外でデートもしくはサービスを提供することです。
店外デートや裏引きをすると、風俗嬢は風俗店を介さずにサービスを提供できるため、支払ってもらう料金を丸々独占することが出来ます。
風俗嬢が店外デートもしくは裏引きをすることで、普通に風俗店で働く以上の収入が見込めるというメリットがあるのですが、その一方で風俗店側には何のメリットもありません。

なにしろ本来ならば風俗店に落してくれる筈のお金が入らず、全て風俗嬢に行ってしまうため、裏引きをしたということは、得られたはずの利益が失われたことを意味します。
もちろん、風俗嬢ではなく、一人の女性として好きな男性とデートするのであれば問題はありませんし、プライベートでエッチなことをしたからといって、風俗店側も文句はないでしょう。
問題があるとすれば、そのデートやエッチなサービスに対してお金が支払われたということです。
お金を払ってデートをし、エッチなサービスどころか本番までしてもらうという行為は、売春に該当します。

もしも警察にバレ、個人売春だと判断されると、そのまま補導される可能性があります。
風俗店は営業するにあたり、ホームページを制作したり、お客さんが来るように宣伝をしたりと、様々なところでお金をかけています。
それらの費用を回収するためにも、お客さんには風俗店にお金を落としてもらう必要があります。
しかし、店外デートや裏引きをされると、費用が回収できないばかりか、宣伝までして呼び込んだお客さんをみすみす逃すことになります。

なにより、個人売春を理由に警察のお世話になると、たとえ法律に従って真っ当な営業をしていたとしても、いらぬ疑惑を警察に抱かれてしまうだけに、風俗店側からすると裏引きはかなり迷惑な行為となります。
それだけに店外デートや裏引きを禁止にしている風俗店は多く、そのルールに違反した風俗嬢は罰金の支払いを請求されることがあります。

本番が禁止の理由

キャンセルもしもデリヘル嬢が本番バレしてしまった場合、それを理由に風俗店はデリヘル嬢に罰金の支払いを請求することがあります。

風俗嬢はソープのような例外こそありますが、基本的に本番が禁止されています。
それだけに、本番バレしたデリヘル嬢に対して罰金を請求することもあれば、状況によってはクビにすることがあります。
なぜ風俗店はデリヘル嬢の本番行為を固く禁じているのかというと、もしもデリヘル嬢の本番が世間に発覚した場合、警察から売春防止法違反の疑いをかけられる恐れがあるからです。
売春防止法が施行されている現在の日本において、金銭を対価に本番行為をすると売春防止法違反の罪で風俗店が摘発されることになります。

それだけに、デリヘルではキスやフェラ、素股などの行為こそしますが、本番だけは禁じられています。
風俗店側が強引にデリヘル嬢に売春させた場合、風俗店側は管理売春の罪で摘発されることになります。
ただし、風俗店側は無関係で、デリヘル嬢が個人的にお客さんに本番させた場合、管理売春にはならず、単純売買春となり、女性側は処罰されることはないです。
管理売春にしろ単純売買春にしろ、女性側が逮捕されることはありませんが、風俗店側は摘発される可能性がかなり高いです。

真面目に経営しているにも関わらず、デリヘル嬢の勝手な行動を理由に警察からあらぬ疑いをかけられてはたまったものではないでしょう。
それだけに、しっかりと経営している風俗店ほどデリヘル嬢の本番に対して厳しく取り組んでいるものです。
お店によっては罰金どころかそのままクビになります。

悪質な風俗店

店外デートや裏引き、本番バレなどを理由に罰金を請求することはありますが、ノルマを理由に罰金を請求する風俗店はまずないです。
しかし、風俗店の中にはたまに、ノルマを設定するお店があります。
こういったノルマを設定しているデリヘル店は、わざとノルマの基準を高くし、達成できないようにすることがあります。
なぜそんな嫌がらせに近いことをするのかといえば、わざとデリヘル嬢に規約を破らせ、罰金を請求するためです。

悪質なデリヘル店の中にはお客さんと共謀して店外デートや裏引き、本番をさせ、それを理由に罰金の請求をすることがあるので注意しましょう。
もっとも、そもそも風俗店に女性を罰する権利などありません。
たとえ罰金を請求されたところで、支払いの義務はありません。

罰金の支払義務

デリヘル店の中には本番や裏引きなどの規約違反行為があった場合、50万円などの高額の罰金を請求することがあります。
このような規約に同意してデリヘル嬢になり、実際に規約違反に該当する行為をした場合、デリヘル嬢に罰金の支払義務はあるのかというと、まずありません。
というのも、罰金というのは国に認められた刑事罰であり、私人に刑事罰を下す権利などないからです。
日本円そのため、たとえ規約に書かれているからといって、デリヘル嬢に罰金の請求に応える義務はないということです。

ただし、罰金を請求するデリヘル店の中には、お店の備品を壊された、性病をわざと感染させられたなどの被害に対して損害賠償金を請求することもあります。
規約違反ではなく、現実の問題としてお店に損害を与えた場合、デリヘル嬢としては損害賠償金を支払うことになります。
もっとも、その損害賠償金の額が不当に高い場合は支払いの義務はありません。
悪質な風俗店の場合、規約違反を利用してわざと罰金を請求するなどのトラブルに発展することがあります。

しかし、本来このような罰金の請求に応える義務はないため、トラブルに発展しそうな場合は弁護士などプロに相談した方が良いでしょう。
このような金銭に関するトラブルに一度応じてしまうと、繰り返し何度も似たようなケースで罰金を請求されることがあります。
デリヘル嬢本人に過失がなく、明らかに風俗店側に落ち度があるようなケースならば、罰金を支払うこともありませんし、そのまま移籍した方が賢明です。