デリヘルで色恋営業をして得すること、損することは?

2023年12月14日

silviarita / Pixabay

風俗店で働いていく中で、「本指名」は、多くの風俗嬢が欲しがるものです。
そのような固定客を得る為に競争していくのが風俗の世界です。
デリヘルで働く中で全くの指名が取れず、暇な時間を過ごすよりも、指名で忙しいほうが多くの収入を得ることが出来ます。

そのために、「色恋営業」をしている風俗嬢は少なくありません。
果たして色恋営業をすることで得することがあるのか。
そして、損することもあるのではないかということを今回はご紹介していきます。

色恋営業はどのような効果があるの?

ハート ピンクデリヘルで働く中で指名をとる手段として使われているのが、「色恋営業」です。
色恋営業はあくまでも仕事上での恋愛関係で、お客さんに恋人のような気にさせることです。
お客さんが色恋営業にはまれば、女の子の思うように使うことが出来るのです。
いろんなお客さんに色恋営業を仕掛けることで多くの指名を取ることが出来、収入を増やすことが出来るのです。

では、色恋営業を上手くしていくのはどのようにすればいいのでしょうか。

お客さんを上手く利用する

色恋営業にかかるお客さんは風俗嬢のことを「彼女」だと認識します。
彼女としての立場になると、今までは出来なかったようなわがままを言うことが出来るようになるため、出勤日を連絡して遊びに来てもらうように指示できるのです。

他にもデリヘルでの時間をロングにしてもらうなどいろんなお願いがしやすくなります。
女の子から時間などを指定することで、同じような色恋客と鉢合わせて、指名したが空いていないなどということがなくなります。
他にも、デリヘルではお客さんに対しての接客が重要となるので、精神的にもダメージが大きいですが、色恋営業をすることで、敬語も少なくなり、物事をハッキリ言えるようになるので程よい距離感で接客を行うことが出来ます。
彼氏から嫌なことを言われれば、注意すれば直してくれますよね。

それと同じようにお客さんに対しても気を遣わずに話すことが出来るのです。

稼ぎが増やせる

デリヘルで色恋営業を仕掛けたお客さんは、女の子の思うように操ることが出来ます。
そのため、待機時間が長くその日の稼ぎが全くないという日がなくなるのです。

暇な時間帯には色恋営業しているお客さんを呼び、多くのお客さんが訪れる時間帯には新規のお客さんを接客することで、忙しく働き続けることが出来るのです。
このように色恋営業している女の子は、一人だけではなく、多くのお客さんに色恋営業をしているため、暇な時間を過ごすことがほとんどなく、忙しく働き続けているため、多くの収入を得ることが出来たり、本指名の数が多いのです。
デリヘルでは、指名料金などでも稼ぎが増やすことができ、さらに長時間の接客になれば稼ぎが増えていきます。
色恋営業を仕掛けたお客さんを上手く回していくことが出来れば、多くの収入を得ることが出来るほかに、お客さんに対して気を遣わずに済むので、忙しく働いていても精神的なダメージは少なくて済むのです。

色恋営業は危険がつきもの!?

指名数を増やしたり、高収入を得る為の手段の一つとして、色恋営業をする風俗嬢は多いですが、度を過ぎた色恋営業をしてしまうと、自分の身に危険を及ぼす可能性もあるのです。
その一つとして、ストーカー被害に遭う危険があるのです。
色恋営業で恋愛感情をもったお客さんは、女の子のことを「彼女」だと思っています。

風俗店に遊びに来る男性の中には、恋愛経験が少かったり、恋愛が下手な人がいます。
そのような人が色恋営業にはまり、「自分だけが特別」という扱いをされれば、女の子からすれば仕事上の恋愛関係であっても、その人は本当の恋愛関係だと勘違いしてしまいます。
そうなれば、本当の彼氏かのように付きまとうようになり、お店以外でも監視されるようになります。
ひどい場合だと、女の子の住む家を把握して、勝手に家の中に盗聴器を仕掛けたりするなどします。

お店以外の行動も監視されるため、他のお客さんと会っていたりすると、怒鳴られたりするなどストーカーになるお客さんもいるのです。
このようにストーカーにまでなるお客さんは、どのようなことをするかわかりません。
最悪の場合は、殺人にまで手を染めてしまう人がいるのです。
多くの色恋営業では、ここまでのケースは少ないですが、一歩間違えれば、このようなケースも起こるということを理解しておいてください。

お店以外でも連絡が必要

スマートフォン色恋営業をすることでお客さんに対して気を使わなくなり、精神的にも楽になると言いましたが、あくまでも接客中の話であって、色恋営業ではお店で会う以外にもマメな連絡が必要になります。
お店に来てほしい時だけ連絡しても色恋営業にはまるお客さんはいません。
普段からお客さんからの連絡に返信することで、お客さんにも恋愛感情が生まれ、色恋営業が成り立つのです。

そのため、仕事の時間外にもお客さんへの配慮をしなくてはいけなくなるので、精神的にも休める時間帯が少なくなり、ダメージが大きくなります。
このようにマメな連絡が苦手な人は色恋営業は向いていません。

風俗店では色恋は禁止!?

多くの風俗嬢が色恋営業をして、指名を増やしていますが、風俗店では、基本的には色恋営業は禁止とされているのです。

女の子の指名が増えればお店側の利益にもなるので、指名を取れというのに、指名をとる方法の一つの色恋営業が禁止というのは矛盾していますよね。
しかし、これが風俗の世界の決まりなのです。
なので、色恋営業を仕掛けたお客さんとのトラブルがあって、お店に報告したところでお店側は見方をしてくれませんし、度の過ぎたお客さんに対しても守ってくれません。
さらに、行き過ぎた色恋営業をしていると、退店を求められることもあります。

指名を取るために努力していることが無駄になるどころか、自分だけが悪いということにならないためにも、お店側にどこまでの範囲の接客なら許可されているのか確認しておくことが大切です。

上手く色恋営業を行う

恋人色恋営業を行う上で、指名を取れやすくなるのは事実ですが、それに伴い危険もついてきます。
そうならないために個人的な連絡を取るのではなく、写メ日記などを上手く利用してみてください。
お客さんの個人名を出すのではなくお客さんにだけわかるようなイニシャルなどを使い、その日のお礼メッセージを添えた日記を投稿することで、特別感を味わうことが出来ます。
このようなさりげない感じでもお客さんは喜んでくれ、指名を取れたりもします。
こうすることで、私生活でも連絡を取り合うこともしなくてもいいので少しは精神的にも楽に色恋営業が行えるのです。

このように色恋営業をしていく中で一番重要なのが、お客さんとの程よい距離感を保つことです。
行き過ぎた色恋営業をしたり、勘違いするような人に色恋営業をしてしまうと、上記でも紹介したような被害に遭う危険性が高まります。
そうならないためにも常にお客さんとの距離感を大事にして、間違った恋愛感情を持つお客さんを育てないように注意することが大切です。

まとめ

デリヘルなどで働く多くの風俗嬢が色恋営業をしていることが多いです。
お金を稼ぐためには必要な方法かもしれませんが、間違ったやり方でしてしまうとトラブルの原因にもなり、稼ぐどころかお店を退店しなくてはいけなくなります。
さらに、最悪のケースが起こることも色恋をしていく中で頭に入れておく必要があります。