デリヘルで起こりやすいトラブル集。加害者の例と被害者の例

2023年12月14日

UpstartByEAD / Pixabay

デリヘルは店舗内でサービスを行うのではなくホテルやお客さんの自宅などで一対一になり密室の中でサービスを行うため、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が店舗型風俗よりも高いお仕事です。
もちろんお客さんに対してしっかりとサービスをすればトラブルに巻き込まれる可能性はそれほど高くないため深刻に心配する必要はありません。
それでも自分の身を守るためには、どのようなトラブルが発生する可能性がありどういう対処をすれば良いのかと言うことは知っておいた方がいいでしょう。
また、風俗嬢が被害者になるだけではなく加害者となってしまう可能性もあるためその点も気をつけなくてはいけません。

この記事ではデリヘルで起こりやすいトラブルを風俗嬢が被害者になる例と加害者になる例に分けてご紹介します。

風俗嬢が被害者になるトラブルで最も多い本番強要について

デリヘルで働いていてトラブルに巻き込まれる場合、そのほとんどで風俗嬢が被害者となります。
デリヘルはお客さんと一対一の密室の中でサービスをするため、いざという時にすぐに店員を助けに呼ぶことが出来ません。
ベッドルームもちろんトラブルが発生した後は店員や警察に助けを求めて解決できることが多いのですが、まずは自分の身の安全を最優先に行動する必要があります。

デリヘル嬢が巻き込まれるトラブルの大半はお客さんからの本番強要です。
残念ながらデリヘル嬢として働いていれば本番強要してくるお客さんに出会わないということはまずありえません。
ですから本番強要してくるお客さんは一定数存在するという事をあらかじめ理解して、どのような対処をするのか自分なりに決めておくことをお勧めします。
ただし、デリヘル嬢の中には本番をすることによってお客さんから裏引きをしたり指名を取っている方が少なくないと言うのも事実です。

誰に対しても全員本番をしているというデリヘル嬢はほとんどいませんが、人を選んで本番をしている方は多いと思います。
本番をした場合、今の時代はインターネットなどを通して「あの子は本番できるよ」などと言う情報が広まりそれ目的のお客さんが来る可能性が非常に高いと言うことを覚えておきましょう。
もしお客さんから本番を匂わせる様な交渉を受けた場合には、お客さんに「この子は気が弱そうだ」とか「交渉次第でなんとかなる」と思わせないことが最初の対処としては有効です。
本番をする気がないのであれば「私はそういうことはしません」や「お店に連絡をしますよ」など最初にきっぱりと断るようにしましょう。

もし断ることができなかったりお客さんから脅されてしまい本番強要をされた場合、すぐにお店の人に報告しましょう。
そうすれば、そのお客さんが出入り禁止になるという処置が最も多いでしょう。
残念ながら多くの風俗店では出入り禁止以上の処置をしてくれる可能性は非常に低いです。
それは、お店側は警察に通報して事情聴取を受けるなどして警察と接点を持つことを嫌うことが多いからです。

もちろん風俗店であってもお客さんが同意なしに本番をすることは強姦ですので、警察に通報して告訴することも可能です。
その場合、女性にとっては非常に辛いことですが、体に付着しているお客さんの体液などが証拠になる可能性が大きいため、体を洗う前に病院に行き診断を受けることが効果的だと言われています。
本番強要されてしまうと気持ちが動転してしまいまずは体を洗って全てを忘れようとする女性が多いのですが、もしお客さんの罪を明確にして罰を受けさせたいと言う気持ちがある場合にはこのことを覚えておいてください。
また、お客さんが中出しをした場合には妊娠のリスクもあります。

すぐに出来る処置として産婦人科に行きアフターピルなどを処方してもらうようにしましょう。
アフターピルは性行為の後服用することによって妊娠の可能性を防ぐことができる薬で、産婦人科などで処方してもらうことができます。
アフターピルの服用は早ければ早いほど効果的とされており、遅くても性行為後から72時間以内に服用する必要があります。
アフターピルによって緊急避妊をした場合その成功率は99%以上と言われていますので、必ず72時間以内に産婦人科に行って薬をもらいましょう。

本番強要以外に風俗嬢が被害者になるトラブル

ここでは本番強要以外に風俗嬢が被害者になるトラブルについてご紹介します。

盗撮盗聴

ビデオカメラデリヘルでは、お客さんが指定した場所でサービスを行うため、盗撮や盗聴をされる可能性が高くなっています。
もし盗撮や盗聴されているような危険性を感じた場合、可能ならばその場で証拠を押さえて盗撮や盗聴されたものを消去してもらいましょう。
その際には感情的にお客さんと言い合いをするのではなく「ウチのお店って盗撮とか盗聴したお客さんに対して絶対に許さないお店だから消してもらえますか?」など、自分一人ではなくお店として厳しい対象をする可能性があることをいえば説得力が高まります。
もし証拠を抑えることができなかった場合には、すぐにお店の人に相談をしましょう。

脅迫と恐喝

お客さんから本番するように脅迫されたり、本番をしたことなどの秘密を握られて恐喝を受ける可能性もあります。
このような行為に対しては相手の感情を逆なでしないように注意しながら出来る限り従った上で、身の安全を確保してからお店に相談をするのが良いでしょう。

風俗で働いていて犯罪の被害者になったらどうなるの?

本番強要始めデリヘル嬢が出会う可能性があるトラブルについてご紹介しました。
どのようなトラブルであっても基本的にはまずはお店に相談をすることが最初の対処となります。
ただし残念ながらお店は警察とトラブルになることを嫌がるため、ほとんどの場合お客さんを出入り禁止にするだけで済ませてしまいます。
警察に通報をしなければトラブルが発生したことが刑事事件になることはありません。

もしお客さんに対してしっかりと罰を受けさせたい場合には自分の力で警察に相談をして刑事事件にしなくてはいけません。
上であげたようなトラブルは当然犯罪ですので、徹底的にやるのであれば弁護士を立てて告訴をすることもできます。
刑事事件にしなくても、弁護士に交渉してもらうことによって示談にすることもできますので、自分の被害や気持ち、相手への怒り次第で適切な対応を取るようにしましょう。

風俗嬢が加害者になるトラブル

数は少ないですがデリヘル嬢が加害者になってしまうトラブルもあります。

傷害

包帯お客さんと一対一で対応しているうちに腹が立ってしまい暴力を振るったり、物を投げたり、体を傷つけるなどの行為をしてしまう風俗嬢もまれにいます。
ほとんどの場合お客さんは風俗で何らかのトラブルに巻き込まれたことを周りに知られることを嫌がるため、風俗嬢が傷害をしたとしても公になることは非常に少ないようです。
しかし当然ながらお客さんが警察に訴えれば犯罪として捜査されてしまうため、お客さんとのトラブルにならないように気をつけましょう。

同僚とのトラブル

デリヘル嬢のトラブルとして多いのは、お客さんに対してよりも同僚女性とのトラブルです。

特に大気質があるようなデリヘルの場合、風俗嬢同士の人間関係が悪くなりやすいため注意しなくてはいけません。
たとえ腹が立ったとしても同僚女性に対して暴力を振るったり、物を盗むなどするとお店から処分されさらに警察に通報される可能性もあるので気をつけましょう。

まとめ

デリヘルで起こりやすいトラブルを風俗嬢が被害者になる例と加害者になる例に分けてご紹介しました。
デリヘル嬢が巻き込まれるトラブルとして最も気をつけなくてはいけないのは本番強要です。

しかし残念ながらデリヘル嬢をやっている限り本番を強要してくるお客さんと出会う可能性は常にあるため、そのようなお客さんに対してどういう対応をするのかはあらかじめ決めておくことをお勧めします。
トラブルに巻き込まれた場合にはすぐにお店に相談をし、場合によっては警察に通報しましょう。
また、自分が加害者になってしまう様なトラブルを起こしてしまうと仕事を続けることが難しくなりますし、場合によっては警察に捜査されてしまう可能性もあるため気をつけましょう。