デリヘルで働く前にしっておきたいリスクのすべてと対策

2023年12月14日

Peter-Lomas / Pixabay

デリヘルは普通のお仕事よりもはるかにお給料を稼ぐことができる仕事と言われています。
お給料の面では非常に魅力的なお仕事ではありますが、その分普通のお仕事よりも様々なリスクがあるということを知っておきましょう。
様々なリスクの中でもまず風俗嬢が最優先で気を付けなければいけないのが性病です。
この記事ではデリヘルで働く前に知っておきたいリスクと対策について性病を中心にご紹介します。

デリヘルは稼げる仕事だけどリスクもある

お金風俗のお仕事をしようと考えている女性はたくさんお金を稼ぎたいと思っている方がほとんどです。
実際風俗のお仕事であれば学歴や職歴がないような若い女性であっても月に100万円以上稼ぐことも夢ではありません。
そのような風俗の魅力的な部分だけにひかれてデリヘルのお仕事をしていると、思わぬトラブルに巻き込まれたり体を壊してしまう様なリスクがあります。
特にデリヘルの場合、店舗型の風俗店と違ってお客さんが指定するホテルや自宅に行ってサービスを行うため、お客さんと密室のなかで一対一になりすぐにお店のスタッフの助けを呼ぶことができないような環境でお仕事をしなくてはいけません。

だからこそをデリヘルで働くのであれば自分の身は自分で守るという意識をしっかりで持っていなくてはいけません。
そのような環境で接客をするのですから、お客さんからの本番強要や盗撮、盗聴をされるリスクがあります。
デリヘルで働いている以上このようなお客さんからの犯罪に巻き込まれる可能性は常にあります。
もし実際に巻き込まれた場合には、まずは自分の身の安全を最優先した上で、お店の人に相談をし一緒に対策をしてもらいましょう。

デリヘルで働くのであれば性病について知っておこう

風俗嬢にとって性病は最も気を付けなければいけないリスクです。
デリヘルで働くのであればまずは性病について正しい知識を持っていなくてはいけません。
まず大前提として風俗で働いたことがない女性の場合、性病は本番をしない限り感染することがないと勘違いしている方も多いと思うのですが、性病は本番行為以外でも感染する可能性があります。
そもそも性病とは主に人間の性器を中心として感染する病気のことで、性器以外でも粘膜の接触や、体液の接触によって感染する可能性があります。

聴診器特に症状が現れやすいのは性器周辺と口です。
デリヘルのサービスは性器を使うだけではなく口でフェラをしますし、お客さんからクンニをされることで性病に感染する可能性もあります。
性病には様々な種類があり、病気によって症状も異なります。
性病にかかった場合には、だいたい性器や口周辺に異常が現れます。

主な症状としては性器や口にぶつぶつができたりこぶができるという症状や、女性の場合には普段とは違う異常なおりものが出る、性器から悪臭がするなどの症状があります。
さらに体に悪い菌が入っているのですから、風邪と同じように熱が出たり頭痛がすることもあります。
体に何らかの異常がある場合にはまずは性病の可能性を疑うようにしましょう。
また、性病にかかってもどの程度症状が現れるかは人によって異なります。

他にも男性だと深刻な症状を引き起こすけれども女性には全く症状が現れない性病や、その逆のパターンもあります。
つまり体に異常が現れていなかったとしても性病の可能性はあるということです。
性病に感染しているかどうかを正しく判断する手段は、病院に行って診断を受けるしかありません。
風俗店に勤めるのであれば、症状のあるなしに関わらず必ず月に1回は性病検査を受ける様にしましょう。

性病は発見が早いほど治療が楽で早く回復する可能性が高まります。
逆に性病にかかっている状態でそれに気付かず仕事を続けてしまうと、症状が更に悪化してしまう可能性もありますし、体の免疫力が弱っているため他の性病にも感染してしまう可能性が高くなるのです。
ほとんどの性病はしっかりと病院に行って診察を受けて治療を行えば短期間で治すことができます。
しかし性病の中にはエイズなどのように放っておくと命に関わる様な病気もあります。

エイズは感染してしまうと完治させることができず症状が発症してしまうことを抑えることしかできない危険度高い病気です。
エイズに感染するのは日本人女性は年に20人ほどですので、必要以上に恐れることはありませんが、しっかりと性病検査を受けないと最悪のケースで命に関わる場合もあると覚えておきましょう。

性病を予防するための対策

性病予防するにあたって重要なことは、まずは性病にかかっているお客さんとはプレイをしないように気をつけることです。
たとえお客さんであっても性病にかかっているのであればお店に連絡をすれば、サービスを拒むことができます。

男性の場合も女性と同じように性器が口周辺に性病の症状は現れます。
シャワーを浴びる時などにお客さんの性器をしっかりと観察し、ぶつぶつがあったり膿が出ているなどの異常を見つけた場合には少し勇気は要りますがお客さんに「性病にかかっていませんか?しっかりと検査してください」と伝えてお店に連絡をしましょう。
しかし上で説明した通り症状が全く現れないような性病をもあるため、それらを防ぐためには清潔な環境でサービスを行うことを心がけなくてはいけません。

まずはプレをする前にお客さんと一緒にシャワーを浴び性器を中心にしっかりと全身を清潔にしましょう。
お客さんの体を風俗嬢が洗ってあげることはサービスという意味愛だけではなく、しっかりと清潔にすることによって性病を予防するという意味もあります。
また、お店から説明を受けると思いますがイソジンなどの消毒液を使って口も清潔にするようにしましょう。
また性病の感染源として最も多いのはやはり性器の接触です。

本番を行わないデリヘルであっても素股などをする時に性器が接触する可能性があります。
だから直接性器同士が接触しないようにコンドームを着用することは性病予防においても非常に重要です。
コンドームコンドームと言うと日本では避妊具として有名ですが、実はコンドームを使用することの最大のメリットは性病予防の効果が高いと言うことです。
実際、海外では避妊するための手段といえばピルのことを指します。

海外の女性は日本の女性よりもはるかにピルを飲んでいる方が多いのですが、それでもコンドームを使用するのは避妊率を高めるためではなく性病を避けるためなのです。
これらの行為を全てを行ったとしても性病を100%を防ぐことはできません。
これらの予防法に加えて定期的な病院での性病検査も重要です。
性病にかかっている状態でお仕事を続けてしまうと、自分の体にとっても危険なだけではなく、お客さんに性病をうつしてしまう可能性もあります。

お客様性病に感染させてしまうとクレームにつながる可能性が高く、お客さんやお店とトラブルになってしまいます。
デリヘルで働くのであれば性病予防はしっかりした上で、定期的な病院での性病検査を心がけて、自分の体を守るようにしましょう。

まとめ

デリヘルで働く前に知っておきたいリスクと対策について性病を中心にご紹介しました。
風俗で働く以上は性病に対する知識を持ち予防を適切に行わなければいけません。

性病にかかってしまうと自分の体を壊し、お客さんに移してしまう可能性がありますし、なおるまでは当然お仕事を休まなくてはいけないためその期間お給料を稼ぐことができません。
そのような事にならないようにこの記事でご紹介した予防法をしっかりと実践しましょう。