デリヘルに来るお客さんがアトピー持ちだった場合の対処法

2023年12月14日

3dman_eu / Pixabay

今回のテーマはアトピー客の対処法についてです。
デリヘルの来るお客さんの中にはアトピーの疾患を抱えている人もいると思います。

そんな場合の適切な対処法についてこれから色々と書いて行きたいと思います。

アトピー持ちの客

風俗には様々な客が来店します。
その中にアトピーを持っている客というのもいるでしょう、何も知らないといざと言うとき自分が困る事になると思います。

ゆえに事前に正しい知識や対処法を知っておく必要性を感じます。
絆創膏今回はアトピー持ちの客が来店したときの対処法についてご紹介して行きたいと思います。
まずアトピーについて軽く説明しておきます。
アトピーとは皮膚の疾患の1つになります、症状としては主にかゆみがあるのですが基本的にはアトピーと言う症状が人から人へと移る、なんて事はありません。

しかし、アトピーがうつらなくてもアトピーの部分から他の疾患が移る場合があるため、用心しないといけませんしアトピー客にはそれなりの対応をして行く必要があるのです。
まずしなければいけない事は基本であるアトピー客のアトピーの確認だと思います。
お客さんのどこにどの程度のアトピーがあるのか、そしてアトピーの程度はどのくらいなのか?と言う事をスタッフから聞いたり、自分で確認する必要があると思います。

アトピーの症状にも色々とあり、軽い症状から重度のアトピーになりますとアトピー部分から血が出ていたり皮膚がぼろぼろ落ちてきたりと程度は様々にあります。
ゆえに、まずはアトピーの症状を確認する事を意識して下さい。
アトピー客の特徴としましては、基本的にアトピーを持っている客というのはなぜか強気の客が多かったり、わきまえていない、平然とした態度の客が案外多かったりします。
それはなぜなのか?と言う事ですが、一概には言えませんがアトピーの人と言うのは風俗以外で性の経験が出来るチャンスと言うのが極めて低いように思います。
普通はアトピーを見ると気持ち悪いと思ってしまったり、できれば触りたくない、エッチなんて考えられない、と思う女性が多いと思います。
もちろんその感情はデリヘル嬢も同じだとは思うのですが、やはり仕事ゆえにする事はしなければいけないのが風俗になってきます。
それを分かってかどうかわかりませんが、そこにつけこむ勢いでこれぐらい平気だろうと言わんばかりにアトピ−客は平然と来店し平気でプレイを求めてこようとするのです。

いくら自分を指名してくれたからと言って、そしていくらお金を出してくれているからと言って、感情に流されたり適切な対処が出来ないと言うのはのちに自分が困ってしまうことになると思います。
先ほども言いましたようにアトピー自体は移りませんが、疾患部位が流血していることなどにより傷口から何かの菌に感染する可能性は非常に高いのです。
アトピーの客を接客すると言う事は少なからずリスクが付きまとってくるのです。
ゆえに適切な対応が求められてくると思います。

対処法

前述ではアトピー客について書いてきました。
ここからはアトピー客に対する適切な対応について書いて行きたいと思います。
前述しましたように、まずはアトピーの疾患の程度を確認するようにして下さい。

そして確認ができたらお店のルールに従ってアトピーの客に対する接客の仕方を説明するようにしてあげて下さい。
いわゆるアトピー客と見なされた客には残念ながらデリヘルで提供しているすべてのサービスを行うことはできないのです。
ゆえに一部のサービスに制限がかかることになります、簡単に言えば出来るプレイとできないプレイがある、と言う事です。
それを客にきちんと説明してあげるようにして下さい。

吹き出しあとは客や女の子、そして店によってはアイマスクを着用してのプレイになる事もあるかもはしれません。
アトピー客に対しての接客というのは自分が雇われている店舗で微妙に変わってくる事もあると思います。
ゆえに、自分自身でまずは事前に確認を取っておいた方がいいと思います。
アトピーといえど実際にアトピ−客に接客するというのは大変なことだと思います。

そして自分はこのサービスはできないと言っても店側はしてくれと言われれば困ることになると思います。
ゆえに、事前に確認して出来る事出来ない事、そしてその店毎の適切な対処法と言うのを把握しておく必要があるように思います。

気持ちの持ち方

アトピーについて様々に思う事はあると思います。

アトピーがどういう症状なのか、そしてアトピー客に対するデリヘル嬢としての接客方法、そして接客態度はどうすればいいのか、と言う事を把握していたとしても、頭で分かっていたとしても現実問題アトピーの客に対する接客と言うのはやはり普通の客とは異なってくると思います。
もちろん気持ちの面でです。
ゆえに、きちんと自分の中で整理したり覚悟を持つ、そして気持ちを作ったり固めておく必要があるように思います。
アトピー客に当たった時、できれば接客したくない、そうほとんどの風俗嬢が思うのではないかと思います。

しかしやはりお金を貰っている以上出来る範囲のサービスは提供していかなればいけなくなります。
何が言いたいかと言いますと、中途半端な気持ちや知識を持っているとそれがサービスに現れて客に見透かされてしまったり、自分の築かない所で地雷接客ともとれる接客を自然としてしまっている可能性もあるのです。
そうなれば客によってはもう指名されなくなったり、変な噂を流されてしまったりと自分にとってデメリットとなりえる事態になりかねないのです。
ゆえに、適切な対処をきちんと取る事が何より最善な行動だと言えると思います。

アトピーに関して色々と考え方、そして捉え方や意見があるとは思いますが、基本的にはアトピー客を接客するのは自分自身なのです。
ゆえに、自分でなんとかするしかないのです。
風俗ではアトピー以外にも様々な客が来店することになります。
風俗嬢とは一見華やかで大金が稼げるイメージがありますが、その裏では色々と試練や苦悩の連続であり毎日がリスクとの戦いと言っても過言ではないのです。

ゆえに、これからデリヘル嬢を志そうと思っている人、そしてデリヘルに興味がある人は、お金だけではなく自分の身を守る事、そして金の裏にリスクあり、と言う事をよく頭に入れておく必要があるように思います。

まとめ

デリヘルに来るお客さんがアトピー持ちだった場合の対処法と言う事について色々と書いてきました。
お客さんがアトピー持ちだった場合、店のルールにしたがって正しい接客を提供する必要があると思います。

アトピーと言う疾患自体は移らないため、何の心配もない見た目だけの問題だ、などと言う人もいるかもしれませんが、アトピーは移らずとも他の疾患に感染するケースは可能性としては十分にあるのです。
ゆえに、アトピーの程度をしっかりと確認して適切に対応してほしいと思います。
やはり血が出ているケースと言うのはとても怖いと思います。
血液血液感染とは怖い菌を貰うケースが非常に高いですからね、くれぐれも用心して仕事をしてほしいと思います。

そして接客をするにしても一人の風俗嬢としてあくまでいつもどおりにできるサービスを出来る限り全力で提供してあげる事がプロではないかと思います。
リクスがある客に対しても適切に対応し精一杯の接客をする事が自分にとっても客にとっても一番の理想型だと思います。