【風俗嬢のお店選び】大手グループで働くメリット・デメリットを解説

2023年12月14日

個人経営のお店が多いようにみえるのが風俗ですが、大手グループが経営していることもあります。いろいろなお店を抱えていますので安心して働ける環境が整っているのがメリットです。しかし大手だからこそのデメリットもあり、在籍しているキャストが多いことから競争も激しくなります。大手で勤務する場合、メリットとデメリットの両面がいろいろと出てくることから、それぞれをしっかりと理解して風俗の大手グループで働く判断材料にしてください。

大手グループで働くメリット

大手グループの風俗店で働くメリットについて詳しく解説します。法律に則ったお店で安心して働ける、スタッフ教育が手厚く待遇もしっかりしているなどがおすすめポイントです。小さなお店にはないメリットがありますので、知っておいて損はありません。

優良店且つ合法

大手風俗店はコンプライアンスを順守している優良店ばかりですので、安心して仕事ができます。風俗の世界では一部違法なお店もあり、女の子が苦労することからこのような違法店で働くのはやめてください。ネットの拡散力もあり、違法店は3年以内に潰れる可能性が高いです。違法店で勤務しても失業してしまう恐れがあり、稼ぐ目的を失ってしまいます。合法店であれば警察の捜査対象にはまずなりませんので、安定して稼ぐことができる環境が構築されます。

集客力があるので稼ぎやすい

大手の風俗店の場合、集客力があるのもメリットです。お客さんが付きやすく高収入を得やすくなります。風俗の大手グループであれば資金が潤沢であり、広告費にお金を掛けることができ、お客さんの知名度が高くなります。また多くの風俗店でホームページを開設しており、Web担当のスタッフを置いているところも多いです。お客さんが検索したら上位にサイトが上がるSEO対策もしっかり行い、より多くのお客さんの目に留まりやすい対策を講じています。小さなお店で容易にできないことから、集客力においてはとても強いのが特徴です。

待遇がいい

風俗グループの場合、傘下のお店に数多くの女の子が在籍しています。女の子が多ければ多いほど、年齢や生活環境、風俗で働く理由などもバラバラです。このような多種多様な女の子が満足して働いてもらうためには、待遇面をよくする必要があります。給料が高いだけでなく、ママさんのために託児所を用意している、アリバイ会社を使っているなどいろいろな対策を講じ女の子が働きやすい環境を作るために努力しています。個人で営業しているお店だと、ここまで手厚い待遇で女の子を迎え入れるのはとても難しいです。

スタッフの教育が行き届いている

大手グループのお店の場合、資金力があります。このため、スタッフ教育にもお金を十分かけることができます。スタッフがしっかりしていると、お客さんの案内などもスムーズです。女の子のレベルが高くてもスタッフがダメであればお客さんはリピーターとして根付いてくれません。また風俗の仕事をしていると悩み事やストレスをいろいろと抱えることも女の子にはあります。そんな時にしっかりしたスタッフがいるだけで、いろいろと相談に乗ってもらえます。

風俗の男性スタッフというと、やんちゃな男性がやっているイメージを持っているでしょうが、少なくても大手であれば社員教育がしっかりしていますので普通の方が多いです。たとえ待遇が良くてもスタッフが悪ければ、女の子も離れてしまいます。またお客さんも離れていき、それは稼ぐ手段を失うことになります。そのようなことが少ないスタッフの質にこだわっている風俗の大手グループに勤めるのは大きなメリットです。

異なる業種も手掛けているので移籍しやすい

大手グループの場合、数多くの風俗店舗を抱えています。中には30~40店舗を展開しているグループもあります。しかもお店の種類も複数抱えているグループもあり、ヘルスだけでなく風俗エステやオナクラなどを抱えているグループもありますので、もし勤務先に不満があればグループ内の別のお店に移籍することも可能です。当初はオナクラで働いていたけれどももっと稼ぎたい希望を出すことで、ヘルスに移籍もできます。店舗数が多いと、自宅や勤務先から通いやすい場所を希望して移動することも柔軟にできます。

いろいろな業種をグループ傘下で抱えているので、例えば今回募集した案件では不採用でも別のお店なら採用してもらえる可能性があるのもメリットです。もし風俗の業種にこだわりがなければ、大手グループに応募することを検討してください。大手ほど募集を掛けている時に、さまざまな業種があることをアピールしていますので見つけやすいです。

マニュアルがある場合が多い

大手グループの場合、仕事をする上でのマニュアルが揃っているところが多いのはメリットです。特に風俗未経験者の場合、どうやって働けばいいのかわからなくて戸惑うこともあります。しかしマニュアルがあれば、それに目を通すことで仕事の流れがわかります。また同僚の女の子から実技の指導を受けることもできますので、意外とこれは大きなメリットです。マニュアルの中で、勤務するにあたってのルールも細かく設定している場合も多いです。店内の統制力もしっかり取れていますので、スタッフの対応でストレスを感じることも少なくなります。

私は初めて風俗で働くことを検討している、または以前お店選びで失敗した過去がある女の子こそ、大手グループを選ぶメリットはとても大きいと感じます。地域にそのようなお店があるなら、そこから応募するのも良い選択ですよ。

大手グループのデメリット

大手グループは経営基盤がしっかりしているので、待遇も良く安心して働けるメリットがあります。しかし一方で大手グループならではのデメリットもあります。メリットばかりに吸い寄せられてしまい「こんなはずではなかった」といったことが起きないためにも、デメリットも理解しておきましょう。

ルールが細かい

大手グループの場合、ルールが細かく設定されていますので、少し窮屈に感じる女の子もいます。大手グループになると、在籍するスタッフやキャストもどうしても多くなり、働く人が多くなるとそれだけ多様な価値観の持ち主と一緒になって仕事をしなければなりません。このような大きな集団をまとめるためには、ルールを細かく設定する必要があります。ちなみに店長も店のオーナーではなく、雇われの身です。店の決めたルールに従って、店の運営をしなければなりません。裁量の幅が狭いので、小さなお店から移籍すると融通が利かないと感じることも出てくるでしょう。今まで良かったことができなくなることで、大手グループが嫌になることもあります。

キャストの競争が激しい

大手グループの風俗店は中小のお店と比較して、手厚い待遇でもてなしています。給料も良いので、そこで働きたいと願い、多くの女の子が応募してきます。大手グループの風俗店にとっては買い手市場になり、その結果よりレベルの高い女の子を採用したいと考えることが多いです。採用されたとしても周りの女の子のレベルも高いことから、このような中で勝ち抜かなければなりません。人気の風俗嬢になって稼ぐためには、店内の激しい競争に打ち勝つ必要がありますので、人一倍努力する必要があります。

採用基準が厳しい

大手グループは宣伝を積極的に打っているところが多いです。このため知名度も高く、多くのお客さんがやってきます。集客力があることはそれだけ稼げます。そうなると女の子の応募数もおのずと増えていき、採用の基準がどうしても厳しくなることが多いです。せっかく応募しても、不採用になってしまう恐れがあります。しかし不採用になったとしても諦める必要はありません。大手の中には今回募集しているお店はだめでも、傘下の異なるコンセプトのお店で雇ってくれるメリットがあります。不採用になっても他のお店を紹介されることもありますので、そこで頑張ることも可能です。この辺はデメリットとメリットが存在しています。

身バレしやすくなる

多くの女の子が風俗の仕事をするにあたって家族や友人に内緒にしているケースが多いです。しかし大手の風俗店で勤務する場合、ふとしたきっかけで身バレをしてしまう恐れがあります。大手の場合、集客力があることから日々多くのお客さんがやってきます。そのお客さんの中に自分の知り合いが含まれるリスクもあり、対面した時に「知り合いだった」という話は風俗業界のなかではよくある話です。

身バレしないためには、リスク要因を少しでも排除することです。例えば派遣型の場合、生活圏は知り合いに出くわす危険性の高い地域になることからNGにするとリスクを軽減できます。そのほかには大手グループの場合、アリバイ会社を設置しているところもあります。アリバイ会社を駆使して、自分は別のところで勤務していることをカモフラージュすることが可能です。家族にバレにくくなる対策をしてくれるのも大手グループならではの力です。

お客さんから求められる接客の質も高い

お客さんは有名グループのお店となると、「きちんとしたお店」という先入観を持ちます。このため風俗嬢からしてみると、「きちんとして満足させなければならない」プレッシャーが常にかかった状態で働かないといけません。仕事中は一切気が抜けませんので、精神的に疲れてしまうことも多いです。

努力してお店の中で人気の風俗嬢になると、そのプレッシャーはますます強くなります。お客さんからだけでなく、店のスタッフやほかの風俗嬢の注目も高まり、それは競争として店内で嫌がらせのようなことを受けることもあります。もしプレッシャーに弱い女の子であれば、どこかでつぶれてしまうかもしれません。

私は大手グループが持っているメリットとデメリットを天秤にかけて、どちらを重視するのかでお店選びをすることをおすすめします。デメリットはどんな環境下でもありますので、それを打ち消すことができる自分のなかのメリットを見つけてください。

まとめ

風俗店にはいくつもの店舗をグループ展開している大手もあれば、個人で経営している小規模の店舗もあります。従業員へのルールや教育がしっかりしているので、初めて働く女の子でも安心です。集客力もありますので1日に何人ものお客さんを相手できることから、稼ぎやすい特徴を持っています。一方で大手だと女の子のキャストも多いことから、ライバルとの競争も激しいです。女子力や接客技術、サービスのテクニックを磨くことで同僚に負けない強い意志を持たなければ精神的に辛い日々を送ることにもなるでしょう。風俗の大手グループが持っているデメリットにも目を向けて、良い選択をしてください。