メンズエステの仕事内容と抜きのアリ・ナシの見分け方

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

近年では様々な風俗ビジネスが展開しており、その中でも注目したいのが「癒やし」をテーマにした、メンズエステという仕事があります。
メンズエステでは、仕事で疲れたサラリーマンなどをマッサージやエステで癒やしてあげる
仕事です。

メンズエステには2種類あり、いわゆる抜きアリとナシに別れていて仕事内容も異なっています。
今回はメンズエステの仕事内容と抜きアリ抜きナシの見分け方について紹介したいと思います。

メンズエステとは

マッサージ冒頭でも少し触れしましたが、メンズエステとはサラリーマンや30代を中心とした男性に支持をもつ仕事です。

年々、男性の風俗遊びが減少しており、性欲解消よりも癒やしを求める傾向になっています。
エステと言えば女性が脂肪吸引や痩身などダイエット効果を期待して通う所ですが、近年では、美容意識の高い男性も利用する機会が増えてきました。
それをベースに考えられたのがメンズエステです。
エステでの癒やしと抜きによる性的サービスが混合された男性専用の風俗エステ。

その中でも「抜きナシ」といういジャンルの風俗(厳密に言うと風俗ではない)が人気を博しています。
メンズエステは抜きアリと抜きナシを選ぶことができ、その時の気分で選べるのも人気の一つになっています。
メンズエステでは本格的なマッサージやアロマを使用したエステが売りになっており、可愛い女性に施術をしてもらうことで癒やされると評判です。
抜きアリのメンズエステでは、マッサージの後には手コキで射精まで導いてくれ、体を癒やしてもらって性欲まで処理してもらえるお得な風俗です。

メンズエステの仕事内容

抜きアリ、ナシでもエステ部分の仕事内容は同じようなものです。
エステといっても様々な種類があり、アロマを使用した本格的なエステや、手により指圧や刺激でマッサージをする所など、お店によって施術内容は違います。
本格的なメンズエステでは、女性は行うような施術をでき、痩身や肌のケアなど色々なものがあります。

抜きアリ、ナシ両方とも店内に用意された個室で施術を行うことになり、男性は裸で腰にタオル巻いたり、紙おむつなどで施術を受けます。
後はお店のコースに合わせて、オイルを使ったマッサージやパウダーを使っての全身マッサージが基本です。

抜きナシメンズエステは本格的

抜きナシのメンズエステでは、エステがメインの仕事なのでより本格的なエステやマッサージを行っています。

施術コースも痩身、加齢臭、マッチョプログラムなど、バラエティに富んでいます。
メンズエステの売りは、女性によるエステやマッサージによって癒やしを提供することにあるので、多少の専門的知識や技術も必要になっています。
ですが、プロのエステティシャン同様のスキルを求めている訳ではないので、そこまで敷居は高くありません。
未経験女性でも最初の講習を受けることで出来るようになります。

抜きアリかナシかどこで判断できる?

虫眼鏡風俗で働くことに抵抗はあるけど、短期間で高収入を稼ぎたいとう気持ちは大半の女性が持っていると思います。
性的要素の無い「抜きナシ」の風俗は、そうした風俗に抵抗がある女性にうってつけの仕事です。
ですが、抜きナシと聞いていたのに、実際に働いてみると抜きアリだった!なんてことがあります。

そうならないためにも、抜きアリか抜きナシか見極める必要があります。
メンズエステで抜きアリ、ナシを見極めるにはいくつかのポイントがあります。

募集内容をしっかりと確認

まず、メンズエステで働くには求人サイトなどからの応募が必要です。

この時注意してもらいたいのが、記載されている内容をしっかりと読むことです。
募集要項の中に「当店では風俗、性的サービスは一切行っておりません」といった一文があることを確認しましょう。
そこを確認するだけで、まずは抜きがないことが分かります。
ですが、そこだけで信用してしまうのはNGです。

その他の文面に、「女性からの下半身サービスも含まれています」。
といった文面があれば、限りなくグレーに近いです。

利用料金で判断する

抜きアリ、ナシのメンズエステを判断する方法の一つに、「料金」があります。

抜きアリのメンズエステは通常の風俗と同程度の相場になっているので判断の一つにできます。
ここで紹介する金額はあくまでも例ですが、60分10,000円〜と設定されているお店は抜きアリなことが多いです。
基本的に60分10,000円を超えるメンズエステは抜きアリと考えてもいいかもしれません。
通常のメンズエステでは、どんなにサービス内容が豊富でも60分10,000円を超えることはあまりないです。

原則抜きナシだけど暴発はOKなことも

抜きナシと看板を掲げているメンズエステでは、女性による性的サービスは一切ありません。
ですが、男性自身がこっそりオナニーをしたり、エステの快感や女性の体を見て興奮し、暴発、つまり射精するのはOKというお店があります。
直接的なサービスはないにしろ、風俗が嫌で働いている女性にとっては最悪かもしれません。

こうしたお店は結構多く、暗黙の了解であることが浸透しています。

抜きナシのメンズエステがブーム

マッサージ通常の風俗はバックも良く、人気がでれば短期間で高収入を稼ぐことができます。
ですが、年々風俗遊びをする男性が減少し、どんなに可愛い風俗嬢でも昔ほど稼げないことがあったりします。

風俗遊びに飽きた男性は、いっときの性的欲求よりも癒やしを求める傾向が強まり、30代を中心としたサラリーマン男性にから「抜きナシ」の風俗がブームになっています。
今後も様々なサービス展開が予想されますが、今のトレンドはメンズエステ。
そこに行けば疲労の溜まった体を可愛い女性に癒やしてもらえると口コミで広がり、瞬く間に人気になりました。
体を売ってお金を稼ぐ時代は終わり、こうしたジャンルで女性が簡単に稼げる時代になりました。

抜きナシは結構キツイ

性的サービスが一切ないので、風俗に抵抗のある女性にとっては働きやすい環境かもしれませんが、抜きナシメンズエステは結構キツイとの口コミも多いです。
抜きナシメンズエステでは、本格的なエステやマッサージを行っているため、テクニックのない女性は、お客さんを気持ちよくさせることができなかたっり、エステやマッサージ自体が体力を使うので、肉体的にもキツイ仕事になっています。
接客時間はコースによって異なりますが、30分コースや60分コースなどがあり、その間男性に対して延々とマッサージを行うことになります。

基本は手を使った施術になるので、当然ネイルといったおしゃれはできず、指圧によって爪が変形したりもします。
さらに給料形態も歩合制であることが多く、お客さんが支払った金額の一部がバックとして返ってきます。
つまり1日に回数をこなすことでたくさん稼ぐことができ、待機が多ければ稼ぎも少なくなります。

まとめ

風俗に抵抗があるけど、それなりに高収入を稼ぎたい女性の選択肢として抜きナシのメンズエステがあります。
しかし、抜きナシだと思って働いてみたら、実際にはグレーな内容だったということが結構あるので働く前には見極めも必要です。
抜きアリ、ナシを見極めるためには募集内容をよく読み、利用料金を参考にすると判断しやすいです。