チャットレディの面接で合格する方法!カメラテストや採用基準の解説

2023年12月14日

高収入が期待できるバイトとして知られているチャットレディですが、働く前にカメラテストや面接が行われます。このカメラテストで特に問題なければ採用となり、チャットレディとして働けます。では、カメラテストや面接で合格するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?

本記事では、チャットレディのカメラテストや面接で合格するためのポイントをご紹介しましょう。また、テストでは女の子のどのようなところを見ているのか、どういった準備をしておくべきかなどを詳しく解説します。これからカメラテストや面接を受けて、チャットレディとして働こうと考えている女の子は、ぜひ参考にしてみてください。

カメラテスト・面接で見られるポイント

チャットレディには事務所に行ってチャットをする「通勤タイプ」と、すべて自宅で行う「在宅タイプ」の2種類に分かれます。どちらの場合でも、最初はカメラテストや面接が行われるので、特にどういった点が見られているかなど、あらかじめ知っておくと採用されやすくなるでしょう。

身分証明書と同一人物かどうか

まず、面接で一番最初にチェックされるのが、女の子が身分証明書と同一人物であるかどうかという点です。チャットレディとして働くためには、まず身分証明書の提示が必要となります。なぜ、身分証明書が必要になるのかというと、ライブチャットサイトは18歳未満の人が利用すると法律違反になるためです。そのため、事前に運営側でチェックする目的があります。

また、登録した女の子と異なる女の子はチャットを利用するのを防いだり、登録者が女性であることを証明したりするために身分証明書の提示が必要です。提示する身分証明書は、免許証や保険証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなどです。女の子は、いずれかの身分証明書を用意しておきましょう。

カメラや音声のテスト

チャットレディの仕事は、カメラやマイクを通して男性と会話を楽しむものです。そのため、女の子が所持するカメラやマイクのテストが必ず行われます。そこで、不備がないか、設定に問題がないかなどをチェックしていきます。

Webカメラやマイクを持っていない女の子は、面接の前にあらかじめ揃えておく必要があります。Webカメラなら3,000円程度、マイクなら1,000円程度から購入できるので、初期費用はそれほどかからないでしょう。大手のライブチャットサイトになると、条件を満たせばWebカメラやマイクの購入費用を補助してくれる場合もあります。

きれいな身なりをしているか

自身の部屋の中だからといって、だらしない身なりをしていると、カメラテストや面接で落とされてしまう場合もあります。カメラテストや面接を受ける時は、女の子は身なりを整え、すぐにでも外出できるくらいのキレイな格好に整えておきましょう。

また、ノーメイクかどうかは画面越しでもバレるので、メイクは事前にしっかりとしておくのも大切なポイントです。

部屋がきれいに片付いているか

チャットをしている時は、女の子の姿だけでなく、背景として部屋の様子も映り込みます。部屋が物や服で散らかっていたり、ゴミがそのまま放置されていたりするようだと、チャットに入ってきた男性の気分を害してしまうかもしれません。

そのため、カメラテストや面接では、部屋がきれいに片付いているかどうかもチェックされます。面接を受ける前は、必ず部屋の片付けと掃除をして、きれいな部屋であることをアピールしましょう。

礼儀のあるやり取りができるか

チャットレディの場合は入社面接のような堅苦しい感じの面接にはならないものの、礼儀やマナーがなっていないと判断されれば、そこで落とされてしまう可能性もあります。例えば、いきなり面接官とタメ口でしゃべるのはNGです。

チャットレディの仕事は、あくまで堅苦しくないのは雰囲気だけであり、相手に対する礼儀やマナーは必要不可欠です。女の子はきちんと敬語を使い、礼儀のあるやり取りをするように心がけましょう。

回線が安定しているか

在宅チャットレディの場合、自宅に安定したインターネット回線を準備しておく必要があります。カメラテストでは、きちんとカメラや音声がつながるかどうかだけでなく、ネット回線が安定しているかどうかもチェックされています。

ネット回線を簡単にチェックするために、下記の内容を事前に確認しておくといいでしょう。

まず、動画を視聴する際、ダウンロードの時間がほとんど掛からないかどうか。そして、ネットで検索する際に、サクサクとページが開くかどうか。さらに、ネットサーフィンをしていても急にネットが切断されることもないことや、スカイプなどの音声通話を使って、通話する際に途切れずに会話できるかどうかなどです。

これらをクリアしていれば、自宅のネット回線には問題がないでしょう。逆に1つも当てはまらない場合は、ネット回線にやや不安がある状態と言えます。この場合、チャット中に回線が落ちてしまう可能性があるので、不採用となってしまう可能性があります。在宅チャットレディとして働きたい場合は、ネット回線を変更したり設定を変えたりして、安定性を確保しておきましょう。

過去に問題行動がなかったか

以前チャットレディとして働いており、その時に問題行動を起こし強制退会させられていた場合、まず面接には受かりません。例え他サイトであったとしても、悪質なトラブルで退会させられていた場合は、情報が共有されている可能性もあるので注意しましょう。

逆に、問題行動を起こして強制退会させられていない限りは、初めて登録する女の子や、再登録しようという女の子のほとんどは採用される可能性の方が高いです

補足:ルックスの良し悪しはほとんど関係ない

チャットレディとして働こうと考えた時、ルックスの良し悪しで落とされるかもしれないと不安に感じる女の子もいるでしょう。確かに、採用の基準の1つとしてルックスを重視するチャットサイトもあります。しかし、ほとんどのサイトでは、ルックスの良し悪しに関係なく採用を決めています。

例えば、容姿が非常に優れていても、礼儀やマナーが欠けていたり、ネットの通信がかなり不安定だったりする場合は、面接ですぐに落とされてしまいます。逆に、見た目に自信がないという女の子でも、礼儀正しくきちんと受け答えができ、清潔感があればほぼ問題なく採用されるでしょう。

私の知り合いにチャットレディ事務所のスタッフがいるのですが、カメラテストや面接では、女の子の見た目よりも、きちんとコミュニケーションが取れるかどうかを重視していると話していました。女の子は、特別容姿に優れていなくても、清潔感やきちんとした身なりであれば問題なさそうですね。見た目に自信がない女の子でも、まずは勇気を出してチャットレディの面接を受けてみてくださいね。

面接なしで始められる場合もある

チャットレディとして働く場合には、事前にカメラテストや面接を受けることが多いのですが、面接なしで始められる場合もあります。面接に自信がない女の子は、面接なしでチャットレディを始める方法もチェックしておきましょう。

面接がないケース

一般的に、チャットレディを始める場合は、、ライブチャットの代理店やプロダクションと契約する場合とライブチャットサイトと直接契約する場合の2つのケースに分かれます。
ライブチャットサイトの運営会社と直接契約を結ぶ場合は、面接をすることなくチャットレディが始められます。
ライブチャットの代理店やプロダクションと契約する場合、ライブチャットサイトへの登録・退会のさまざまな業務をすべて代行してくれるので、女の子にかかる負担や手間が省けます。その代わり、給料は代理店やプロダクションを通して支払われるので、いくらかのマージンが取られてしまいます。

一方、ライブチャットサイトと直接契約する場合は、会員登録から報酬申請、退会の手続きなどは、すべて女の子自身が行う必要があります。しかし、その分給料はすべて手元に来るので、より稼ぎたい場合はおすすめです。

ライブチャットサイトには、チャットレディになるための条件が設けられています。ほとんどが、「日本国籍を持っている18歳以上の女性」というように簡単な条件で、身分証明書を提示して、そのことが証明されれば受かります。

そして、面接がない代わりにカメラテストを実施します。そこでカメラやマイク、回線に問題がなく、きちんと配信できるかどうかだけチェックされます。また、接続確認をしながら、身分証明書を提示する女の子とカメラに映る女の子は同一人物か、またしっかりと会話は成立するかどうかも確認されます。

カメラテストで落とされることはほぼありませんが、稀にあまりにも態度が悪かったり、コミュニケーションがまともに取れないと判断されたりした場合は採用されないので注意しましょう。

面接もカメラテストもないケース

場合によっては、チャットレディとして働く際に、面接もカメラテストも受けなくていいケースがあります。どのようなケースかというと、スマートフォン専用のライブチャットサイトにて直接契約した場合です。

パソコンの場合、Webカメラやマイクを準備する必要があるため、例え面接はなくても、カメラテストは必須になります。しかし、スマートフォン専用のライブチャットサイトであれば、そういった準備も不要でカメラテストもありません。つまり、よっぽどの事が無い限り、不採用になることはほとんどないでしょう。

不採用になるとすれば、チャットサイトで過去に問題行為を起こして強制退会させられているか、もしくは年齢確認に必要な書類に不備が発覚した場合などです。スマートフォン専用のライブチャットサイトでも、PC用と同様に、18歳以上の女の子しかチャットレディとして働けないので注意してください。

私は面接なしでも働けるチャットレディは、どんな女の子でもできるおすすめのバイトだと思います。面接だと緊張してうまく会話ができず、落とされたことがあるという女の子でも、スマートフォン専用のライブチャットサイトに登録すれば面接もカメラテストも無しで始められますよ。こちらもPCのライブチャットと同じ仕組みで稼げるので、ぜひ利用してみてくださいね。

まとめ

この記事では、チャットレディのカメラテストや面接に合格するための方法、さらに面接なしでもチャットレディとして働く方法についてご紹介してきました。チャットレディの仕事は在宅でできて、努力や工夫をすれば高収入を稼げるようになります。また、アダルトに抵抗がある女の子には、ノンアダルトのカテゴリもあるので気楽に始められるでしょう。

カメラテストや面接に合格するためには、いくつか気を付けなくてはいけないポイントもありますが、見た目で判断されて落とされるということはほとんどないので、安心してください。むしろ、いきなりタメ口でしゃべったり、ネット回線が落ちたりする場合は、いくらルックスが良くても不採用となってしまいます。

チャットレディとして収入を得たいと考えている女の子は、本記事で紹介したポイントを事前に確認しておき、カメラテストや面接に臨みましょう。