40代でキャバクラはキツイ?クラブとかパブしか働けない?

2023年12月14日

Seo_Seungwon / Pixabay

キャバクラのお仕事は、夜の世界のお仕事の中でも非常に人気があり、ガールズバーやスナックといった同じようなお水業界のお仕事に比べてもお給料が高いことが魅力と言われています。

特に、学業がある女子大生や、お昼に普通の事務のお仕事などについているOLのような若い女性を中心に、「学費を稼ぎたい」「生活費の足しにしたい」「好きなものを好きなだけ買いたい」といった理由でキャバクラ勤務を希望する方は年々増えています。
特に今は、特別繁華街だけにキャバクラがあるというわけではなく、地方のちょっとした飲屋街にも地元の女性が働いているような小さなキャバクラなどがあり、キャバクラの求人も増えてきていますので、お店選びで苦労することもなくなりました。
しかし、キャバクラで働きたいと思っているのは、若い女性ばかりではありません。
最近では30代のキャバクラ嬢も、まだまだ少数派ではありますがおりますし、30代のキャバクラ嬢を積極的に採用しているキャバクラも存在します。

ただ、もちろん30代の女性だけがキャバクラ勤務を希望しているのではなく、40代女性であっても、できればキャバクラで勤務してみたいと思っている女性は少なくはありません。
若い女性が活躍しているキャバクラ業界ですが、その華やかさや高待遇に魅力を感じ、働きたいと思っている40代女性は、案外多いのです。
それでは、40代の女性であっても、キャバクラで働くことはできるのでしょうか。
それともやはり、40代になればクラブやパブのようなお店でしか働くことはできないのでしょうか。

今回の記事では、40代女性がキャバクラで働ける可能性や、40代女性が働ける高収入アルバイトの情報について、お伝えします。

40代でキャバクラ勤務はきつい?

質問 疑問綺麗なドレスを着用して、高級なシャンパンやワインを片手に、お客様の隣で談笑を楽しむことで、お客様に楽しさと癒しのひと時を提供することがお仕事のキャバクラ。
特に風俗店のように、ハードな性的サービスを提供することなく、お客様へのおもてなしとちょっとした営業で高いお酒を購入していただくことで、トップクラスになれば月収で何百万も稼ぐことができるなど、稼げるアルバイトとして非常に人気のお仕事のひとつです。

そんなキャバクラのお仕事ですが、基本的には20代前半の若い女性が盛り上げている業界ではありますが、40代女性であってもキャバクラ勤務を希望する女性はいるのです。
そうした40代女性は、果たしてキャバクラで働くことはできるのでしょうか。
結論からいうと、40代でキャバクラ勤務をすることは、ほとんど不可能といっても過言ではないでしょう。
近年、30代でキャバクラ嬢を目指す女性がいたり、30代でもキャバクラ勤務をしている女性というのはたびたび見かけることはありますが、それでもキャバクラ業界の中では、かなり年齢がアッパーと言われている世代です。

もともとキャバクラ業界では、25歳でも少し旬が過ぎている扱いをされることが多く、1番の稼ぎどきは20代前半の非常に若い時期だと言われています。
その中でも、30代のキャバクラ嬢が活躍している背景というのは、もともとかなりの太客をたくさん持っているキャバクラ嬢で、働いているうちに30代になったが人気が衰えないという実力派な方か、もしくはよほど容姿が若いかのどちらかになります。
では、40代であってもよっぽど若い容姿を持っていれば働くことができるのか、と言われると、やはりそういうわけではありません。
いくら容姿が若く見えたとしても、やはり細かいところで20代とは違う要素を感じてしまうのです。

例えば話し方であったり、雰囲気であったり、疲れた時の表情や態度など、いくら容姿が若く見えたとしても、細かい部分で40代を感じてしまうポイントはどうしても否めません。
もちろん、見た目が若く見えるということは非常に素晴らしいことではありますが、それであればキャバクラ店で働くことができる、というわけではないのです。
ちなみに、ごく稀に本当に20代などの若い世代に見える40代の女性がいますが、だからといって容姿に騙して面接を受けたとしても、採用されることはほとんどありません。
キャバクラの面接の際には、基本的に写真付きの身分証明証を提出しなければならないので、そこで実年齢がバレてしまえば、採用されることは難しいといってもいいでしょう。

40代でお水関係の仕事に就くなら、クラブやパブになる?

お酒キャバクラ業界の旬というのは非常に早く、20代前半が終わる5年間が、1番人気が出て稼げる年代だと言われています。
今でこそ30代の女性が活躍するキャバクラなどもありますが、一般的には25歳以降はすでに旬を過ぎていると言われているほどなので、その中で40代の女性が働くということは、現実的に考えるとやはり難しいでしょう。
やはり、40代で水商売関係のお仕事に就くとなると、クラブやパブを選ぶ方が賢明なのでしょうか。

40代から水商売関係のお仕事を始めようとなると、選択肢の幅は非常に狭くなってしまうことは、あらかじめ容認しておくべきことでしょう。
前述させていただいた通り、キャバクラでは25歳を過ぎると旬が終わったという扱いをされるので、その年齢よりも15歳も上回っている40代の女性がキャバクラで働くという選択は、ほとんど用意されていないのです。
一般的に40代の女性が働ける水商売関係のお仕事というのは、クラブやパブ、スナックのような、比較的キャストの年齢層が高いお店になることがほとんどです。
そうした業態であれば、40代の女性でも、未経験者であったとしても水商売関係のお仕事に就くことはできますし、普通のパートやアルバイトに比べても、高い収入を得ることもできます。

ただし、クラブやパブ、スナックといった業態には、キャバクラのような派手さはありません。
どちらかというとクラブはおとなしい雰囲気が売りですし、パブやスナックは騒がしい雰囲気はあったとしても、例えばキャバクラなどであるバースデーイベントであったり、シャンパンタワーなどのような派手さというのはありません。
また、お客様の層や客単価の部分も全然違いますので、稼げる金額もキャバクラなどに比べると、非常に低くはなってしまいます。
しかし、それでも一般的なパートやアルバイトのお給料に比べても高く稼ぐことはできるので、どうしても水商売でお仕事をしたいのであれば、クラブやパブ、スナックで働くことをおすすめします。

特にその中でも高待遇を希望するのであれば、たくさんの飲み屋が存在する東京都などに勤務エリアをフォーカスして探すと、希望通りの求人を見つけられるかもしれません。

40代で就くことができる、高収入アルバイトって?

お金40代で水商売を始めようと思うと、やはりクラブやパブ、スナックといった、キャバクラの印象とは全く正反対の落ち着いた印象が目立つラウンジでの勤務が、一般的になってしまいます。
ただ、もし「水商売で働きたい」ということであれば、そうした選択肢の中から選ぶことが必要になってきますが、水商売で働きたいという目的が「たくさんお給料を稼ぎたい」「生活に困っているから」という理由である方も、少なからずいるでしょう。

40代からできる高収入アルバイトは、他にはどういったものがあるのでしょうか。
40代からスタートするとなると、水商売以外ではほとんど風俗業たいしか残っていません。
例えば熟女や人妻がコンセプトになったセクキャバであったり、ヘルスといった体を張ったお仕事しかほとんどありません。
また、熟女のヌードモデルのようなお仕事も人気が出ているそうですが、もし裸になったり、体を張ることは避けたいということであれば、やはりクラブやパブ、スナックといった飲み屋で働く他ないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバクラ嬢の旬は25歳までと言われているので、それよりもひと回り以上年齢が上になる40代では、どうやってもキャバクラで働くことは難しいと言えます。
もしそれでも水商売のお仕事をしたいということであれば、クラブやパブ、スナックといった飲み屋で働くことをおすすめします。

キャバクラなどに比べるとお給料は落ちてしまうかもしれませんが、それでも一般的なパートやアルバイトよりもお給料はもらえますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。