ソフトなソープはマットプレイがない

2023年12月14日

Pexels / Pixabay

マットプレイとはマットの上でローションを使い、風俗嬢が全身でお客さんをマッサージするサービスのことです。
マットプレイは主にソープで行われるサービスで、ソープに来るお客さんの中には本番行為だけではなくマットプレイを目的にしている方も少なくありません。
しかし最近ではソープでもマットプレイがないお店も増えてきています。
この記事ではマットプレイがないソープのメリットと人気嬢になるためのテクニックをご紹介します。

ソープでもマットプレイがないお店もある

ソフトなソープはマットプレイがないマットプレイは基本的にはソープ特有のサービスです。
基本的な流れとしてはお客さんにゴムマットの上に寝そべってもらい風俗嬢が全身にローションを塗って、体をお客さんに押し付ける形マッサージをすることになります。
マットプレイに性的な快楽がそれほどあるわけではありませんが、女性の体の柔らかさを使ってマッサージされることになるので、男性にとっては普段感じることがない気持ち良さを得ることができるプレイなのです。
しかしマットプレイは風俗嬢が全身を使ってお客さんのマッサージをしなくてはいけないので体力的にはとても負担があるサービスです。

また、プライベートでマットプレイをしたことがある女性はほとんどいないので、ソープで働くにあたってそのやり方を覚えないといけません。
ソープがお客さんに提供する最大のサービスは挿入です。
日本では、ソープ以外の風俗では本番行為が認められていないのでソープに来るお客さんの最大の目的はやはり本番なのです。
お店としてもお客さんから人気になる可能性が高い女性をできるだけたくさん集めたいのですが、マットプレイをやりたくない女性も少なくありません。

そこで最近ではマットプレイがないソープも増えてきています。
そういうお店であればマットプレイのやり方がわからない女性であっても、採用されたその日からお店で働き始めて稼ぐことができます。
ソープの風俗求人を見て「マットなし」や「サービスは普通のベッドのみ」と書いてあれば、そのお店はマットプレイがないソープだとわかります。
ただし、ソープといえば風俗業界の中でも最も稼げる職種だと言われていますが、マットプレイがないお店は、マットプレイがあるお店よりもお客さんが支払う金額がやや低めに設定されている傾向があります。

ソープのお給料は基本的には完全歩合制で、お客さんが支払った金額の中から一定の割合が風俗嬢の給料になります。
お客さんが支払う料金が低いということはその分風俗嬢のお給料も低くなってしまうと言うことです。
とはいえお客さんが支払う金額の違いは数千円程度なので、マットプレイがないソープであっても他の風俗店よりははるかに客単価が高いことは間違いありません。

マットプレイなしのメリット

何よりも稼ぐことを最優先にお店選びをしている女性の場合、まずはソープが第一候補になると思います。

しかしマットプレイのやり方が分からない方や、それを覚えるための研修時間などがもったいないと感じる場合にはソフトなソープを選んだ方が良いでしょう。
すでにソープで働いたことがある女性の中にも、ソープのサービスは基本的には大丈夫だけれども、マットプレイだけがどうしても自分に合わないと感じる方もいると思います。
そういう方もマットプレイがないお店を選べば、マットプレイの負担がなく、ソープとほぼ変わらないお給料を稼ぐことができます。
マットプレイがないお店を選ぶメリットは以下のようなものです。

肉体的な負担が減る

Optionマットプレイは想像以上に肉体への負担があるサービスです。
ローションを塗った状態でお客さんの上に乗っかりしっかりとマッサージの効果があるように体を動かさないといけません。
全身を使った運動になるのでマットプレイをすると初心者の方は間違いなく筋肉痛になります。
ソープに慣れている風俗嬢でも、マットプレイが一日に数本入った場合は、翌日全く動けないほど披露してしまうこともあるのです。

肌荒れの心配が減る

マットプレイをする時にはローションを全身に塗る必要があります。
ローションを大量に塗ると肌に負担がかかるので、ソープ嬢の中には肌荒れに悩んでいる方が少なくありません。
また、ローションを塗っている状態とはいっても男性の体に乗っかり体を擦り付けることになるので、肌が傷つきやすくすぐに荒れてしまう方もいます。
体力的にはマットプレイができるソープ嬢であっても、肌荒れが辛くなってしまいマットプレイができなくなることもあるのです。

仕事を覚える手間がかからない

マットプレイはやり方を教えてもらわないとできない方がほとんどだと思います。
そして、マットプレイがあるお店ではマットプレイ未経験の女性に対してはほとんどの場合、実技研修を用意しています。
実技研修と言う事はお店の店長やスタッフに対して、体をこすりつけてやり方を教えてもらわなくてはいけません。
研修なのでお給料は発生しませんし、お客さんではない人に対して体を見せたりつけたりしなくてはいけないことを苦痛に感じる方も多いでしょう。

悪質なお店の場合は研修という大義名分で、セクハラ講習をしてくることもあります。
マットプレイがないお店であればそもそも実技研修を受ける必要がないので、この様な心配もなくなるのです。

マットなしのソープで人気嬢になるための基本的なテクニック

マットプレイがないソープで働く場合にはマットプレイ以外のサービスでお客さんを満足させないといけません。
ソープですから基本的にはプライベートでするセックスと変わらないプレイをすることになるのですが、好きな人や彼氏とするわけではなく、お金を支払っているお客さんに対して自分がサービスをするという意識を持つようにしましょう。

ソープで人気嬢になるために覚えておきたい基本的なプレイについてご説明します。

キス

お客さんから指名を取るために意識しておきたいことは、意識的にキスの回数を増やすと言うことです。
彼氏とのセックスであれば意識しなくても自然とたくさんキスをするものですが、お客さんに対してはできればあまりキスをしたくないと考えるのが普通ですので、自然とキスの回数は減ってしまいます。
キスをあまりしない風俗嬢はお客さんの人気を獲得することができません。

逆に、たくさんキスをする風俗嬢はお客さんに「この子は頑張ってくれている」とか「この子は自分のことを特別扱いしてくれる」と思わせることができるので、リピートを獲得できる可能性が高いのです。

フェラ

フェラはテクニックの差が出やすいプレイです。
彼氏にやり方を細かく指導されたことがない女性の場合、なんとなく口に含んで上下に動かすだけだと思っている方もいます。
しかし人気がある風俗嬢はただ性器を咥えるだけではなく、舌で男性のカリや裏筋を攻めます。

また、口に含んで動かす時にも一定のリズムや強さでやるのではなく、緩急をつけて男性を満足させます。
フェラのテクニックに自信がない女性は、正直にお客さんに「どうしてほしいですか?」と聞けばさまざまなやり方を教えてくれるので、少しずつ自分の腕を磨いていきましょう。

オプション

シャボン聖水プレイやおもちゃプレイなど、お客さんが追加料金を支払って注文するオプションもあります。

オプションは、対応できる数が多いほど指名が増えます。
また、お客さんが支払ったオプション料金もソープ嬢のお給料としてバックされるので、たくさん稼ぎたい方は可能な限りオプションNGを出さないようにしましょう。

まとめ

マットプレイがないソープのメリットと人気嬢になるためのテクニックをご紹介しました。
マットプレイがないソープであれば体への負担や肌荒れを防ぎ、プレイを覚える手間を省きたい方でも、すぐに働き始めることができます。

そしてマットプレイがないソープの場合、キスやフェラなどのプレイで他の風俗嬢と差をつけなくてはいけないので、お客さんを喜ばせるために工夫するようにしましょう。