ソープは性病のリスクが高いでも稼ぎは業界ナンバー1

2023年12月14日

alex80 / Pixabay

風俗業界はどの業種であっても普通のお仕事よりもはるかに高いお給料を稼げる可能性がある世界です。
その中でも最も稼げる業種といえば間違いなくソープです。
しかし、最も稼げるということは仕事の内容も最もきつく、裏を返せば女の子にとってはリスクが高いお仕事であるという意味でもあります。
ソープで働く時に特に気をつけなくてはいけないのか性病感染です。

そこでこの記事ではソープで働くときに知っておきたい性病やそれ以外のリスクについてご紹介します。

風俗店で一番稼ぎやすいのはソープ

風俗で最も稼ぎやすい職業は何かといえばソープであることは間違いありません。
風俗業界にはデリヘルやファッションヘルスなどのヘルス系や、性感マッサージやメンズエステなどのマッサージ系、オナクラや手コキ専門店などのソフト系、そのほかにもピンサロやSMクラブなどがあります。
それらのお仕事比べてもソープが一番稼ぎやすい職業であることは間違いありません。

風俗店の中でソープが最も稼ぎやすい理由は以下のようなものです。

客単価が高い

ソープは性病のリスクが高いでも稼ぎは業界ナンバー1ソープに限らず、風俗業界の給料システムは普通のお仕事とは違います。
お店に出勤さえすればいるだけでお給料が発生する時給制ではなく、接客したお客さんが支払った金額の中から一定の割合がもらえる完全歩合制なのです。
つまりお客さんが支払う金額が高いほど風俗嬢の給料も高くなるということです。

そして様々な風俗の業種の中で最も高いのがソープなのです。

バック率が高い

風俗嬢のお給料を計算する時に、お客さんが支払った金額の中から風俗嬢がもらえるお給料の割合のことをバック率と言います。
例えばお客さんが支払った金額が1万円で、バック率が50%なら、風俗嬢の手取りは5,000円になります。
このバック率が、ソープは他の業種に比べてバック率がやや高めに設定されていることが多いのです。

バック率はお店によって異なるものですがソープの場合だいたい50%~60%程度が相場です。
ソープの中でも一般的な価格帯のお店であれば、お客さんはだいたい90分で4万円程度支払うことになります。
そしてバック率が50%であれば、風俗嬢は2万円稼げるということです。

男性は挿入が大好き

ソープがあらゆる風俗の中でも最も料金が高いのは、日本で唯一挿入が認められている風俗だからです。

ソープ以外のお店では挿入は本来禁止されているものですが、例えばデリヘルで働いていれば当然のように本番強要してくるお客さんがいるように、お客さんは挿入が大好きです。
それができるソープはよほど女の子のレベルが低いとか、リッチが悪いなどの理由がないかぎり、常に一定数のお客さんの来店を見込める風俗店なのです。
上で紹介した通り風俗嬢の給料はお客さんにつくことができなければもらえないので、できるだけ多くのお客さんがお店に来てくれることはとても重要なのです。

ソープで働く前に知っておきたい性病のリスク

病院 十字風俗業界で働くにあたって性病感染が強いと感じている方は多いと思います。

実際風俗店で働いていると、普通に生活をしているよりも性病に感染してしまう可能性は高くなります。
そもそも性病は、性病に感染している人と体の粘膜が接触してしまうことによって感染する病気です。
体の粘膜のうち、ひふの表面にあるのは主に口と膣周辺です。
風俗で働くということは口や性器を使ってお客さんと接触することになるので性病には常に気をつけておかないといけません。

そしてソープでは唯一挿入があるので、男性の性器と膣が接触して性器に感染する可能性があるのです。
性病感染を予防するためにまず重要な事は、プレイをする前に自分もお客さんも清潔な状態にすることです。
ソープで働き始めたらしっかりと体を殺菌できるボディソープ顔見せに備え付けてあるので、お客さんと一緒にシャワーを浴びしっかりとボディソープを使って体を洗ってあげましょう。
またイソジンなどの口を殺菌する薬も必ず置いてあるので、プレイを始める前にお客さんと一緒にうがいをしましょう。

体を綺麗にすればもしお客さんや自分が性病に感染していたとしても、菌の数が減るのでその分性病が移る可能性が下がります。
またソープで働いているときは、必ず定期的に病院に行き性病の検査を受けましょう。
もし感染していても症状が現れるまで時間がかかったり、自覚できない程度の弱い症状しか現れたりしない場合があります。
だから自分で勝手に判断をして性病にかかっていないと思って働いているとお客さんに性病をうつしてしまう可能性があるのです。

性病は放っておいても勝手に治るものではないので、病院に行って適切な治療を行わないといつまでたっても完治しません。
また、性病にかかっていると体の免疫力が弱まっているので、さらに別の性病に感染してしまうリスクが高まります。
ソープの場合ほとんどのお店でだいたい月に2回以上定期的に性病検査をする様に義務付けられますので、必ずお店の規則を守って検査に行きましょう。
プレイをする前に必ず体を殺菌して感染を予防し、定期的に検査に行って、もし性病に感染してしまっていた場合でもすぐに治療を行うようにすれば、大きなトラブルになることはありません。

高いお給料をもらえる可能性があるかわりに、性病感染するリスクがあることは、ソープで働く以上は避けられるものではありません。
ソープで働く場合には性病予防と性病検査が必須であると認識しておきましょう。

性病以外にも気をつけておきたいこと

ソープで働く場合性病以外にも危険なトラブルに遭わないように気をつけておきましょう。
ここで紹介するリスクを事前に理解しておけば、トラブルに遭う可能性を下げることができるので、チェックしておきましょう。

盗み

お店で働いている最中にお客さんや同僚、スタッフなどにものやお金を盗まれないように気をつけましょう。
残念ながらどんな場所にも他人の物を盗んでしまう人はいるものなので、貴重品は常に肌身離さず持っておきましょう。

盗撮と盗聴

非常に稀ではありますが、お客さんが盗撮用のカメラや盗聴器を持ち込んでソープ嬢とのプレイを撮影していることもあります。
ソープの場合はお店でサービスをすることになるので、お客さんが持ち込んできた荷物に何か怪しい点を感じたり、お客さんが不審な挙動をしていると思った場合にはすぐにスタッフに報告しましょう。

睡眠薬

お金ソープ嬢に睡眠薬などの薬を飲ませて、意識を失っている間に好き勝手なプレイをしようとするお客さんもいます。
これを防ぐための最善の方法は、たとえ何度もお店に通ってきてくれているような信頼できる指名客であっても、差し入れにその場で口をつけることは絶対に避けることです。

強引なプレイ

ソープはデリヘルなどと違って、本番がサービスの中に含まれているので。
押さえつけて強引に本番強要される事を心配する必要はありません。

しかしたとえ挿入がサービスの中に含まれてるとはいっても、風俗嬢が痛いとか怖いと感じるプレイをしてくるお客さんもいます。
そういう時にはすぐにお店のスタッフを呼びお客さんを取り押さえてもらいましょう。

ストーカー

お客さんが風俗嬢のことを本気で好きになってストーカーになってしまい、しつこくまとわりついてきたり脅してきたりすることもあります。
もしお客さんが本気になりすぎて危ないと感じた場合にはすぐにNG客にして、一切連絡を取らないようにしましょう。

まとめ

ソープで働くときに知っておきたい性病やそれ以外のリスクについてご紹介しました。
ソープで働くときには性病をはじめとした様々なリスクがありますが、事前にそういうリスクがあることを理解して、しっかりとこの記事で紹介したような予防を行えば、必要以上に恐れる必要はありません。