マットヘルスで起きた理不尽なクレームはどんな内容ですか?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

どんな会社でも困ってしまうのがお客さんからのクレームです。
マットヘルスでは例外かと思いきや、そんな事は全くありません。
こちらでもお客さんからのクレームに困り果てているというのが現状です。

どういった物が代表的なクレームなのでしょうか?
ここではこれらをいくつか紹介していく事にします。
笑えるような内容であれば問題はありませんが、自分たちに非があるような場合は謝罪をして改善をしていかなくてはいけません。

本番行為ができなかった

ご存知でしょうけど、本番行為ができる風俗はソープなど極一部に限られています。
マットヘルスにおいては禁止というルールになっている訳ですが、これを理解していないお客さんは決して少なくありません。
若い人よりも年配の男性の方がそういう傾向が強くなります。

大人 男性的な行為イコール挿入であるという認識が強いために、この様になってしまう訳です。
ここは皆さんとしても断り方が重要になってくるでしょう。
うざい糞客ばかりでうんざりしてしまうのが本音でしょうけど、その思いはとりあえず端っこにおいておかなくてはいけません。
まず大切なのは、ここでどのような対応をとれば良いのかです。

最善の方法を見つけ出すようにしてください。
断るのが基本になる訳ですけど、単に事実を述べればいいという程単純なものではありません。
説明するにしても、その言い方が重要になってくるので、そこを意識しておいてください。
まず自分に責任は無いと強調しておきましょう。

あくまでお店側が「してはいけない」と言っていると主張する様にしてください。
そうすれば相手方としても、仕方が無いなという風に納得してくれる可能性が高いです。
理由なく「できない」とだけ言うのは一番いけません。
そうしてしまいます「なんで?」という流れになってしまってトラブルに発展してしまいます。
相手をなだめるのも接客テクニックの1つですから習得しておいてください。
それに比べて若いお客さんは物分りがいいです。
予めネットなんかで風俗店のルールを調べてきてくれていますから、何ができて何ができないのかという事を分かってくれている訳です。

何もそこまでという位気を使ってくれるので、女の子側としては非常にやり易いでしょう。
ただ、行き過ぎるとお客さん側が疲れてしまいますから、こちら側から適度にサービスする必要があります。
この辺りのバランスはしっかり取っておくようにしましょう。

プレイ時間が短縮された

シャワープレイ時間を短くする事を時短なんて言ったりします。
女の子が稼ぐためだったり、嫌なお客さんと一緒にいる時間を少しでも少なくするために、この様な行為をするという訳です。
ただ、実際にはそうしていないにも関わらず、お客さん側が時短されたと錯覚してしまう事があります。

携帯電話等で時刻を確認したら、予定よりも早く終わっていたという具合です。
勘違いですが、本人の中ではそれが事実になってしまうので、どうしてもクレームになってしまう訳です。
これに対しては、こちら側としても上手く説明するよりありません。
店員さんにプレイの開始時間等を記載してもらうというのも1つの対策方法になるでしょう。

そうする事によって何時何分から始まってますよという証拠になる訳です。
後で書いた物ではないか?
という疑問もお客さん側としては生じる訳ですが、何も証拠が無いのに比べれば遥かにマシです。
そして大切なのは、これらに関する説明をする時のこちら側の態度になります。

先程の本番強要と同じですが、こちら側は決して怒らない様にしてください。
相手が理不尽な事を言っているのだから、こちら側が怒るのは当然という気持ちは理解できますけど、これは却って状況を悪化させてしまいます。
こちら側が悪くなかったとしても、頭を低くして対処するのが基本になります。
相手に分からせるのではなくて、納得させるという事を意識する様にしてください。

粘り強く話し合いをする事によって問題が解決の方向に進んでいきます。
皆さんもこういった時短行為は行っていないでしょうけど、もししているのなら、これからは絶対にしない様にしてください。
これは最低限のマナーになるでしょう。
というよりも、もし時短をしているとすればそれは詐欺行為ですから、犯罪と言っても過言ではありません。

瞬間的にプレイで楽ができるかも知れませんが、お客さんから不審な目で見られる事に繋がりますから、結局のところ自分が損をするという事になってしまいます。

口が臭いなど体臭に関連するもの

意外と多いのが、口臭などの体臭に関連するクレームです。

その場で本人に直接伝える訳ではありませんが、プレイ終了後にアンケートであるとかスタッフ経由でという形が多いです。
臭う場所としてもっとも多いのは、やはり口という事になるでしょう。
原因になるような物があれば、それを見つけ出して取り去るという事が肝心です。
しっかり歯磨きをしているのに理不尽だと感じられるかも知れませんが、原因がそれ以外にある事も少なくありません。

多いのは虫歯の治療痕になります。
金属の詰め物をするのが一般的ですが、治療後しばらくするとどうしても隙間ができてしまいます。
そこから食べ物が入っていって、また虫歯になってしまうという訳です。
食べ物そのものが入っていくものの、それを取り出すのは困難ですから、どうしても臭いが発生してしまいます。

明らかに臭うという事が分かった場合は、なるべく早い段階で歯医者に行って再度の治療をしてください。
しばらくの間は無臭状態を維持できるでしょう。
その他に多いのはいわゆるスソガ臭です。
どうして股間の部分が臭うかというのはよく分かっていませんが、一般的に毛が多く生えている部位というのは、臭いがきつくなるので注意する様にしてください。

場所的に自分で臭いを嗅ぐのが難しいので、どの程度相手に臭っているのかが気づきにくい場所です。
前もってシャワー等で念入りに股間の部分を洗っておくようにしてください。
大人 男軽く流すのではなくて、指で押さえつけるようにするのがポイントです。
マットヘルス業界には理不尽とも言えるようなクレームが多々存在している訳ですが、これ等はまだそれ程でもないという事になるでしょう。

ゴム着での本番や生強要に比べれば大した問題ではありません。
明らかに度を越したクレームに対してはこちら側としても応戦する必要がありますが、改善する事ができるこの様な問題に対しては、しっかりと対策をしておく事が肝心です。
お客さんの満足度が高まればリピートも期待できますから、皆さんにとっても悪い話ではありません。

クレーム処理も仕事の1つ

本番行為の強要はもちろんですが、それ以外にも時短したのではないかとか、体臭がキツイ等のクレームが入ることがあります。
マットヘルスではこれらは日常茶飯事といっても言い過ぎではないでしょう。
ここで大切なのはこれらのクレームにどの様に対処するかです。

これも風俗店で働く人たちのテクニックになるでしょう。
無用なトラブルを避けるために頭を使って考えるようにしてください。
売り言葉に買い言葉の様になってしまってはいけません。
店員さんに全てお任せしたい所ですが、接客中にお客さんに直接言われるという事も少なくないので、皆さんとしても無縁ではいられません。

こう言われたらこの様に返そうと予め想定しておくと対処しやすいです。