マット未経験の風俗嬢がマットヘルスでいきなり稼げるの?

2023年12月14日

aleksandra85foto / Pixabay

こんにちは!
今回はマットヘルスについて、特にマット未経験者でも稼げるのか調べてみました。
マットヘルスということばを聞いたことはありますか?

ことばからも想像できるようにソープの特徴である「マットプレイ」とヘルスが合体したものだと考えると想像しやすいかと思います。
ではマットヘルスと働きやすさについてまとめてみますね。

マットヘルスとは

マット未経験の風俗嬢がマットヘルスでいきなり稼げるの?マットヘルスとは、ローションを使ったマットプレイを提供するファッションヘルスのことです。

名前の通りですね。
マットプレイといえばソープランドのプレイとして有名ですが、実はヘルスでも取り入れているお店があるんです。
マットヘルスは一般的に、空気を入れて膨らますタイプのビーチマットの上でローションプレイをします。
もともとマットプレイはソープランドを中心に発展して来ました。

しかし、値段の高いソープではなくヘルスでマットプレイを楽しみたいという要望にこたえてつくられたジャンルといわれています。
ソープとマットヘルスの違いはまず本番行為があるかないかということです。
もうひとつはお風呂かシャワーかの違いです。
ご存知のかたも多いかもしれませんが、ソープでの代表的なプレイのひとつに潜望鏡というものがあります。

潜望鏡とは女の子とお客さんがお風呂に入り、お客さんが腰を浮かした状態で女の子が水面を覗き込むような体勢でフェラチオをするプレイのことです。
このようなプレイがあるため、ソープにお風呂の湯船はつきものです。
反対にマットヘルスでは、ソープ同様のプレイはマットプレイのみなので湯船はなくシャワーのみがついています。

マットヘルスで働くメリットデメリット

ここではマットヘルスで働くメリットとデメリットを紹介してみたいと思います。

メリット

集客力がある!

マットヘルスは店舗数が全国的にみてもとても少ないジャンルです。

特にデリヘルや箱ヘルと比べるとのその数は非常に少ないのですが、実は需要が安定しているジャンルでもあるのです。
マットヘルスは安定した需要があるため、意外に盛り上がっています。
希少価値もあってか集客力のあるジャンルです。
働くなら集客力の高いお店で働くに越したことはありませんよね!

女の子が主導権を握れる!

マットヘルスに来るお客さんはマットプレイを楽しみに来るお客さんが多いため、女の子がプレイの主導権を握ることができます。
マットプレイは基本的にお客さんが受け身でサービスを受けるものです。
そのため、お客さんから触られることもあまりありません。

でも女の子に触りたいという男性の欲求はいつの時代でもあるもの。
中には体をひねって、無理やり触ろうとしてくる困ったお客さんがいるもの事実です。
そんな時はマットから落ちて怪我をしてしまうかもしれないので、「危ないのでやめてくださいね♪」と注意すればお客さんに嫌な気持ちをさせることなくやめてもらえます。
マットプレイでは69の体勢をとることもありますが、もしもどうしても無理なら69をプレイからはぶくことも可能です。

なぜなら女の子が主導権を握っているから!
男性から責められるのが苦手という女の子にはおすすめのジャンルです。
実際にマットヘルスで働いている女の子の感想を紹介してみます。
・体力は確かにいる。でも慣れちゃえばマットヘルスは女の子主導で責められることがないから体の負担が少ないよ。

バック金額が高い!

みなさんのご想像の通り、マットプレイは体力勝負です。
ぬるぬるしたローションを塗り、自分主導でプレイするのですからそれは当然のことです。

また働く前の講習も簡単なものではありませんが、だからこそ女の子にバックされる金額が高いのが特徴なんです。
一般的には本番ありのソープと本番なしのヘルスの間くらいのお給料をもらうことができます。
ソープのほうがお給料が高いので、同じマットプレイをするならソープで働きたいという女の子もいると思います。
本番ありでかつ受け身でもたくさん稼ぎたいという女の子にはソープをおすすめしますが、「本番はちょっと嫌だ・・・。」「責められるのもストレスになる・・・。」という女の子はマットヘルスが向いていると思います。

デメリット

講習がきつい

女性 筋肉マットプレイの講習は、フェラや手コキの講習よりもかなり大変です。
マットプレイという特殊な技術を身につけるための講習なので、講習のシステムがしっかり作られていることが多いようです。
講習の時もそうですが、接客するようになってからも慣れないうちは筋肉痛になる女の子は少なくないようです。
普段の生活で使わない筋肉を使うのですから当然のことです。

発想を転換してみると、仕事をしてお金をもらいながらエクササイズできるとも考えられます。
一石二鳥ですね!

本番強要が多い

ヘルス業界全般にいえることですが、マットヘルスで本番強要をしてくるお客さんは多いです。

女の子としては、体を酷使してマットプレイサービスを提供しているのに、それに追い打ちをかけるように本番を強要されたら精神的にかなり辛いと思います。
お客さんたちはソープ感覚で「本番できるよね?」と当たり前かのように言ってきますが、そんな時はさらっとかわしてくださいね。

店舗数が少ない

メリットでは、店舗数が少なく希少価値が高いためマットヘルスは集客力があると書きました。

それも事実ですが、店舗数が少ないことにはデメリットもあります。
それは働くお店の選択肢が少ないということ、そして求人数が少ないということの2点です。
マットヘルスで働きたいのに、イマイチ自分に合うお店がないとなると、他のジャンルで働くことも視野に入れなくてはならなくなります。
またお店によってはアナル舐めがデフォルトなこともあるようです。

入店前にプレイ内容を確認してくださいね。

マットヘルスは未経験でも働けるのか?

マットプレイが未経験なのに、マットヘルスで働くことはできるのでしょうか?
こんな不安を抱いている女の子は少なくないと思います。

答えは「イエス」です!
先ほども少し触れましたが、マットヘルスにはしっかりとした講習があるお店がほとんどです。
きちんとプログラムされた講習があるとはいえ、初心者がすぐにプロ並みの技術を身につけることは難しいのが実情。
そんな状態でお客さんの前に出ても良いのか疑問を持つ女の子もたくさんいるようです。

実際のマットヘルス嬢の声を紹介してみます。
・最初は不安だったけど、ぎこちなくても一生懸命サービスしたらお客さんは満足してくれたよ。
・お客さんは初々しさを求めることが多くて、中には「マットプレイ評論家」みたいな人もいるけど、ほとんどの人がプロっぽさは求めてないよ。
風俗業界全般にいえることですが、男性客は「新人」や「初々しさ」「素人っぽさ」をとても喜びます。

マットヘルスでも同じようですね。
お店によっては、ほぼマットプレイ無しでベッドプレイをしたりと、本格的にマットプレイをしない女の子が在籍しているケースもあるようです。
また、どこのお店も風俗業界には珍しく長期間一つのお店に在籍している女の子も多いようです。
女の子の心身ともに負担が軽いからかもしれませんね。

マットヘルスのお給料

ローションマットヘルスのお給料はヘルスに比べると高く、ソープに比べると低い傾向にありますが、本番なしのジャンルでは効率的に稼げる部類に入ります。
一般的なマットヘルスのお給料は、プレイ時間が60分だと1万5000円〜2万円、90分だと3万円ほどが相場です。
60分コースの中には、ベッドを用意したり、ローションを準備したりする時間も含まれるので実際のサービス時間は30分ほどです。

まとめ

マットヘルスは効率的に稼げるジャンルだということがわかりました。
しかしながら体力と筋力が必要なお仕事でもあります。
求人情報をみて、自分に合っているか賢く見極めてみてくださいね。

最後に注意です。
マットヘルスでは大量のローションを使います。
アレルギー体質のかたは前もってローションにアレルギーがあるかどうかチェックしてくださいね。