ノルマを楽々達成できるランカーマットヘルス嬢が行っている事

2023年12月14日

3dman_eu / Pixabay

こんにちは!
今回はランカーマットヘルス嬢について調べてみました。
ランカーマットヘルス嬢はノルマを簡単に達成できるのでしょうか?

また彼女たちはどんな工夫をしているのでしょうか?
まとめてみます。

風俗にノルマや罰金てあるの?

ランカー嬢について書く前に、そもそも風俗のお仕事にノルマや罰金はあるのでしょうか?
調べてみました。

風俗店にノルマは基本ない

ノルマはどんな職種にもあります。
例えば、化粧品の販売の場合Aさんは1ヶ月につき100万円の売り上げを上げてください、という設定がノルマというものです。

この例は個人のノルマですが、職種によっては店単位、会社単位などさまざまです。
ノルマは一般的に達成されるとボーナスが支給されることもありますが、下回るとペナルティが科せられることもあります。
風俗業界では一部のお店でのもノルマが設定されています。
指名本数や出勤日数をノルマとして、達成できればお小遣いがもらえることもありますが、達成できなければ罰金や減給が待っていることもあります。

しかしこれは例外です。
風俗店では基本的に女の子にノルマを科していません。
その理由は、風俗は接客をしてはじめて女の子にお給料が発生する完全歩合制のお仕事だからです。
普通の会社のように、出勤しただけではお給料はもらえません。

もしもお茶をひいてしまえば、その日のお給料はゼロです。
そのため女性のモチベーションを高く保つためにも、風俗店ではノルマを設定していないのが一般的です。
さらに例外は、一部の風俗店と日給保証をもらっている女の子です。
日給保証をもらっている女の子は、保証金を出してでもお店が女の子に働いてもらいたいといういわゆる特別枠の女性です。

このような女性の場合は、週に○日・最低○時間以上勤務しなければならないと決められています。
もしもその決まりを守れなかった場合は、保証が減額されたり保証を受けられなくなったりします。

風俗の罰金について

ペナルティ風俗での罰金とは、お店やお客さんにたいして明らかに迷惑をかけた場合にお店から請求されることのあるペナルティです。

この罰金制度もごく一部の風俗店のみにあります。

罰金の例

・遅刻
・無断欠勤
・当日欠勤
・男性スタッフと恋愛関係になった場合
・お店で禁止されている行為をした場合
などです。

遅刻や当欠(当日欠勤)を1度や2度したくらいでは罰金をとられることはほとんどないようです。
遅刻の常習犯だったり、せっかく予約してくれたお客さんを待たせてしまったりと、何度も迷惑かけたり無断欠勤を繰り返した場合は罰金をとるお店もあります。
罰金は女の子にたいする最終手段で、実際に罰金をとる前に最後通告のような厳重注意がお店からあるケースが多いようです。
あまりにも勝手な行動はお店からすれば大きな損害につながりかねません。

いくら注意しても改善の余地がないとみなされれば、最悪クビになることもあるようです。

店外デートなども罰金の対象

お店で禁止されている行為といえばやはり店外デートです。
お客さんと風俗嬢が個人的にお店の外で会うことをいいます。

なぜ禁止されているかというと、直引きの可能性があるからです。
直引きとは、風俗嬢がお店を通さずにお客さんに性的サービスを提供するという意味です。
普段は、お客さんが払うプレイ料金からお店の取り分を引いたものが女の子のお給料として渡されます。
お店の取り分がお店の売り上げとなるのです。

女の子に直引きされてしまっては、お店は商売あがったりです。
お店の利益が減り、大きな損害となる可能性があるため店外デートは禁止されています。
もしもそのルールを破ってしまった場合は、罰金又は損害賠償といった形で女の子に請求されことがあります。
またお店の男性スタッフと女の子が恋愛関係に発展した場合も罰金をとられることがあります。

風俗店では一般的に絶対タブーの行為です。
この場合の罰金は50万円とか100万円など高額なケースが多く、男性スタッフだけ請求される場合、女の子にも請求する場合もあります。
他のスタッフへの見せしめとして高額な罰金を設定しているようです。
お店の雰囲気が悪くなれば、女の子が他のお店へ移ってしまうなどお店の経営にも直接影響があるといえます。

ほとんどの店でノルマや罰金はない

風俗店の罰金やノルマは一部の店をのぞいてないのが実情のようです。
ノルマや罰金のシステムがあるお店は、あまり良心的でない可能性もあるので、入店する前に確認してください。

ランカー嬢とは

ランカー嬢とはズバリそのまま人気嬢のことです。
人気のバロメーターはやはり指名の本数です。
指名をたくさん取れるような売れっ子風俗嬢は「ランカー嬢」とか「ナンバー」などと呼ばれます。
ランカーという言葉はランキングの上位者という意味があるようですよ。

ランカー嬢になるためには

風俗でお仕事をするからには、売れっ子になりたい!と思う女性がほとんどだと思います。
何も努力せずにランカー嬢になれるのはほんのひとにぎりの恵まれた女性のみ。
ほとんどのランカー嬢たちはお客さんをひきつけるための努力をしています。

ではどうすればランカー嬢になれるのか、ランカー嬢たちがしている工夫を紹介してみます。

ことばづかいが丁寧

吹き出し意外かもしれませんが、一般的に風俗接客でもことばづかいが丁寧な女の子にお客さんはリピートする傾向にあるんです。
丁寧なことばづかいができる女性に、男性は好感持ちます。

それはお客さんだけでなくスタッフでも同じです。
どんな仕事でも礼儀正しい女性は好かれます。
スタッフに好かれることも人気嬢への第一歩です。
またお客さんからすれば、敬語を話す礼儀正しい女性がエッチなことをするというギャップに興奮することも多いんだとか。

お客さんの中には親しげに接して欲しいと考える人もいるので、そういう人にはタメ口が喜ばれます。

お客さんを好きになる

風俗で遊ぶ男性たちは、性的欲求を満たしたいというのはもちろんですが、実は女の子にとても好かれたいとも思っています。
風俗で働く女性は、お客さんから「惚れられてなんぼ」といいますが、実はお客さんを好きになれる女の子はランカー嬢であることが非常に多いんです。

人間同士なので気持ちは当然通いあいます。
誰でもわけ隔てなく好きになるというのは難しいかもしれませんが、お客さんを大切だと思うことはできると思います。
お客さんといる時間をなるべく楽しく過ごせるように心がけてみてください。
自分といてこの子は楽しいんだなと思ってもらうのも、お客さんへのサービスです。

好き嫌いがない

お客さんを好きになると重なる部分もありますが、人を見て態度を変える女の子は売れっ子になれません。
この人はたまにしか来ないからプレイの手を抜こう、などと態度を変えてしまう女の子はランカーになるどころかどんどん順位を下げてしまう傾向にあります。
反対にどんなお客さんにたいしても手を抜かず、時間をごまかすこともない女の子は順位を上げ、ランカーの仲間入りすることも少なくありません。

スタッフとの信頼関係

ランカー嬢になるためにはスタッフの協力が必要不可欠です。
スタッフと信頼関係を築ければ、お客さんを回してもらいやすくなります。
もしも困ったことがあっても相談にも乗ってくれるでしょう。

スタッフにたいしても普段から礼儀正しく接するようにしてみてください。

お客さんノートをつける

メモ売れっ子の風俗嬢は1度ついたお客さんについて、お客さんノートをつけています。
たくさんのお客さんを相手にするため、ひとりひとりのお客さんの好みや性格を覚えておくのは至難の技です。

その時役立つのがこのお客さんノートです。
例えばお客さんの性格、プレイの好みだけででなく、お誕生日、サービスした時につけた下着、下着の好み、趣味、仕事、家族のことなどがメモされています。
実は風俗嬢に限らず、敏腕ビジネスマンやトップ営業マンなど仕事のできる人はこのようなノートをつけていることが多いようです。
前回遊びに来てくれた時の会話内容や好きな食べ物など、何気ないことを覚えていてくれればお客さんは嬉しいものです。

お客さんノートは風俗嬢の命でもある指名獲得への近道ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マットヘルスでも他の業種でもランカー嬢になるための要素は変わりません。

参考にしてみてくださいね。