マットヘルスで本番行為は違法です。でもやってる人多い?

2023年12月14日

succo / Pixabay

マットヘルスでの本番行為に関してですが、基本的には違法になります。
ただ、実際のところ本番をしている風俗嬢も少なくないと言われています。

もちろんそれなりの理由が存在しているから行う訳ですが、これに関してのメリットとデメリットについて迫ります。
上手く活用する事ができれば相当な収入増が期待できます。
その一方で違法行為をしているという罪悪感を感じるので、その辺りは考えどころになるでしょう。

本番はしてはいけない事になっている

マットヘルスで本番行為は違法です。でもやってる人多い?風俗には本番が可能なものと、そうでないものがあります。
可能となっているのがソープランドやちょんの間になります。
厳密にはこれらも禁止になってはいますが、グレーゾーンという事で半ば黙認されています。

その一方、それ以外の風俗店に関しては禁止になっています。
どこまでがOKでどこからが問題になるかですが、ペニスを膣内に挿入したかどうかというのが、その分かれ目になります。
かなり細かいポイントですが、ここは結構重要です。
そもそも何故この様な行為が違法になっているかですが、それを理解するためには敗戦後の日本の歴史を知る必要があります。

当時、戦争に負けた日本はお金に困っていました。
誰もが貧困状態といった感じで、風俗で稼ごうとする女性は後を絶ちませんでした。
現在でこそ避妊の方法は確立されていますが、当時はその辺りもいい加減でしたから、仕事をした結果としてお客さんの赤ちゃんを妊娠してしまうという事も珍しくなかった訳です。
また、得られる金額そのものも殆んどお店側に行ってしまって、女の子の手取りが少ないという問題もありました。

ある意味で女の子たちは被害者とも言えるわけですから、それを保護する目的で風営法等の法律が作られていった訳です。
これは確かに当時の時代背景を考えれば理解する事ができます。
しかし、それから数十年の時が経ち、状況が大きく変わった事は考慮しなくてはいけないでしょう。
とは言え、未だにこういった行為が売春という言葉で括られてしまっているのが現実です。

その事を十分に理解しておかなくてはいけません。
この状態を変えて行きたいのなら、選挙で風営法の改正に取り組んでいる議員に投票するなどしていくという事が大切です。
また、ブログなどでそういった自分の考え方を発信してもいいでしょう。
罰せられるかどうかはともかくとして、今現在は違法になっているという事だけは認識しておいてください。

どれくらいの女の子が本番をしているか

では、実際にマットヘルス店でどれぐらいの割合で女の子たちが本番をしているのでしょうか?
これについてですが、残念ながら正確な数値を示すことはできません。

これは考えてみれば当たり前という事になります。
お店であるとか風俗サイトがアンケートを取るわけにはいかないからです。
もしここで女の子たちが「本番をしています」等と答えてしまえば、自ら違法行為をしていると宣言しているに等しい事になってしまいます。
ですので、これに関する調査等は行われていない訳です。

ですので、これに対する答えは感覚的なものになってしまいます。
数人に1人程度といった所でしょうか。
それくらいの女の子がやっているのではと推測されます。
特別魅力的でもない女の子がやたらと指名されているというケースなんかの場合はその疑いが濃厚です。

と言っても確実な証拠を掴むことができませんから、本当の所どうなのかは分りません。
ネットの書き込みでお客さんがアレコレ書いていたりしますが、これについても同様になるでしょう。
ただ、ここまで本番にこだわるのであれば、最初からマットヘルス店ではなくてソープで働くのではという気もします。
こちらですと違法行為をしている感じではなくなるからです。

プレイの質が異なるのでは?
という感じですが、マットヘルスとソープは内容的にはよく似ています。
ソープでもマットプレイが行われるケースが多いからです。
もし、そういった事を知らずにマット店で働いているならソープ店への移籍も考えていただきたい所です。

そもそもそんな曖昧な法律そのものが間違っていると言いたい所ですが、現実問題としてその様なルールになってしまっている訳ですから、基本的には受け入れざるを得ないでしょう。
ただ、それを守るかどうかの最終判断は皆さんの考え方次第になります。
正直に守ってそれなりの収入を得るか、みんなには秘密で解禁して沢山の指名を得るかというのは悩みどころです。
これは他人がどうこう言える事ではありません。

自分自身で決めるという事が大切になるでしょう。

やるからには秘密にしなくてはいけない

コンドーム色々な事を考えた上で本番をすると決めたなら、その事を徹底して秘密にしなくてはいけません。
本当の事を言ってしまえばそれは犯罪になってしまうからです。

身近なスタッフさんに対しても言わない様にしてください。
援助交際ならここまで悩む必要もないのにといった感じかも知れませんが、お店の管理下でないと様々な不安を抱えることになるのでマイナス面も少なくありません。
ここは風俗店に在籍した上で頑張るのが得策でしょう。
一番やってしまってはいけないのは、ブログにプレイ内容を書いてしまうという事です。

「中にいっぱい出してもらった」みたいな事を書いてしまってはいけません。
どうしてかというと、それ自体が本番行為の証拠になってしまうからです。
ブログを投稿する際はその内容を何度か確認する様にしてください。
書いた物をそのままアップすると、とんでもない事態になってしまう恐れがあります。

書いてから少し時間を空けるのが基本になるでしょう。
また、同じお仕事をしているお店の女の子にも黙っている様にしてください。
その子との関係が良好であれば問題ありませんが、もし相手がアナタを嫌いな場合は、その事を警察に喋ってしまう可能性も考えられます。
そうすると話がややこしいことになるので、黙っておくようにしてください。

現場に突然踏み込まれるような事があれば別ですが、普通にプレイをしていて本番しているかどうかというのは分かり様がありません。
つまり余計な事は喋らないようにしてくださいという事です。
もし、本番だけはしたくないのでしたら、それを上回る接客スキルであるとか、ルックスが必要になるでしょう。
この業界は皆さんが思っている以上にお客さんの目が厳しいです。

楽して稼げるのは一握りの可愛い女の子だけになります。
そうでない人はそれ以外の工夫が絶対に必要になります。
頑張れないなら本番行為の解禁もやむなしでしょう。
才能が無いなら本番を売りにするよりありません。

するのならS着が基本になる

禁止迷った結果として本番をするのなら、やはりS着が基本になります。
これは皆さんの安全を確保するための最低限の対策です。

そうする事によって妊娠と性病のリスクを劇的に下げることができます。
全くのゼロになる訳ではありませんが、これにより安心感を得ることができるでしょう。
これと同時に性病検査もしっかり行っておくようにしてください。
万が一の事態も考えられますから、それに対処するためです。

最初からこの様な行為が合法であれば有り難いのですが、現状はそうなっていません。
これに対してどのように応じるかは皆さんの考え方次第です。
法律を素直に守るのが基本になりますが、罰せられるリスク自体が少ないので本番をするのも選択肢としてはありでしょう。