マットヘルスで遅刻・早退・当欠したら罰金とられるのは当たり前?

2023年12月14日

Arulonline / Pixabay

真面目な女の子からすれば関係ない話かも知れませんが、もし、遅刻・早退・当欠した場合はどの様になってしまうのか気になる所です。
やはり何らかのペナルティ、例えば罰金を取られてしまう事になるのでしょうか?
ここでは一般的なケースを中心にして見ていく事にします。

できれば遅刻等しない方がいいのですが、それぞれの女の子の事情もあるでしょうから、そうなってしまう可能性も十分にあり得ます。
今後に備えてまずはこちらを一通り読んでおいてください。

予約客がいなければ遅刻しても構わない

マットヘルスで遅刻・早退・当欠したら罰金とられるのは当たり前?遅刻に関してですが、これは女の子の人気度によっても違ってきます。
予約のお客さんがいないという場合は殆んど気にする必要はありません。
フリーのお客さんの相手をする時間が減ってしまうので、そういう意味ではマイナスになってしまいますが、皆さんにとっての損と言えば精々そのくらいです。
ただ、困ってしまうのは予約しているお客さんがいる場合でしょう。

待たせてしまう事になるので、これだけは避けなくてはいけません。
もしその様になった場合どうなるかですが、お客さんがしばらく待ってくれる事が大半です。
怒って帰ってしまうケースが無い訳ではないですが、極めて稀です。
風俗店というのは基本的に女の子側が上位に立っているので、この様なワガママが許されるという訳です。

しかし、こういった事を続けていると信頼が無くなってしまいます。
約束を守り続けてお客さんからの信頼を勝ち取るようにしてください。
遅刻しないために大切なのは、やはり目覚まし時計のセットになります。
最近は時計ではなくて携帯電話のアラームを利用するケースが多いので、絶対にセットしておいてください。

もちろん、充電をしておかなくてはいけないのは言うまでもありません。
スマホの電池は結構切れやすいです。
そうなってしまうと目覚まし時計としての利用が不可になってしまいますし、お店側からの連絡も期待できない事になります。
こういった事に備えて、本物の目覚まし時計を1つか2つ購入しておく事をオススメします。

そうすれば予定時刻に起床するという事が可能になります。
学生時代なんかですと登校時間というのが決められていて、それが当たり前だった訳ですけど、風俗で働き出すと自由度が飛躍的に高まるので、この辺りがルーズになってしまいがちです。
自分を律するようにしてください。
こういった事がしっかりできていれば収入も安定してくる事でしょう。

早退は必ずしも悪いことではない

予定していたマットヘルスのお仕事を切り上げて、早い内に自宅に帰ることを早退と言います。
予定通りのシフトで頑張れなかったという事で干されることになったり、クビになるのではと恐れているかも知れませんが、基本的にそのような事はありません。

何らかの理由によって風俗嬢が早退するのは特段珍しい事ではないからです。
どれくらいの規模の風俗店なのかにもよりますが、1日2、3人が早退するという事も普通にあります。
突然の生理などが理由としては多いです。
その他には熱が出たとか、それ以外の体調不良等理由は様々です。

キャンセル特に体調が悪くなった訳ではないけれど、急用ができたからという事もあります。
これもやはりマナーなどの面からできれば避けておきたい所ですが、遅刻に比べれば許されやすいという事になります。
体調が悪いと言っている女の子に無理して接客しろというお客さんはさすがにいません。
皆さんも遠慮する事なく早い内に自宅に帰って身体を休めるようにしてください。

良くないのは無理して働き続けて、お客さんの目の前で何らかの失敗をしてしまうというパターンです。
例えば気持ち悪くなって目の前で吐いてしまったとなれば、取り返しのつかない事態になってしまいます。
もちろん、お客さんは心配してくれるでしょうけど、内心では随分迷惑な事をされたという気持ちになってしまうはずです。
この様にならないために、今日は無理そうだなと思った場合は早い内に早退するとお店側に伝えるようにしてください。

ただ、いくら早退しても構わないとは言っても、予め予測できる事に関しては対処しておく必要があります。
生理などは代表的な物でしょう。
確実にではありませんが、ある程度の目安というのがある訳ですから、その事を前提に出勤予定を提出しておくようにしてください。
やや日にちに余裕を持たせておくと良いでしょう。

とにかく沢山出勤して稼ぎたいという理由で無理をする女の子もいますけど、逆に身体を壊しかねないので注意してください。

当日欠勤の際はお店に連絡しよう

先程の早退と似ているのが当日欠勤です。

この時にやらなくてはいけないのはお店側への連絡になります。
なるべく早い段階で伝えるようにしてください。
予約してくれたお客さんがいるという事もありますから、そういう人達に配慮するためです。
マットヘルス店側はお客さんの電話番号を控えていますので、当欠で出勤できなくなったという事をお客さんに伝えてくれます。

何も連絡しないでいるとお客さんとお店に迷惑が掛かってしまいます。
体調が悪くなった場合は止むを得ないですが、それ以外の理由での当欠は極力避けるようにしてください。
その最大の理由は、やはり収入が落ち込んでしまうからです。
面倒くさいから休んでしまいがちですけど、これを続けてしまうとどうしてもそれが当たり前なってしまいます。

休むことに慣れてしまう事があってはいけません。
働き続けてそれに慣れるという事が大切です。
続けることによってそれが当たり前になっていくからです。
予め最初の段階で月に何日間働くかを決めておくと余計な事で頭を悩ませる必要がなくなります。

今月は休んだ日にちが多いから、目標達成できそうに無いとなれば1週間連続で出勤するという具合です。
無理そうな気もしますけど、マットヘルスのお仕事自体はそれ程重労働ではありませんからどうにかなるはずです。
体を動かすので肉体労働の様に見えますけど、特にどこかが筋肉痛になるなんて事もありません。
何人ものお客さんの相手をしても体は元気という事が大半です。

風俗店は1日で大金が稼げますので、無理して働かなくてもいいかという気持ちになってしまいがちです。
確かに今はそれで良いかも知れませんが、年齢を重ねると共に稼げなくなって行くという現実がある訳ですから、早い内にお金を貯めておくという事が肝要です。
熟女店で働けばいいやと考えている女の子もいますけど、どうしても稼げる金額が少なくなります。
稼ぐ事ができるとは言っても額が少なくなるので、それを前提に働かなくてはいけません。

何れにしても罰金の支払いはない

OK遅刻・早退・当欠の何れにしても、それをしたからといってお店側に罰金を支払わなくてはいけないなんて事はありません。
嘘だと思うのでしたら面接等でお店側に聞いておいてください。

きっと同じ答えが返ってきます。
そうなれば安心して休めるなんて思ってしまったかも知れませんが、そういう考え方ではいけません。
こうならないように注意して出勤するのが基本になるでしょう。
自宅からお店に出勤するという感じではなくて、お店そのものを自宅だと思うくらいが丁度いいです。

自宅には寝るためだけに帰る位のつもりでいてください。
早い内にお金を稼ぐ事ができれば、それだけ引退も早くなる訳ですから、皆様にとっても都合が良いという事になるでしょう。