マットヘルスに繁忙期とかありますか?客入りは季節で変わる?

2023年12月14日

PublicDomainPictures / Pixabay

こんにちは!
今回はマットヘルスの繁忙期について調べてみました。

風俗業界の繁忙期

どこの業界でもあるように、風俗業界にも繁忙期があります!
風俗業界の繁忙期、それは年末年始です。
年末年始はゆっくり休みたいというのが心情ですが、稼ぎたいなら大きなチャンスです。

お客さんの懐が温かい年末年始

年始年末年始のお客さんはお金にも時間にも余裕がある傾向だといえます。
特にサラリーマンならばボーナスが出た直後なので、お金に余裕があることが多いです。
そのため、普段は風俗が通いをする余裕のない男性も、この機会にと遊びにきてくれます。

また常連ならば、いつもつけないオプションをつけてくれたり、延長をしてくれたり、人によってはチップをはずんでくれる確率もアップします。

年末年始は客入りが良い

一般的にいって平日の昼間の時間帯はお客さんが少ないことが多いです。
しかし年末年始ともなると仕事が休みになるため、いつも週末や夜の時間帯にしか来ないお客さんが昼の時間を狙って来てくれるようです。

また実家に帰省している独身男性や、実家に妻だけ帰ってしまった既婚男性が暇を利用して遊びに来てくれることもあります。
いつもは昼の時間帯に入らない風俗嬢も、年末年始の時期だけでも長めに勤務してみれば思わぬ実入りになるかもしれませんよ。
また「姫はじめ」を楽しみにしている人もいます。
「姫はじめ」とは、新年の3が日のうちにする風俗遊びのことです。

特別感を味わいにたくさんの男性が訪れるようです。
またロングコースを入れてもらいやすい時期でもあります。
プレイ時間が長くなれば客単価がアップ!
うれしいですね。

年末年始は団体客も

忘年会や新年会など宴会の流れで、団体で風俗に来るお客さんもいます。
もちろん、ほとんど皆さん酔っ払っています・・・。
特に集団の場合は、ひとりで遊びに来た時よりも気持ちが大きくなる傾向にあるため、厄介なお客さんが多いのも事実です。

酔っ払ったお客さんを相手にするのはできれば避けたいですよね。
ひどい泥酔客は受付で断ってくれます。
酔客は絶対NGという女の子はスタッフに相談してみると良いかも知れません。
さて、そんな団体客ですがいつもは風俗遊びをしない男性が遊びに来てくれる機会でもあります

またリピーターを作って、たくさん稼ぐチャンスでもあります。
酔ったお客さんの相手は難しいかも知れませんが、稼げるチャンスだということは忘れずに覚えておいてください。
観光地によっては、デリヘルが大繁盛することもあるようです。

年末年始は人手不足

年末年始に客入りが良いことはわかりました。
年末年始の風俗は稼ぎ時にもかかわらず、実は人手不足です。
大学生のアルバイトの女の子は故郷に帰省してしまったり、旅行に行ってしまったりすることが多く、結婚していたり子供がいたりする女性は家族と一緒に過ごす人がほとんどです。
そのため、お店は出勤してくれる女の子を確保するのにかなり必死になります。

プレゼント女の子を確保するために、年末年始の特別手当やボーナス、クリスマスプレゼントなどを支給してくれるケースもあります。
お店によって待遇はさまざまなので、気になる人は問い合わせてみてくださいね。
また、臨時で女の子の求人を出すお店も少なくありません。
それだけ人員確保が難しい時期なんですね。

この時期を追い風ととり、風俗のお仕事を始めるのもひとつの方法です。
お店側はとにかく人員を確保したいので、普段よりも面接での採用基準が少しゆるくなることもあるんだとか。
無理目なお店で働くチャンスともいえます。

年末年始はフリーの客が多い

年末年始に遊びに来るお客さんはフリー客が多い傾向にあります。
人気嬢は年末年始ともなると当然、指名で出勤日が埋まります。
フリー客が多いこの時期は、指名客が少ない女の子でも稼ぐチャンスです。
一時的にはフリー客で稼げても、帰省先や旅行先で風俗を利用したお客さんの場合、リピーターになってくれるのは難しいと思ってください。

またフリーのお客さんは指名料のバックがないため、本指名のお客さんよりも手取りは安くなってしまいます。
それでも指名を返せない女の子にとっては、お客さんがたくさん来店する分稼げる期間だといえます。

客層は良くない・・・

年末年始は繁忙期ですが、それゆえに客層は良くないです。

先ほども触れましたが酔っ払いがたくさん来たり、遊びなれていないお客さんが多かったりします。
本番強要や店外デートをしつこく誘ってくる男性もいるかもしれません。
そのため人気嬢の中にはあえて年末年始には出勤しない女の子もいます。
年末年始に出勤するかどうか、風俗嬢の本音を紹介してみます。

・クリスマスとか大晦日、元旦は客は少ないけど、それ以外はかき入れ時!私は出勤するよ。
・普段来ないのに年末年始になると来てくれるお客さんもいるよね。
・クリスマスは本指名なら入るな。
・年末年始は稼げるけどフリー客ばっかだから本指名に繋がらない。

・年末年始は流れの客ばっかり。偉そうな酔っ払いばかり相手にしてて疲れた。
・年末年始は地方客ばっかで本指名ないよ。
・クリスマス過ぎると忘年会の客ばかりでめんどい。

・稼ぎ時だから年末年始は出勤して、2月の閑散期に休むよ。
・酔っ払いの相手したくないから正月は出ない。
・年末年始は女の子が足りてないから稼ぎ時だよ。
年始はお年玉目当てで出勤する。

・年末年始は客層最悪。がっつき客が多い。
・客層最悪でリピーターにもならないから適当にサービスしてる。
・年末年始は客層が悪いのは覚悟しましょう

年末年始以外にも「ゴールデンウィーク」と「6月・7月」は風俗業界で繁忙期とされています。
一般的なサラリーマンは6月や7月に夏のボーナスが支給され、また夏休みとも重なるため、年末年始と
同様にお客さんが増えます。
ゴールデンウィークも年末年始や夏休みと同じく、旅行や帰省をする機会が増える時期です。

そのためふらっと風俗に遊びに来る男性も増えます。
このように大型連休に合わせて風俗の繁忙期がやってくるようです。
マットヘルスの繁忙期も他の風俗と同じ周期で巡ってきます。
うまくタイミングを生かしてたくさん稼ぎましょう!

風俗の閑散期

繁忙期があれば閑散期もやってきます。
風俗の閑散期はお客さんが仕事や行事などで忙しくなるタイミング、ボーナスなどお金を使い果たしてしまったタイミングで巡ってきます。

2月・3月

この時期に冬のボーナスを使い果たしてしまう男性が多く、また3月は年度末のため会社勤めの男性は仕事で非常に忙しくなります。
また4月からの新生活で何かと入り用だったり、送別会でお金が必要だったりと出費がかさむ時期でもあります。
この時期は指名客を確保できていない女の子にとってはかなり厳しい時期です。

10月・11月

秋2月3月に次いでの閑散期です。
お客さんは夏休みにボーナスを使い果たし、冬のボーナスをもらうまでしばらく間が空いてしまうため、財布の紐が固くなる時期だといわれています。
また年末年始の繁忙期に向けて、お店側は女の子確保に走る時期です。
そのため在籍する女の子の数は増えるのに、お客さんの数は増えないため女の子が稼げない悪循環の時でもあります。

元旦は休息を

年末年始はつきっぱなしのこともあるほどの繁忙期ですが、元旦だけはおやすみにしているお店は多いです。
元日は家族と過ごすという男性客も多く、女の子も元旦ぐらいは家族と過ごしたいという人が多いため休みにしているようです。
大晦日から元日まで、オキニの女の子と過ごす男性客もいるようですが、普段よりも早く閉店している風俗店も少なからずあります。

年末年始が頑張って稼ごう!という女の子も元日はゆっくり体を休めてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
マットヘルスも他の風俗と同じで、年末年始が繁忙期です。

季節やタイミングによって客入りは変わります。
繁忙期はともかく、閑散期にも安定して稼ぐためには指名客を確保する必要があるようです。
閑散期の対策は日々の努力にあります。
閑散期に暇すぎる!お茶をひいてしまった!といことがないように自分なりに工夫して頑張ってみてください!