マットヘルスと昼職の掛け持ちは難しい?営業時間は全部24時まで?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

こんにちは!
今回は昼職と夜のお仕事の掛け持ちは難しいのか、特にマットヘルスについて調べてみました。

昼職との掛け持ち

風俗のお仕事とお昼のお仕事または学業を掛け持ちしたいという女性はかなりたくさんいます。
そこで今回は昼職と風俗のお仕事の掛け持ちについてまとめてみたいと思います。
少し景気が回復してきたとはいえ、世の中の会社勤めをする女性のお給料は一般的にいって充分とはいえません。

もしも都市部で働いている女性ならば家賃の額も安いとはいえず、家賃を引いた中から生活費や美容代、洋服代などを捻出しなくてはなりません。
実際に欲しいものを買えず、美容院代も節約しながら生活している女性は少なくありません。
節約家庭の事情で親の治療費や学費などを出さなければならないケースもあるでしょう。
そこでもっと自由になるお金が欲しいという考えから、昼間の仕事を本職として、風俗を副業としている人も増えているようです。

風俗の求人でも「副業・ダブルワークOK!」と書いてあるお店がよくあります。
副業をNGとしている企業は多く、また風俗のお仕事は今でも世間体の良いものではないため、会社にバレると大騒動となります。
そのようなトラブルを避けるためにも、会社には内緒で風俗嬢をしている女の子がほとんどです。
それは学生の場合も同じで、大学や専門学校などにバレないよう働いている女の子ばかりです。

反対に風俗店では、OLや学生であることは問題になりません。
むしろコンセプトによってはそれを売りにすることもあるかもしれません。
また掛け持ちという意味では、風俗店を掛け持ちするケースもあります。
このケースは基本的にあまり歓迎されることはありません。

お店によっては掛け持ちを禁止しているお店もあるほどなので注意してください。

昼職との掛け持ち

お昼のお仕事を本業にして風俗嬢を兼務する女性の職種は、普通のOL、家庭教師、ショップ店員、保育士、インストラクターなどさまざまです。
店舗型風俗店の場合は、本業の終わりから夜中24時ころまでにかけてソープやファッションヘルス、マットヘルスなどのお仕事をすることになります。

店舗型の風俗店は風営法で営業時間は24時までと定められているからです。
デリヘルなら24時間営業なので勤務時間が比較的自由に選べます。
また平日は本業に集中して、週末だけ風俗店で働くというスタイルもあります。
普通のお昼のお仕事ならば1日9時間拘束されることが多いと思いますが、風俗の場合は2〜3時間だけ働くことも可能です。

そのため平日の本業終わりからちょっとお仕事したいなという女性にも適しているといえます。
また風俗バイトの魅力はやはり高額なお給料です。
OLのお仕事で20万円稼ごうと思えば1ヶ月フルで出勤しなければなりません。
しかし風俗のお仕事ならば1日で10万円の手取りをもらうのもまったく夢ではなのです。

お昼のお仕事と風俗のお仕事は比較的簡単に掛け持ちできます。
そのため、掛け持ちでお仕事する女性は非常に増えているようです。

風俗専業はちょっと考えて

考える 女お昼のお仕事に比べて効率的に稼げるのが風俗のお仕事です。

そのため、お昼の仕事がバカバカしくなって、風俗1本に絞ろうと考える女性もいますが、1度よく考えてみてください。
風俗のお仕事は、よほど容姿端麗な女性をのぞいて一般的に短い期間しかできないお仕事です。
本指名を返せなければ収入も不安定な職種です。
また風俗のお仕事は精神的にも肉体的にもかなりハードです。

風俗嬢でいることが辛くなった時、お昼の仕事があるということだけでどれだけ気持ちが楽になることか。
目先の高収入は魅力ですが、昼職はキープすることをおすすめします。
どうしても風俗嬢1本でやっていきたいという女性は、その道でがんばるのもひとつの方法です。
お昼の仕事に戻りたいと思った時に戻りやすいよう、資格を取っておくと安心かもしれません。

履歴書には職歴を書く欄がありますが、風俗でお仕事していたことがバレないようにと、適当な会社名を書いてごまかすのはNGです。
問い合わせをしたり、源泉徴収書を要求された場合にすぐ嘘がバレてしまいます。
バレる嘘はつかずに、その期間は漫画家になる夢を追って仕事についていなかったなど仕事に就かなかった理由を説明してください。

会社バレしないために

お昼の仕事と風俗を掛け持ちしていると、場合によっては周囲の人にバレてしまうことがあります。
特に会社バレは避けたいものです。
バレでしまう原因として確定申告や年末調整によって、会社の同僚や知人に目撃されて噂が広まってしまうことが考えられます。
それを避けるためにアリバイ会社を利用するというのがひとつの方法です。

アリバイ会社を利用すれば夜間はスーパーでバイトしているなどという設定で、アリバイを証明してくれます。
風俗の収入は「雑所得」として確定申告すればバレないようです。
またお客さんについてみたら知人だった、同僚だったという事態を避けるためには、事前にお客さんの顔を確認できるようにカメラやマジックミラーを採用しているお店を選ぶと良いです。
親バレ、友人バレを嫌がる風俗嬢はたくさんいます。

そのための体制が整っているお店は少なくありません。
また、生活エリア外の地域にある風俗店で働くというのもアリです。
友人や知人に遭遇する確率はぐんと下がります。
(100パーセントではありませんが)

移動に時間がかかってしまうのがマイナス点ですが、精神的には少し負担が減るのではないでしょうか。

掛け持ちするコツ

昼夜風俗のお仕事は肉体的にも精神的にもハードなお仕事なので、自分の体は自分で管理することが大切です。
オーバーワークになってしまわないようにまず気をつけてください。

副業のせいで本業に支障が出ては本末転倒です。
それだけでなく、無理をすれば副業である風俗ワークにも支障は出てしまいます。
もしもプレイ中にあくびが止まらないなどとなってしまえば、最悪お客さんからクレームをつけられてしまうこともあります。
無理をしないためにも、自分の体調をちゃんと把握して、風俗のお仕事の出勤日数などは調整してください。

完全自由出勤の風俗店の場合、今週は生理前で体調が悪いから出勤日を減らして、来週の生理明けからは出勤日を増やすということもできます。
お昼の仕事でさえも退勤時間にはクタクタに疲れているという人もいるでしょう。
そのうえ風俗のお仕事をするとなると、かなりの体力勝負となります。
人によりますが、どちらのお仕事も問題なくこなせるボーダーラインは週に3日までといわれています。

なるべく出勤を自由に調整できるお店を探したり、体験入店をしてお店の雰囲気をつかむなど、自分に合ったお店を選んでください。
実際に昼職と風俗を掛け持ちしている女性の体験談を紹介してみます。
・昼はパチンコ店でジム、夜はヘルスだよ。ヘルスは週に2〜3日。
・昼は派遣で、昼職が休みの前日にデリやってます。今は週1でデリ。それ以上になると昼職に支障が出る。
・私も週末のみ風俗嬢。昼職の自分がいるから精神のバランスが取れてる。
・昼はエステティシャンで週2でホテヘル。
・平日は派遣OL、平日週2で会社終わりからデリ、休日はホテヘル。完全な休みは月に1〜2日だけだよ。
・8時~14時で週4でカフェバイト、15時~22時まで週5でエステ。ちなみに学生です。学費払ってます。
・平日は9時〜17時で会社員、週3で18時から24時ラストまで箱ヘル。私にはベストバランス。
・普段は会社員で日曜のみヘルスの早番。
・平日は昼職で金土のみ風俗嬢。意外と貯金たまったよ。
・昼は事務職で週3で箱ヘル。風俗に専念するよりは普通の結婚ができるかなと思って。
・昼は会社受付で休日だけ風俗嬢。生理休暇は買い物しまくり。
・会社が休みの日のみ週1でヘルス。指名で埋まるし、風俗の仕事嫌になってもメインの仕事あるからストレスフリーだよ。気楽気楽。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マットヘルスに限らずですが、昼職とうまくバランスを取れば掛け持ちはできるようです。
風俗は肉体的にも精神的にもハードで、疲労がたまりやすいお仕事でもあります。
無理をすることはおすすめできません。

自分に合ったお店を見つけて体調管理しながら働いてくださいね。