マットヘルスで嫌な客にはあえて地雷嬢を演じるのもアリ!?

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

マットヘルスを始めとする風俗に務めていると嫌な客にあたることもあります。
普段は指名をとるために丁寧な接客を心がけている風俗嬢でも、あえて地雷嬢を演じることがあります。

地雷嬢、地雷接客とはどのようなものでしょうか?
そして、やっていいものなのでしょうか?

地雷嬢、地雷接客とは?

地雷嬢、地雷接客とはなんでしょうか?
それはサービスが悪い接客やそれをする風俗嬢のことを指します。

地雷接客を行う地雷嬢は本来、お店にもお客さんにも嫌われます。
指名が貰えなかったり干されたりして稼ぎが悪くなってしまうので本来ならば絶対にやってはいけないことですが、風俗嬢によってはあえて地雷嬢を演じることもあります。

具体的な地雷とは?

では、マットヘルスにおいて具体的にどのような接客が地雷接客、地雷嬢なのでしょうか?

事務的態度をとる。

マネキン風俗は究極の接客業と言われています。
ただマニュアル通りのマットプレイをするだけでなく、お客さんに笑顔を見せ、親しい雰囲気で楽しませることも大切なサービスです。
しかし、そんなことをすることなく、笑顔を見せずにただ決められたプレイだけを淡々とこなします。

サービスに手を抜く。

本来は素晴らしいテクニックを持っているのに、披露せずに、手を抜いたサービスをします。

なぜ地雷嬢をするのか

なぜ、稼ぎが悪くなる地雷接客や地雷嬢を演じるのかというと嫌なお客さんに気に入られないためです。
嫌なお客さんに我慢して一生懸命サービスをして、気に入られてしまったりするとまた指名されてしまう結果になりかねません。
いくらお金がもらえるといっても、それに見合わないくらいの苦痛や嫌悪感があるのならば頑張って接客をする必要はありません。

あえて態度悪く接して嫌われてしまった方が良いでしょう。
嫌なお客さんを切ることによって、新規のお客さんと出会えるチャンスも増えます。
また、わがままな要求を中途半端に受け入れると次第にエスカレートしていくことも多いです。

やり過ぎには注意

嫌な客だから、マナーを守ってくれないからと誰もかれも地雷接客をし、地雷嬢を演じていては本当の地雷嬢になってしまいます。

そうなってしまえば指名する客もいなくなるし、お店側からも干されてしまいます。
クビになることもあるかもしれません。
マットヘルスなどの風俗に務めている以上、ある程度の我慢は必要です。
また、いきなり地雷嬢を演じるのではなく、ある程度断ったり、説得したり、交渉したりしましょう。

地雷接客はそういうのが通用しないお客さんに対する最後の手段です。

アンケートは気にし過ぎないで

嫌なお客さんには地雷嬢を演じたいけれど、アンケートに書かれてしまうと困るからできない、という風俗嬢もいるかもしれませんが、それほど気にしなくて大丈夫です。
お客さんはアンケートに自分の都合が悪いことは書かないものです。
ルール違反やマナー違反、メンドクサイ要求をしたから地雷接客をされてしまった場合は黙っていることが多いです。

また、地雷嬢を演じたわけでなくても地雷嬢、地雷接客認定を受けてしまうこともあります。
お客さんがちょっとでも気に入らないことがあったり、要求を受け入れて貰えなかったりすると、それだけでアンケートを悪く書くことがあります。
酷いと、シャワーの時間が長すぎるというものすらもあります。
風俗店側はそれを良く分かっています。

もし、お客さん側のアンケートしか尊重せず、風俗嬢側の声を無視するようなお店ならばそれはあまり良いお店とは言えないでしょう。

マットヘルスで地雷嬢を演じたくなるお客さんとは

マットヘルスに務めていて、地雷嬢をあえて演じたくなるお客さんの例を紹介します。
風俗嬢はお金を対価にサービスをしますが、稼ぎに見合わないと思うのならば断わることもできます。

不潔なお客さん

不潔不潔なお客さんはマナー違反です。

プレイする前に念入りに洗いましょう。
それを拒否するのならば、地雷嬢を演じましょう。
我慢して気に入られても辛いだけです。
口が臭いお客さんにはキスは控えたくなるものです。

シャワーを短く済ませたいお客さん

マットヘルスを訪れるお客さんの中にはシャワーを時間の無駄だと考えている人も少なくありません。
その分をプレイに回したいと考えています。
しかし、風俗嬢にとって、しっかりとお客さんの身体を洗うことは安心してプレイする上でとても大切なことです。
シャワーを早く済ませたい、省きたいと言うお客さんには「お互い綺麗になったほうが気分良くプレイできますよ」と説得しましょう。

それでも嫌がれた場合は「では、決まりなので、私だけでもシャワーを浴びてきます」と時間をかけてシャワーをしましょう。

お風呂に入りたがるお客さん

マットヘルスに来ているのに、お風呂に長時間入りたがるお客さんもいます。
これは、本当にお風呂に入りたいというよりは、風俗嬢にガツガツしない紳士な自分を演じたいだけです。
このような中途半端な優しさは有難迷惑です。

マットヘルスに務めているとローションやシャワーでとても肌に負担がかかってしまいます。
長々とお風呂に入っていると乾燥や肌荒れが加速してしまいます。
「せっかくマットヘルスに来ているんだからマットしましょうよ」と誘いましょう。
それでもダメなら不機嫌そうな態度で付き合うのもアリです。

勝手に動くお客さん

マットヘルスは風俗嬢側が主体となって動きます。
お客さんが勝手に動いたり、風俗嬢を攻めたりしようとするとローションで滑ってとても危険です。
骨折など大けがをすることすらあります。
また、マットヘルスに務める大きなメリットとして、受け身のプレイをしなくて良いというものがあります。

マットヘルスに来て勝手に動くお客さんには「危ないですよ」とたしなめましょう。
それでも勝手に動くのを辞めないお客さんに対しては不機嫌な顔をしたり、ため息を吐いたり、プレイに手を抜いたりしてしまうのも仕方ありません。

本番を強要するお客さん

マットヘルスはソープとそれほど値段が変わらなかったり、雰囲気がソープと似ていたりするので、本番強要をしてくるお客さんが多いです。
大抵のお客さんは決まりだからと毅然とした態度で断れば納得してくれます。

しかし、何度断ってもしつこく要求をしてくるお客さんに対しては地雷嬢を演じましょう。
プレイを途中で中断して、お店側に助けを求める必要もあるかもしれません。

態度が悪いお客さん

男性 悪いお客さんの中にはお金を払っているのだから風俗嬢には何を言ってもいい、何をしてもいいと考えている人も少なくありません。
しかし、そんなことはありません。

風俗嬢も人間です。
上から目線だったり、乱暴なことを言ったりしたりしてくるようなお客さんにひたすら耐える必要はありません。
最低限のサービスだけにしましょう。
しかし、上手におだてたり、感心したそぶりを見せたりすることで扱いやすいお客さんになってくれることもあります。

地雷客には地雷嬢で対抗もあり!

マットヘルスで働いていると嫌なお客さんに当たることもあります。
そんな時には全てを我慢する必要はありません。
指名はもらえればいいというものではありません。

不潔であったり、マナーやルールを守らなかったり、態度が悪い地雷客にはあえて地雷嬢を演じて気に入られないようにするのも1つの方法です。
しかし、風俗に務めている以上、だれもかれも嫌な客と分類しないで、最初は説得を試みましょう。
ある程度の我慢も時には必要です。
地雷嬢は最後の手段です。