マットヘルスに来てめっちゃイクの我慢してる客っているよね

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

風俗店で働いていると変なお客さんが来店するということはよくあります。
マットヘルスの場合、普通のヘルスやソープと違ってマットプレイ目的で来るお客さんが多いためか、不思議なお客さんが来ることが多いようです。
この記事ではマットヘルスで働いている風俗嬢が出会った不思議なお客さんの体験談についてご紹介します。

マットヘルスに来る客層は独特?

風俗嬢として働いていれば、特殊な性癖を持っていたり変なプレイをしようとして来たりするようなお客さんと出会うことは日常茶飯時とも言えます。
マットヘルスは、普通のヘルスと違いマットプレイをすることができる特殊のお店ですので、お店に来るお客さんもマットプレイを楽しみにしている方が多く、やや特殊なお客さんが多いようです。

イクのを我慢するお客さんの心理

心理学マットヘルス嬢の体験談を調べていて多いのは、マットヘルスで働いているとイクのをめっちゃ我慢しているお客さんがいたという口コミです。

なぜマットヘルスに風呂お客さんがイクのをめっちゃ我慢することが多いのかというにことついては以下の様な理由があります。

我慢したほうが気持ちいい

男性は射精をすれば誰でも同じように気持ちよくなるものと思われがちですか、多くの男性は射精は我慢すればするほど気持ちよくなると感じています。
特にマットヘルスに来るようなのなお客さんは、普通のプレイはすでにやり尽くして飽きているようなことが多く、普通のプレイでは感じられないような深い快感を味わいたいと考えているお客さんが多いようです。

またマットプレイは基本的に風俗嬢がお客さんに対して気持ちよくなるように奉仕して責めてあげるプレイなのでどちらかと言うとMの男性が多いのです。
マットプレイをする時にはローションを使いますから普通の手コキやフェラよりもはるかに強い快感が男性にはあります。
その分普段よりも早くイってしまいそうになる男性が多いのですが、より深い快感を味わいたいお客さんは出来る限りそれを我慢しようとするのです。

1回しかイケない体質

男性の射精回数は個人差が非常にあります。
若い男であれば一晩に2回以上いくことも珍しくありませんが、30代以上のお客さんは一晩で何回もイくことができると言う男性は非常にまれです。
マットヘルスに来るお客さんは、ヘルスよりも高い金額を払う程度のお財布の余裕はあり、しかも普通のプレイだけでは満足できなくなっていると言う方が多いため比較的に年齢層が高くなっています。
だから一度行ってしまうと思うその後は勃起しないという方も多く、せっかくマットヘルスに来たのだから時間いっぱいしっかり楽しみたいという意識を持っている方は、できるだけイってしまわないように我慢をするのです。

時計射精するのを我慢する男性を見ているとなんとなく風俗としては早く終わらせたいしいたずら心が湧いてくるのでイカせてしまいたくなるものですが、そこは我慢してじっくりと責めてあげる用にしましょう。
射精をしてしまうと男性は一気に気分がなえてしまい再び勃起することもできませんし、あまりにも時間を残した状態で射精をさせてしまうとその後はプレイをすることができず、満足感が下がり指名を返してもらうことができなくなってしまいます。

早漏だと思われたくない

マットプレイはローションを使っている分非常に男性も敏感になっており、普段よりも早く射精しそうになってしまうという方がたくさんいます。

男性の中では早漏であるということは非常に恥ずかしいことで女性から馬鹿にされることだと認識している方がたくさんいます。
正直なところ風俗嬢からしてみれば早く言ってくれる方が非常にありがたいのですが、そこは男性は見栄を張りたがる生き物なので自分は早漏ではないと言う風に風俗嬢に見せようとしてくるのです。
だからいきそうになっても必死に我慢をして、自分はまだまだ大丈夫だというような態度を見せようとしてきます。
マットヘルスではマットプレイのテクニックが最も重要ですが、お客さんの心を満足させることも指名を取るためには非常に重要なので、早漏で早くイキそうになっているお客さんがいたら気づかないふりをして別の箇所を責めたりソフトなタッチに変えるなどをしてプライドを満足させてあげるのがよいでしょう。

マットヘルスで働く風俗嬢が出会った変なお客さんについての体験談

ここでは実際にマットヘルスで働く風俗嬢が出会った変なお客さんについての体験談をご紹介します。
吹き出し——————————
・マットヘルス初めて来たって言うお客さんがいてローション塗ってちょっと手コキしただけでイッちゃったことある。

その人をもう50歳ぐらいだったからその後はもう全然勃たないし「もう年だから」とか「ごめんね」とかばっかり言ってきてなんか申し訳なかった(笑)

・マットヘルス嬢やってて最悪だったお客さんは来るたびに3回戦やる人なんだけど、自分が射精した液をそのままローション代わりに使ってプレイしたがる人がいた。
本気で気持ち悪くて嫌だったんだけど、そのお客さんは自分の精液を体に塗られて気持ち悪くないのかなーってずっと思ってた。

・ローション使ってる分すぐに射精してお客さん多いよね。
一回しかいけないって言うお客さんだとあまりにも早くいっちゃうともったいないからこっちも調整しようとは思うんだけど、始まってから一切何も喋らずそれらしき態度も見せてないのにいきなり射精してくるお客さんも結構いる。
中には「そんなに責めたらすぐにいっちゃうに決まってんじゃん。早くイカせて楽しようとかすんじゃねーよ」とか怒られたことあるけど、イったのは私の責任じゃなくてお前がそうなだけじゃねーかって言いたかった!

・プレイ始まってしばらくして滅茶苦茶深刻そうな顔で「ちょっと相談があるんだけど」って言い出したお客さんがいて、あーまた本番強要かーて思ってたら「アナル舐めて欲しいんだけどお願い」って深刻に頼まれたことあるw

私そもそもアナル舐めは普通にやってるからわざわざ相談してこなくても、やってあげたのにすごく申し訳なさそうに頼んでくれたから、めっちゃ頑張ってたら女の子みたいに喘いでたw

・挨拶した時とかは凄く良い人っぽかったのにプレイが始まってしばらくしたら、めちゃくちゃイライラして不機嫌そうなお客さんと出会ったことある。
話しかけてもほとんど返事してくれないし表情がめちゃくちゃ強くなってたから、「何か失礼なことをしてしまいましたか?申し訳ございません。」って言ってみたら「いや、イカないように我慢してるだけだから気にしないで」って言われた。笑
終わってから話聞いてみたら、すぐにイっちゃいそうになるからできるだけ怒ってイクのを我慢してるって聞いて、男の人は本当に変な人がいるなーって思ったよ。
——————————

まとめ

マットヘルスで働いている風俗嬢が出会った不思議なお客さんの体験談についてご紹介しました。
風俗嬢として働いていれば変なお客さんに会うことは珍しくありませんが、ここで紹介したイクのをめっちゃ我慢しているお客さんの様に「もっとプレイを楽しみたい」「男としてのプライドを満たしたい」というような気持ちが裏に隠れていることもよくあります。
もちろん迷惑な行為をしてくるよね変なお客さんに対しては厳しい対応をすれば良いですが、そうではないお客さんの場合にはなんでそんな変なことをするのかということを考えて、気持ちを満足させてあげることを考えると指名につながることもあります。