マットヘルス嬢達の本音。こんなお客さんは嫌だと思う瞬間

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

本当のことを言うことを本音といいますが、言いたいことが言えない状況というのは、ストレスが溜まります。
ストレスが溜まるからと言って、本音をぶつければいいかというと言い方には十分な配慮が必要になります。

配慮がない言葉は、相手が傷つくだけになるのです。
本音を包み隠さず言う人でも嫌われないタイプもいますね。
自分の気持ちをうまく伝えることができる。
相手がどう思おうが、自分は好き・嫌いが言えるのは気持ちがいいですね。

マットヘルス風俗嬢の仕事のなかでも本音が言いたい時がありますね。
お客さんから「ちょっとだけいい?本番」っていうお客さん。
ちょっとも少しもないの。駄目!嫌い」と言うのがいいのか、「私はそのようなことするお客さんのことは嫌いでダメなの」というのでは印象が変わってきますね。
マットヘルス風俗嬢としてお客さんに対しての本音はどうなのか、見ていきましょう。

マットヘルス風俗嬢の本音には何があるのか?

サービスにない行為本番プレイ

キャンセルマットヘルスはソープランドではないのが理解できていないのか、マットプレイの先に本番があると勘違いしているお客さん・できないと知っているのに要求してくるなど、店のルールが守れないお客さんはたくさんいます。
本番ができるのはソープランドだけで、それも暗黙の了解になるのです」と説明しても「暗黙でいいから」「間違ったということで」「少しだけ」と、なんとか本番行為をするためのセリフを次々に言ってくるのです。
男が女性のはだかになっているところで、セックスしたい気持ちはわかりますが、こっちとしては仕事でしているのでできるはずがありません。
「だれかれ構わずするわけネーだろう、このハゲ・タコやろう」と言いたいところが本音になります。

慣れてくれば、「キタキタ」と考えることができるようになるのですが、最初はストレスが溜まってきますね。
最近は、「本番は違法になるのでお店としては許可していないのです。
もしそのようなことになれば、私としてもスタッフに連絡するようになります。
そうなれば、警察・お客さんの奥さん・会社に連絡が入るようになってお客さんともう会えなくなることにもなるのです。理解していただけませんか?」と冷静に言えば、お客さんも目が覚めることになります。
ただ、これも泥酔状態のお客さんには効果はありません。
泥酔状態のお客さんは、もう理性がなくなって人間ではなくなって獣のように行動してくることがあります。

お酒に飲まれているお客さんには、本番されないように注意してサービスをして、本番強要がありそうだったら、スタッフに連絡することをオススメします。
このようなお客さんは、射精した後に自分がしたことの重大さに気づくようになるタイプが多くいて後悔するようです。
お客さんが悪いに決まっているのですが、あなたはうまくするようにしないと、本番される・お客さんは減ることになるのです。

気持ちがないのに口説く

提案恋愛経験が少ないか、ゼロのお客さんに多いタイプが、風俗嬢にプレイされることで、こんなにしてくれる女性と思うのでしょうか?
すぐに惚れて口説くようになるタイプがいます。
このタイプは、マットヘルス嬢としてはありがたいリピート客になってくれるのですが、毎回同じように口説いてくるのです。
ウブな男性で理解はしてあげたいのですが、マットヘルス嬢がお客さんにしていることは、サービスなのです。

優しくしているのはお客さんに来てほしいから接客しているだけのことになります。
そこには、恋愛感情などは一切ありません。
だから、あまりにしつこく口説かれると、「いい加減にしようよ、マットヘルス嬢を口説いて何があると思っているの?」と言いたくなるのが本音になるのです。

この手のタイプは、独身男性が多くいて取扱いが難しいです。
下手に思わせぶりな態度をすると、男性は勘違いして、心に脈ありの火がついて暴走することになるのです。
そうなれば、ストーカーのような行動をすることもあります。
もうこうなってしまうと、愛情ではなく男性の願望だけになって、何を言っても押し付ける行動をするようになるので注意が必要になります。

この手のタイプは、自覚がない分恐ろしいことにもなるので、リピート客として何度が来店してきて、それでも口説くことをやめないようになったら、スタッフにNG客にしてもらいましょう。

舐めてくるキモイ客は勘弁してくれ!

マットヘルスではサービスの主導権は、女性にありお客さんはまな板の上にいる魚のような恰好で、サービスを受けるのが基本になります。
お客さんからの行動はないものになります。

そうしなければローションで滑るなか危険なのです。
手があたるぐらいのことならまだいいのですが、いきなり髪の毛・耳・顔を舐めてくるようなことがあれば、「汚い!」と言いたいのが本音にあります。
このようなお客さんには、「サービスについては私に委ねてください。
お客さんが動くことで転倒やけがに繋がることもあります。

ご理解ください」というようにすれば、やめてくれる方もいます。

臭いお客さんは生理的に受け付けることができない

マットヘルスはシャワーでからだをキレイにしてサービスをするのですが、爪が伸びている・爪と指の間に垢が溜まっている・無精ヒゲ・鼻毛・耳毛・歯が汚い・口臭が臭い・体臭が臭い・包茎で亀頭と皮の間はチンカスがたくさんあるなど、もう何もしたくない。
「おまえ風俗店にくる資格ないだろう」と言いたいのが本音になります。

最低限のマナーは守って欲しい、顔がどうとか・体型がどうとか・服装がどうかなどは、どうでもいいからからだを綺麗にして欲しいです。
これから性的サービスをしようかと思えないのです。
このようなお客さんは、直すことはできないタイプが多いのですが、マットヘルス嬢としてお客さんを啓蒙して教育することが大切になります。
次に指名してくれないかもしれませんが、「お客さん、風俗店のルールとして持てる男性は清潔感になるのよ、忙しくてできない時もあるでしょうが、できるだけ清潔感があるようにしたほうが女性からの好感度はアップすると思うよ。私もそう思っている」と嫌味にならない程度に伝えることが大切ですね。

ネット上の情報ではどんな本音がある

マットヘルス嬢含む風俗嬢の本音についてはネット上では以下の内容でした。
・AV観すぎ勘違いしているお客さんは、テクニックがない下手くそ野郎ばかり
・汚い手で髪・顔は触って欲しくない。
・店外デートを毎回誘ってくるお客さんは、本番しか目的がないと考えていいバカヤロー
・ニオイのきつい男性は、サービスしている時もつらいね。
・デブ・ブサイクなお客さんは、同類のデブ専門店に行ってほしい。デブ臭で気持ちが悪くなる。
・お客さんだから話しを聞いているが、どれだけあんたが偉いのかと言いたくなるような上から目線で説教するやつ。風俗来ている時点でたいしたことないと気づかないアホ。
どの内容も、キツイ一発が多くありました。

マットヘルス嬢も風俗嬢も、本音は言いたいが言えなくて爆発しているでしょう。

本音はどのように伝えるのがいいのか

女性 インタビュー世の中で、自分の本音を伝えることはとても難しいことではありますが、それができないとストレスが溜まって爆発することになります。
一般ビジネス・マットヘルス・風俗業界に関係なく、人に本音は伝えにくいもので、とくにお客さんに対して本音を伝えることは利害関係が絡むので、あなただけの問題ですまないことにもなります。

あなたが、相手に本音を伝えるポイントをあげると、あなたを主語にして「私は」と表現することになります。
本音が言いたい時は、感情的・攻撃的になっている部分があるので、どうしても相手が主語になります。
「あなた」「おめえ」などになるのですが、自分を主語にするだけでも伝えやすくなります。
つぎに、「できない」という表現は使わず「・・・だったらできる」とポジティブ表現にかえるようにするのです。

本番強要であれば、「法律上問題がなく罰されることがない。
公のルールとして認められている行為だったらできるのですが、私は違法なことはしたくないのです」となります。
つぎに、自分を主語にした気持ちを伝えることになります。
「私は困っています」
最後に、相手に当たり前のことを言えば怒り心頭になってしまいます。
「こうするべき」は一方的になるので、「私の話しを理解して欲しいのですが」と言えば、協力的になりやすくなります。
これらの表現方法は、アサーションという手法のひとつになります。
もっと詳しく知りたい方は、本がでているので参考してください。

同僚とうまくいかない時も、この手法を使えば理解しあえるようになる可能性は高くなります。

まとめ

本音を言うのは難しいことですが、従うだけではお客さんとの関係は良好なものになりません。
あなたはダメな客は不要な客と考えるのではなく、マットヘルス嬢のプロとしてお客さんを教育していくようにする必要があります。

お客さんに受け入れてもらいやすい表現をすればきっとわかってもらえます。
ご参考にしてください。