マットヘルスの面接で不採用になってしまう女の子の特徴

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

はじめに

マットヘルスで働くためには、面接を受けて採用される必要があります。
ここで、マットヘルスに応募しても、不採用になってしまう女性が存在しています。
不採用になる女性には共通の特徴があり、女性そのものの態度や振る舞いに問題がある場合と、マットヘルスならではの理由によって不採用にされる場合があります。

ここでは、マットヘルスで働くことを希望する女性のために、面接で不採用になってしまう女性の特徴について紹介したいと思います。

基本的なマナーや配慮が足りないと面接で落とされる

挨拶風俗は様々なジャンルに分かれていますが、どのようなジャンルのお店であっても女性に対して求める共通の要素があります。
基本的なマナーや女性らしさなど、風俗嬢として必要とされる要素を持っていない女性はマットヘルスの面接でも問題視され、採用されるのが難しくなってしまうのです。

社会人としての常識に欠けている

風俗の仕事は一般の仕事とは異なる特別なものですが、そこで働く風俗嬢には、社会人としての最低限度の常識は求められます。

遅刻や欠勤をしてしまう女性は当然ながら問題視されます。
面接の時間に遅れたり、年齢や経歴を偽ったりする女性はすぐに不採用とされてしまいます。
さらに、面接時の言葉遣いも大切です。
マットヘルスであっても接客業には違いなく、男性客に対してはお客様として丁寧な言葉遣いと態度で接する必要があります。

面接官に対してタメ口を使ったり、生意気な態度で面接に臨むと採用されません。
また、仕事に対する向上心も必要です。
風俗の中でもマットヘルスは上手な女性と下手な女性の差が出やすいお店です。
容姿やスタイルが平凡でも、テクニックを磨くことで男性を夢中にできる女性は指名を受けるようになってお店の収益に貢献できます。

逆に、風俗の仕事だからと馬鹿にしているような女性では、接客に問題が生じると判断されて落とされてしまいます。
約束を守り、真面目に働ける女性であれば問題ありません。
マットヘルスに応募する場合には、社会人女性としての良識と節度を持って面接に臨むことが求められるのです。

女性らしさに欠けている

パズル風俗の仕事、特にマットヘルスは女性の身体で男性客に奉仕することが求められますが、そこで重要なのは女性の身体だけではありません。

女性らしさも求められるのです。
女性らしさ、女性としての魅力に欠ける人物は、応募の段階で落とされる可能性があります。
もちろん、美人な女性は多くの風俗求人で優遇されるように、マットヘルスの採用においても有利となります。
ただ、美人でなければマットヘルスに応募できないわけではありません。

容姿が平凡であっても問題とされません。
ただし、女性らしさや女性としての魅力を磨くために、化粧の技術に力を入れたり、ファッションを楽しむ能力は必要です。
面接に際し、すっぴんのスウェット姿で臨む女性が採用されるわけがありません。
また、タトゥや妊娠線がある場合にも問題とされる可能性があります。

タトゥや妊娠線があると、男性客が引いてしまって指名が受けられなくなってしまうからです。
容姿レベルとは別に、応募した女性に女性としての魅力に欠ける場合には、不採用になる場合があるので注意しなければなりません。

マットヘルスならではの理由で不採用になる女性

マットヘルスは数多くある風俗店の中でもマットプレイに特化したお店です。
このマットプレイに支障がでる体型をした女性は不採用になる場合があります。

また、お店のコンセプトと女性が合致しない場合にも、落とされてしまう可能性があるため注意が必要です。

肥満やガリガリだと、落とされる可能性がある

マットヘルスはその名の通り、マットプレイを最大の売りにしたお店です。
マットプレイでは、エアマットの上に横たわった男性に対し女性が身体全体で奉仕します。
ここで、マットプレイには適した体型というものがあります。

極端に太っていたり痩せていては、マットプレイが上手くできないのです。
まず、女性が太っていると身軽に動けなくなります。
マットプレイではその性質上、横たわる男性の上に女性が乗って、ローションで身体を滑らせながら男性を刺激してゆきます。
ここで、女性が太りすぎていると上手く男性の上に乗れず、自由に動けなくなってしまうのです。

さらに、女性が重いと男性が圧迫されて苦しくなってしまいます。
また、女性が痩せ過ぎなのも問題です。
あばら骨が浮き出るほど痩せていると、プレイの最中に骨が男性にあたり、男性が痛い思いをしてしまいます。
マットヘルスに応募した女性が、極端に太っていたり、痩せている場合には、満足にサービスできない可能性があるので不採用になってしまうのです。

ただ、体型を理由に不採用になるのは極端な例で、標準体型の女性であれば問題ありません。
女性が少し太っている程度の場合には男性の気持ち良さが増すので好都合です。
ムチムチした体型の女性であれば、マットヘルスに向いているので問題ありません。

女性のタイプがお店のコンセプトに合わない

マットヘルスは風俗店の中でもテクニックに重きを置いたお店です。

風俗は女性の美しさでお客を引くお店と、女性のテクニックでお客を引くお店に分かれています。
マットヘルスはテクニック重視のお店であり、そのコンセプトに女性が合わないと判断されると不採用になってしまうことがあります。
たとえば、女性の中には小柄で可愛らしい、ロリタイプの女性がいます。
いわゆる、男性の支配欲をくすぐるタイプの女性ですが、マットヘルスでは男性が積極的に動くことが少ないのでこのようなタイプの女性は好まれない可能性があります。

また、マットヘルスも多くの風俗店と同様に、高級店や大衆店などのランクに分かれています。
ここで、高級路線のマットヘルスでは、テクニックだけではなく、容姿レベルの高さが求めらますが、ギャル風な女性であったり、スタイルが悪い女性だと、落とされる可能性があります。
女性というのも、高級店を利用する富裕層の男性は、清楚系の女性を好むのでギャルっぽい女性は好まれないのです。
同様に年齢も重要です。

男性は若い女性を好むので、高級店に所属するには若くなければ難しく、多くの場合、30歳を過ぎると高級店に採用されません。
さらに、高級店では高度なサービスを提供するために、接客やマナーにも力を入れています。
いくら容姿が美しくても、態度や振る舞いに問題があり、きちんとした言葉遣いで接客できない女性は面接で落とされてしまいます。
高級路線になればなるほど、女性に求められる要素が多くなるので、不採用になる女性が多くなってしまうのです。

まとめ

マットヘルスはマットプレイに特化した風俗店です。
マットヘルスで働くためには面接に通過する必要がありますが、他の風俗店でも落とされてしまう女性は、同じ理由でマットヘルスを落とされてしまいます。
社会人として大切とされるルールが守れない女性や、仕事に対する熱意を欠ける女性、あるいは、女性らしさに欠けた女性としての魅力を感じられない女性はマットヘルスで働けません。
また、マットヘルスならではの理由で不採用になる女性もいます。

極端に太っていたり、ガリガリに痩せている場合には、マットプレイに支障が出るのでマットヘルスに採用されない可能性があります。
さらに、マットヘルスの高級店では、多くの風俗店と同様に採用基準が厳しくなります。
そこで、容姿レベルが劣ったり、年齢が若くないと不採用になってしまう場合があるのです。