高級マットヘルスに採用される為に必要な事と心構え

2023年12月14日

johnhain / Pixabay

はじめに

店舗型風俗店で高級店と言えば高給ソープが有名ですが、マットヘルスにも少数ながら高級店があります。
本番を避けたい女性にとって、高収入が得られる高給マットヘルスは有力な選択肢となります。
しかし、高級マットヘルスでは採用基準が厳しいので、誰でも採用されるわけではありません。

ここでは、高級マットヘルスを目指す女性のために、採用される為に必要な事や心構えについて、詳しく紹介したいと思います。

厳しい採用基準をクリアするために必要な事

高級マットヘルスでは男性が支払うサービス料が高額です。
その高い料金に見合った高度なサービスを提供する必要があり、採用基準が厳しくなっています。
ただ、この採用基準は女性の努力や心構え次第でクリアできるものなので、女性の容姿を理由に最初から諦める必要はありません。

女性らしさを見せる必要がある

女性高給マットヘルスと普通のマットへルスの違いはサービス料金にあります。
男性が支払う料金が高額なので、その分、高いサービスを提供する必要があり、採用基準が厳しくなっています。
高給マットヘルスでは、女性の年齢や容姿、テクニック、接客態度などにおいて高いレベルを要求する傾向にあるのです。
ただ、採用が美人に限られているわけではありません。

もちろん、美人な女性は男性客から高い人気を獲得できるので、面接でも有利になります。
ただ、普通の容姿レベルでも高級マットヘルスに所属することは可能です。
そこで重要となるのは、女性らしさを見せることです。
自分に似合ったメイクをし、ファッションに気を配り、女性らしさや魅力が伝えられるような努力をしている女性であることが求められるのです。

容姿レベルが同じ女性でも、自分を綺麗に見せることができる女性と、その能力がない女性とでは、外見に天と地ほどの差がついてしまいます。
さらに、ファッションに対する意識も大切です。
高級マットヘルスを利用するのは富裕層の男性が中心で、男性客の平均年齢は高めです。
中高年齢層の男性は、今風の若者向けのファッションよりも、清楚系で落ち着いたファッションを好みます。

ケバケバしいギャル風なファッションではなく、丸の内で働くOLのような知的さを感じられるファッションが出来る女性は優遇されます。
さらに、風俗嬢らしさを感じさせない白い肌で黒髪である方が、より高感度を高められます。
高級マットヘルスの面接を受けに行く際には、このようなポイントに気を配ってメイクとファッションを心がけるべきです。
風俗嬢とは見えないような、清楚なOL系のファッションで面接を受ければ、採用確率を高められるはずです。

30歳を超えると難しくなる

いくら女性がメイクやファッションに気を配っていても、自分の努力では対処できない部分があります。
年齢です。
高級ソープと同様に高級マットヘルスも女性の年齢が30歳を超えてくると、不採用となる確率が高まります。
応募した女性が若く見える場合、たとえば、顔にシワがなかったり、肌がみずみずしさを失っていない場合には35歳程度まで大丈夫な場合がありますが、アラフォーになると事実上、不可能になってしまいます。

年齢だけは女性の努力ではなんともできない部分なので、アラフォーの女性は高給マットヘルスを諦めなければなりません。
逆に、20代の女性であれば、その若さを活かすチャンスでもあります。
若さこそ最大の武器であるとの認識を持って、その若さを無駄にしないためにも20代の女性は積極的に高級店に応募し、高収入をゲットすべきです。

高級マットヘルスの面接において大切な事

高級マットヘルスで働くことを希望する場合、最大の関門となるのが面接です。

面接では女性の容姿だけではなく、態度についても厳しくチェックされるため、横柄な態度で臨まないように注意すべきです。
また、高給マットヘルスではテクニックが重視されます。
そこで、面接ではテクニックを習得するために前向きな姿勢を見せることも重要となってきます。

言葉遣いと態度に気をつける

吹き出し高級マットヘルスを利用するのは富裕層の男性です。

日頃から高級ホテルや高級レストランを利用する男性たちで、優れたサービスや接客になれた人たちです。
そのような富裕層の男性客を高級マットヘルスの所属女性は満足させなければなりません。
そこで、高級マットヘルスでは高級ソープと同様に、女性の言葉遣いや態度が面接において厳しくチェックされます。
風俗嬢の中には正しい敬語が話せない女性がいますが、面接官とのやり取りにおいて、敬語が話せなければ即、不採用とされてしまいます。

また、面接の最中、腕組みをしたり、足を組んだりするような様子を見せてしまうと、落とされてしまいます。
高級マットヘルスで働く女性には、社会人女性として必要とされる常識やマナーが求められるのです。
面接を受ける際には、一般企業の採用面接を受けるような心構えで臨まなければなりません。
きちんと挨拶することに始まり、相手の目を見て話すこと、的確に返事をすることを意識し、丁寧な言葉遣いで話をすることが重要です。

講習に積極的に参加する意思をみせる

高級マットヘルスは数多くある風俗ジャンルの中でも、特にテクニックを重視するお店です。
本番がない風俗店でありながら、ソープ以上の快楽を男性に提供することを目標にしているお店もあり、高級マットヘルスで働く女性には、男性を夢中にさせる高度な技術が要求されます。
そのために、高級マットヘルスでは講習に力を入れるお店もあり、所属女性には技術を向上させる努力が求められます。
風俗嬢は、講習が嫌いな女性も多くいます。

たしかに、講習を受けることで給料が貰えるわけではなく、男性スタッフが相手の場合には気乗りがしないものです。
しかし、お店が求める技術を習得するためには、講習は避けて通れません。
講習を受けることで気付かされることや、教えてもらえるテクニックがあるので、高級マットヘルスで働きたいのであれば積極的に講習を受ける意思を見せなければなりません。
また、風俗での勤務経験があり、マットプレイが得意な女性はその点を積極的にアピールすべきです。

マットプレイが得意な女性であるなら、即戦力としてお店に採用してもらえる可能性が高まります。

お店に貢献する姿勢を見せる

風俗は競争が激しいのでどのお店でも宣伝に力を入れています。
風俗店は所属女性を宣伝することで集客に結びつけようとしますが、そこで効果的なのが女性の顔写真を公開することです。
写真 インスタントそこで、高級マットヘルスに応募すると、顔写真の公開を求められる場合があります。

また、出勤スケジュールについても応募の際に要請を受ける場合があり、客入りの良い休日や金曜の夜などに出勤するよう求められることがあります。
面接の際にこのような要請に応じられると、採用される確率を高められます。
お店に協力的な女性のほうが、当然、お店からの評価も高まるからです。
さらに、面接を受けた日にお店の個室が空いている場合などに、面接当日に体験入店を勧められる場合もあります。

このような際にも拒否するのではなく、積極的にお店の営業に貢献する姿勢を見せることが大切です。
お店の客入りが向上すれば、女性の稼ぎも向上します。
お店へ貢献することは、女性にとって損になるものではなく、むしろ得となるものです。
面接においてお店から要請を受けた場合には、無理のない範囲内で積極的に応じると、採用される確率を高められるのです。

まとめ

高級マットヘルスは高級ソープと同様に採用基準が厳し目になっています。
ただ、必ずしも美人でなければ採用されないわけではありません。
おしゃれに対する高い意識を持ち、女性らしさを強調できる女性であれば大丈夫です。
特に、富裕層の男性受けを良くするために、清楚系のメイク、ファッションができる女性であれば採用される確率を高められます。

また、高級マットヘルスではテクニックを重視しており、積極的に講習が行われています。
そこで、面接を受ける際には、講習に参加できることや、出勤等に関するお店の要請にも積極的に応じられる点をアピールし、お店に貢献する姿勢を見せることが大切です。