託児所と提携しているマットヘルス店ある?自分で探した方が良い?

2023年12月14日

dimitrisvetsikas1969 / Pixabay

風俗店の多くは託児所の手配をしてくれます。

シングルマザーや主婦の風俗嬢にとって、子供の世話をしてくれる環境が必要です。
面接の際に何歳までの子供を預かってくれるのか聞いておくといいでしょう。
自由出勤の勤務でも手配をしてくれるかも重要でしょう。

託児所は大切

マットヘルス店に限らず、風俗店と託児所は切っても切れない関係にあります。

託児所がなければシングルマザーの女性は働くことができません。
そのようなことはマットヘルス店などの風俗店は当然承知しています。
多くの風俗店は託児所の手配をしてくれます。
最近は深夜でも子供を預けることができる託児所が少なくありません。

そんな託児所をマットヘルス店などの風俗店はきちんと確保しています。
シングルマザーの方も主婦の方もマットヘルス店は歓迎してくれます。
子供がいるから働けないということはありません。
同僚の風俗嬢中にも子供さんがいる女性はいっぱいいます。

シングルマザーの女性は切実

母親シングルマザーの女性は働かないと暮らせません。
しかし、働きたくても子供の世話も必要です。
小さな子供を一人にして働くことはできません。
無理やり子供を一人で家に残したり、ちょっと大きくなった子に任せたりすることもあります。

しかし、それでは安心して働くことができません。
サービス業のマットヘルス店ですから、心配事を抱えたまま仕事をしてもお客さんは満足しません。
シングルマザーの女性にとって、託児所がある職場は大切なのです。
マットヘルス店はそのようなことをよくわかっています。

最優遇のマットヘルス店なら・・・

マットヘルス店は他の風俗店に比べて女性を大切にします。
マットプレイという「特殊技能」を持った風俗嬢を武器にして営業をしているためです。
風俗店の女性は入れ替わりが激しいです。
割のいい店舗があれば移籍することが珍しくありません。

ただ、マットヘルス店は入店当初にマットプレイの講習をします。
当然、無料で講習はできないので、これは一種の投資と言えるでしょう。
そのような価値を持つ女性が他の店舗に流出したら大損害です。
託児所のように、女性が働くために絶対必要な環境は整えていることは当然でしょう。

自分では探さない方が賢明

夜間営業の託児所は少なくありません。
しかし、その実態は玉石混合です。
いったん預けたものの、そこで子供がどんな扱いを受けているかはブラックボックスです。
初めてマットヘルスなどの風俗業に従事する女性にとって、夜の託児所は不安がいっぱいでしょう。

夜間の託児所は無認可のところが少なくありません。
しっかりと運営しているところも多いのですが、いい加減な運営のところも少なくないです
新聞記事などでたまに問題になるためご存知かもしれませんが、子供の様態が悪くなっても気が付かないこともあります。
無理に自分で探すより、事情を知っているマットヘルス店が紹介してくれる託児所の方が無難です。

託児所がない店舗はNG

子供さんを持つ女性がマットヘルス店で働く場合、託児所は不可欠です。
そのようなことは風俗店であればわかっている事であり、準備してあることが当然と言えます。
もちろん、自社で準備できるは限らず、提携するというパターンもあるでしょう。
いずれにせよそのような準備がしてないということは、女性のことをあまり考えていないと言えるのではないでしょうか。

託児所だけではなく、お店の姿勢が疑われます。

お店の姿勢が表れます

風俗店は女性が主役のお店です。
そのため、女性を大切にする店が多く、女性は安心して働くことができます。
シングルマザーの女性に限らず、子供さんがいる女性がマットヘルス店で働くことは珍しいことではありません。

そのため、託児所と提携もしておらず、子供の面倒は自分で対応しなければいけないような店舗は避けた方が賢明です。
そのようなお店は、一見待遇がいいように見えることもあるかもしれません。
しかし、入店後にトラブルが発生したり、問題発生時の解決をしてくれなかったりする可能性が高いです。

大手は絶対あります

ちなみに大手風俗チェーンに属するマットヘルス店には託児所があります。

少なくとも提携していることは間違いありません。
大手はマットヘルス店以外の風俗店をいくつか持っています。
そのため、働く女性の数も多く、託児所は絶対必要です。
そうしないと、女性が応募せず風俗店の運営ができなくなってしまいます。

託児所を運営したり、提携したりすることは結構面倒です。
最近は、夜間に運営する託児所の質が問題になっているため、安心して預けることができる託児所を探すことも大変です。
でも、それをすることで女性が安心して働くことができますから、大手はこのような点は手を抜きません。

条件は確認しましょう

書類託児所と提携しているマットヘルス店で働く場合、託児所の条件は確認しておいたほうがいいです。

マットヘルス店の中には、特に難しいことを考えず、近くの託児所と提携していることがあります。
中には夜間の託児をしてくれないこともあり、稼げる時間帯に働けないことになりかねません。
それではせっかく託児所を準備してあっても意味がありません。
準備してあるとはいえ、自分で託児所の条件を確認する用心深さは必要です。

女性最重視の職場ですから…

マットヘルス店は女性最重視のお店です。
OL経験のある女性であれば、待遇が上がったと思われる方もいらっしゃいます。
男性スタッフがいろいろと自分のことを気に留めてくれ、気を使ってくれるからです。
女性最重視のお店ですから当然のことでしょう。

女性にとって必要な環境が揃っています

マットヘルス店には、女性にとって必要な環境が整っています。
マットプレイのための消耗品が完備され、待合室もプレイルームをそのまま使えることが多いです。
そのため、女性が多い職場に特有の煩わしい人間関係がありません。
女性にとって働きやすい環境を整えることは、結果としてお店の売上確保につながります。

なぜなら、女性が安心して働くことができれば、自然と雰囲気がよくなり、お客さんにとって居心地のいいお店になるためです。
託児所も女性にとっては必須の環境です。
マットヘルス店に働く女性の全てが託児所を必要としているわけではありません。
しかし、昼職を持っている女性は、先輩OLをみて託児所の重要性を知っています。

女性募集の際にも託児所がないとお店の姿勢に不安を覚える女性が少なくないのです。

託児所は常識

幼稚園託児所は主婦やシングルマザーの女性にとって必須の条件です。
にもかかわらず、働くなら自分で探せというのは、あまりにひどい話でしょう。
最近は、一般企業でも企業内託児所を準備している時代です。

大手グループのように規模が大きければ自社で託児所を作ることもできるでしょう。
しかし、そのようなことができなくても、提携することは可能です。
実際に預けている女性の評判を聞いて、必要ならば別の託児所を探すことも必要かもしれません。
このような手間をかけるのが普通です。

間違いなく準備してくれます

マットヘルス店にとって託児所は女性が安心して働くための条件の一つと言えます。
シングルマザーも主婦も歓迎というマットヘルス店なら、託児所がなければおかしいです。
もし、託児所の準備も提携もなく、単に歓迎というだけだったら、その店は何かおかしいと言えるでしょう。
要するに「口先だけで」歓迎と言っているだけなのです。

そのような店舗に入店したら、どのようなことになるかは想像に難くないでしょう。

まとめ

マットヘルス店は女性に投資をします。
マットプレイを教え込むからです。

マットヘルスですから、マットプレイという技能がなければ仕事ができません。
そんな「貴重」なマットヘルス店ですから、女性の待遇も高いことは言うまでありません。
特に子供の世話はお母さんでもある女性には切実な問題です。
そんな不安をマットヘルス店が放置するはずがありません。

託児所の手配はお店側がしてくれます。