マットヘルス嬢でもすべてのお客さんに気合いを入れた名刺を渡す?

2023年12月14日

TeroVesalainen / Pixabay

はじめに

マットヘルスなど風俗店に勤める風俗嬢は、稼ぐために指名を獲得しなければなりません。
そのためには男性客に名前を覚えてもらう必要がありますが、そこで重要な役割を果たすのは名刺です。
名刺を渡せば名前を覚えてもらえます。

また、そこにメッセージを添えれば感謝の気持ちを伝えられ、相手に好印象を残せます。
ここでは、マットヘルスで働く女性にとって名刺が重要となる理由と、メッセージを手書きする際に重要となるポイントについて説明したいと思います。

名刺を渡すことのメリット

カードフリーの男性客を接客した際、そのお客さんを指名客に変えるには名前を覚えてもらわなければなりません。
その際、名刺を渡せば、名前を覚えてもらえる可能性が高まります。

また、名刺に手書きメッセージを添えれば、女性の感謝の気持ちをダイレクトに伝えられ、女性に対する好感度を高められます。
マットヘルスで働く女性にとって名刺は、指名を獲得するための大切な武器となり得るのです。

指名の獲得に結びつく

風俗で稼ぐためには指名の獲得が必要です。
指名が取れれば指名料が受け取れるだけではなく、店内における評価も高まり、安定して稼いでいけるようになります。

ここで、指名を取るためには男性客に名前を覚えてもらう必要がありますが、問題となるのはフリー客に接客した場合です。
どのようなお店でもフリー客を案内する場合には店舗スタッフが女性の名前を告げて紹介してくれます。
また、女性が男性客に対面した時にも自己紹介します。
しかし、男性客の多くは女性の名前を覚えないのです。

たとえ男性客が女性の事を気に入っても、名前がわからなければ指名を入れられません。
そんな時、名刺を渡しておけば、名前を覚えてもらえるようになります。
さらに、名刺に女性の出勤日を記入すれば、次回から男性がお店を利用しやすくなります。
マットヘルスなどで働く女性は、フリー客に名刺を渡せば指名が得られる可能性を高められるのです。

手書きメッセージを記入すれば、気持ちをより明確に伝えられる

名刺は名前を覚えてもらうための手段となるものですが、印刷された名刺を渡すことは誰でもできることです。
そこで、マットヘルス嬢の中には、手書きメッセージを名刺に添える女性がよくいます。
手書きのメッセージを添えれば、感謝の気持ちなど女性が感じた思いをダイレクトに男性客に伝えられるようになります。
また、丁寧な文字で書かれたメッセージを見れば、女性に対する男性の好感度も高まります。

そこで、手書きメッセージを添えれば女性に対する評価を高められるため、接客態度を厳しく評価される高級店に所属する女性は、特にこの手書きメッセージに力を入れる場合が多くなっています。
また、マットヘルス嬢の中には口下手で、会話が苦手な女性もいます。
そんな女性であっても、手書きのメッセージであれば、気持ちを男性に伝えることが可能になり、男性との心理的な距離感を縮められます。
これらの理由により、マットヘルス嬢など風俗嬢には名刺にメッセージを添える女性が多くいるのです。

手書きメッセージを添える際の注意事項

ペン名刺には手書きメッセージを添えれば名刺の効果を高められます。
ただし、記載する内容と渡す相手には注意しなければなりません。
また、メッセージを書くことに夢中になって男性を放置したり、サービスが手抜きになっては本末転倒となってしまいます。
第一に力を入れるべきはサービスなので、優先順位を間違えるべきではありません。

その場で手早く書くのが原則

手書きのメッセージを記入すれば、男性客の気持ちを引くことができます。
しかし、メッセージはその場で書かなければなりません。
事前に準備していたメッセージでは、ありきたりな内容しか書けず、手書きの有り難みが薄れるので男性の心に響かなくなってしまうのです。
字が下手で、上手く書けないのであれば、書く練習をする必要があります。

幸い、マットヘルスでは個室待機できる場合が多いので、待機時間を利用して練習すれば良いでしょう。
また、メッセージを書くのに夢中になるあまり、お客さんを放っておくのもダメです。
メッセージの記入は接客の最後、お客さんを送り出す際に行われるものですが、できることならお客さんと会話しながら、手早く仕上げるべきです。
女性がメッセージを書いている時間についてもお客さんは料金を支払っています。

男性の立場からすれば、メッセージを書くのに5分も10分も費やす女性は手抜きしている風俗嬢と見なされかねないのです。
男性客との時間を潰すためにメッセージを書くようなことがあってはならないのです。

見え透いた嘘を記入するのはNG

名刺に記入するメッセージについては、お客さんを喜ばすために過剰なメッセージを記入したくなるものですが、見え透いた嘘はNGです。
たとえば、「たくさんイカされた」とか「すごく上手でした」というような内容は、すぐに嘘だと見抜かれます。

大抵、プレイ内容に関する感想には嘘が含まれるので、なるべくプレイに関するメッセージは避けたほうが賢明です。
また、あからさまに「指名をお願いします」というようなメッセージも、ビジネスライクな印象を男性に与えてしまうため、避ける必要があります。
男性の心を動かすには、女性の気持ちに焦点をあてたメッセージを記入すると効果的です。
たとえば、「いっぱいお話しできて楽しかった」とか、「素敵なお客さんに巡り会えてラッキーでした」というようなメッセージを込めれば、男性客との相性の良さを強調でき、男性を喜ばせることが可能になります。

メッセージを記入するのは難しいのものですが、接客時に感じた女性の正直な気持ちを込めることが重要なのです。

すべてのお客さんに渡してはいけない

キャンセル
いくら名刺を渡すのが効果的でも、すべてのお客さんに対して渡す必要はありません。

まず、男性が妻帯者であることが分かっている場合には渡してはいけません。
と言うのも、男性客が持ち帰った名刺が奥さんに見られてしまうと夫婦間のトラブルに発展する可能性があるからです。

せっかく掴みかけたお客さんが、お店を利用できなくなっては意味がありません。
また、常連客に渡す必要もありません。
名刺は初対面の相手に名前を知ってもらうために渡すものです。
指名を入れてくれた常連客はすでに名前を覚えてくれています。

名前を知っている相手に名刺を渡すと、よそよそしい感じになってしまいます。

名刺を渡さずに済む関係を目指そう

名刺はフリー客に名前を覚えてもらうキッカケとなるものですが、マットヘルスで働く女性が本来目指すべきは、名刺を渡さずにお客さんに名前と顔を覚えてもらうことです。
接客時に男性に強烈な印象を残せれば、名刺に頼ることなく名前を覚えてもらえます。
たとえば、恋人接客で心理的な距離を近づけ男性客の心をとりこにしてしまったり、濃厚なサービスで男性が経験したことのないような強烈な快感を与えられえれば、男性客は嫌でも女性の名前を覚えようとするものです。

得てして名刺を渡すことを頑張る風俗嬢はマットヘルス嬢に限らず多いものです。
しかし、気合いを入れた名刺を渡すのは、サービスの次に行うべき努力なのです。
もちろん、名刺は渡さないより渡した方が望ましいのですが、力を入れるべきは接客とプレイ内容の方であり、優先順位を間違えてはいけません。

まとめ

マットヘルスなどで働く風俗嬢が指名を獲得するためには名前を覚えてもらう必要があります。

フリー客に名刺を渡せば、名前を覚えて覚えてもらえる可能性が高まり、指名の獲得に繋がります。
また、名刺に手書きメッセージを記入すれば、女性の気持ちを男性に伝えられるため、女性の好感度を高められます。
メッセージは、女性の気持ちに焦点をあてたものを、手早く記入するようにすべきです。
ただ、メッセージを記入することに夢中になってサービスが手抜きになったり、男性客を放置するようなことがあっては逆効果となってしまいます。

マットヘルス嬢に求められるのはサービスが第一で、名刺に気合いを入れるのはその次です。
できることなら、名刺に頼ることなく名前を覚えてもらえるよう、サービスに力を入れるべきなのです。