マットヘルスとソープの違いと共通しているところは?

2023年12月14日

Fotomek / Pixabay

マットヘルスとソープは本番行為の有無に大きな差があります。
プレイ内容はマットヘルスが素股主体なのに対し、ソープは本番行為です。

この違いによって給料に大きな違いが出ます。
ただ、バック率に大きな差はなく、給料差はお客さんの支払額によるものです。

初心者も心配無用

風俗嬢として稼ごうとする女性にとって、マットプレイがある店舗は羨望の的と言っていいでしょう。
ソープが稼げるのは当然として、本番行為に抵抗がある女性でもマットプレイならより稼げるのです。

マットプレイは初心者の方が通る最初の難関です。
しかし、指導員の方が上手に教えてくれるため、ほとんどの方はマスターします。
先生不必要に心配する必要はありません。
指導員の方が実演しているのを見ると、自分にできるだろうかと心配になるかもしれません。

しかし、指導員の方も最初は自分が指導を受けているのです。
初心者だからマットプレイができないということはありません。
勇気をもって踏み出してみませんか?

師匠がいます

どんな業界にも師匠と言えるエキスパートがいます。

マットの技術もそのようなエキスパートが指導員として教えてくれるのです。
指導員の方は、ただ単にマットの技術を教えてくれるだけではなく、仕事のアドバイスもしてくれます。
指導員の方も最初は初心者として、不安を持ちながらマットプレイを学んでいます。
当然、そのころは「風俗デビュー」当時なので、仕事自体にも不安もあったはずです。

そんな大先輩に指導を受けることができれば、ただ単にマットの技術を学ぶ以上の何かを手に入れることができるはずです。

練習すれば自由自在

マットプレイはローションを塗ったお客さんとマットの上を自由に動き、快感を与える技術です。
マットの上は非常によく滑りますから、何かにつかまっていないと自分がマットから落ちます。
しかし、要領が身に付けば、自分が自由自在にマットを制覇することができます。

お客さんは寝ているだけで女性の体が自分の上を這いまわり、異次元の快感に引きずり込まれるのです。
単にマットの上を自由に動くだけではなく、お客さんに快感を覚えさせるためには、「ツボ」を知ることも大切です。
指導員の方は、そんなこともよく知っています。

スポーツ好きなら有利

マットプレイに向いている人はと聞かれれば、スポーツをしている人と言えるのではないでしょうか。

マットプレイ自体はスポーツではありません。
ただ、自分の体を常に動かしている必要があります。
体操などの経験者は一番有利でしょう。
体が柔らかいので、自分の体を自在に動かすことができます。

指導員の方も、あまり手間がかけずに指導ができるでしょう。
マットの上で自分の体を狙った位置に滑らせるためには、ある程度の運動神経が必要です。
運動は苦手という人は、ちょっと苦労するかもしれません。
もっとも、マットヘルス嬢が必ずがスポーツ万能であるわけではありません。
ご心配ななく。

マットプレイはどちらも同じ

マットヘルスもソープもマットプレイ自体は差がありません。
もともと、ソープのマットプレイをヘルスでやってみようというのがマットヘルスのコンセプトですから、一緒なのは当然です。
ただ、マットプレイ自体は簡単ではなく、技術が必要です。

とはいえ、難しいからこそやってみようとする女性は少ないので、できる人は歓迎されます。
当然給料は高いです。

マットヘルスで技術を身に付けると、その技術は他の店でも生きます。
勤めている店舗の給料より条件がいい店舗があれば、移籍する際にも有利です。

稼げます

お金マットプレイは一種のオプションです。
風俗店のオプションにはいろいろとありますが、有料オプションを追加してもらえれば手取り給料が多くなります。
マットプレイができるということは、全てのお客さんが有料オプションを選択しているのと同じです。
つまり、マットプレイができると稼げるわけです。

マットヘルスの料金は他のヘルスより高めの設定です。
プレイ内容は慣れれば難しいものではなく、定型的ですから効率よく稼ぐことができるでしょう。

マットができると厚遇されます

先ほど述べた通り、初心者の方に対してもマットプレイを丁寧に教えてくれる指導員の方がいます。
そのため、心配なく始めていただければいいのですが、実際にマットプレイをしようとする女性の方は多くありません。

マットプレイができる女性は一種の技能職と言えますから、大手グループ店に在籍していると最優遇の対応をしてもらえます。
マットヘルスのお店の中には、マットプレイの選択ができる場合があります。
この場合、マットプレイができる女性にはお店も積極的にフリー客を付けるでしょう。

移籍後も有利

もし、他の店舗に移籍したいという場合もマットプレイができると断然有利です。

結婚等でいったん引退した風俗嬢が再デビューを果たすことがあります。
人妻店や熟女店は増えていますが、手取り給料は若い頃ほど稼げないのが普通です。
しかし「技能職」のマットプレイができれば話が別です。
マットプレイができる店舗は喜んで採用してくれるでしょうし、当然待遇も悪くないでしょう。

マットができないソープ嬢

マットプレイのやり方は親切に教えてもらう事ができますが、それでもできないことがあります。
ソープの場合は、稼げないまま退店することになるのが普通です。
しかし、最近はマットプレイをしないソープ嬢が増えています。
ベットプレイだけというわけです。

ちょっと信じられないかもしれませんが、本番行為ができればそれでOKというお客さんも少なくありません。
無理をする必要はないのです。

できなくても悲観することはありません

マットプレイを指導されてもできないという女性も実は少なくありません。
子供の頃から運動が苦手だったという女性もいますから、仕方ないでしょう。

ただ、マットプレイができないからと悲観することはありません。
「普通の」プレイでも風俗店は十分稼げます。
マットプレイはちょっと特殊と言えば特殊な技能です。
自分の体の位置を水上のアメンボウのようにスライドさせなければいけません。

できるようになれば気持ちよくできますが、できない人もいるのです。
不必要に悲観する必要はありません。

マットなしのソープ嬢もいます

女性 下着マットができないソープ嬢と聞くと、ずいぶん矛盾しているような気がします。
しかし、大衆店の中にはこのようなソープ嬢が少なくありません。

男性客の中には、マットプレイに執着しない人も少なくないようです。
目的が本番行為というお客さんにとって、マットプレイの時間は煩わしいという人もいます。
このようなお店は、マットができれば好ましいけど無理をさせないという方針なのでしょう。
あまり時間をかけて講習する余裕がない大衆店にとっては、これも一つの選択だと言えます。

マットヘルスがオプションの店も多いです

マットヘルス店の中にはマットプレイがオプションになっているケースもあります。
この場合、マットプレイができない女性も問題なく在籍可能です。
マットがなくてもOKというお客さんをつなぎ止めるサービスができれば、指名を獲得し続けることが可能でしょう。
マットヘルスだけが風俗店のサービスではありません。

うまくできたらラッキーだという程度の気分でマットプレイにチャレンジしてはいかがでしょうか。

まとめ

マットヘルスやソープに入店すると、当然マットプレイの講習があります。
大抵の女性は指導の成果でできるようになるものです。

ただ、どうしてもできない女性もいることは事実でしょう。
でも、悲観することはありません。
マットなしでも稼げます。
もし、リベンジを期すなら再挑戦も可能です。

稼げることは間違いないので、頑張ってみませんか?