売れるマットヘルス嬢はテクニックだけじゃない!客が喜ぶ接客術

2023年12月14日

JerzyGorecki / Pixabay

マットヘルスは稼げます。
しかし、テクニックだけでは限界があります。
やはり、サービスやマナーといった接客術も必要でしょう。

日頃から人間観察をして、自己流でもいい笑顔の作り方などを考えてみるといいでしょう。
お店もノウハウは持っていますよ。

接客術の大切さ

お客さんを満足させることが目的のマットヘルス店は、性的な満足だけではなく、心の満足も求められます。
ちょっと長めのプレイ時間は、マットプレイだけではなく、二人の会話時間も含まれているのです。

会話一緒にいて楽しい女性だなと思われれば、次回の指名はほぼ確実でしょう。
しかし、プレイは一生懸命でも、プレイ後は疲れてしまって黙りっこくなる女性は次回の指名はありません。
一緒にいてつまらないからです。
マットヘルス店とはいえ風俗店です。

恋人気分を味わいたい男性も少なくありません。
そんな気持ちを満たす接客術も求められるのです。

ランカー嬢の人間観察

大きく稼いでいるランカー嬢の中には、道を歩いていても他人の顔に目が行くと言います。
相手を気持ちよくさせる笑顔、楽しくさせる笑顔、そんな笑顔を探しているようです。

必ずしも美人であったり、可愛かったりする必要はなく、相手の気持ちを和らげる笑顔がべストでしょう。
そんな笑顔で接客してもらえれば、お客さんも気持ちがいいです。
鏡を見て、そんな笑顔を見せることができるように練習しているそうです。
確かにそんな風俗嬢がいれば、何度でも通いたくなりますよね。

ハートを鷲掴みできるはずです。

稼ぐ風俗嬢の違い

稼ぐ風俗嬢は、接客術が優れています。
お客さんに気持ちよく帰ってもらえる接客術です。
だから、売れるのでしょう。

ランキング上位をキープするランカー嬢は、このような技術を持っています。
ただ、そのような風俗嬢の全員が飲食店などでの勤務経験があるわけではありません。
お店の指導の賜物で接客術を身に付けていることも少なくないのです。
新人当初はぎこちない笑顔の女性が、ちょっとすると輝くような笑顔を見せるようになることがあります。

お店の指導の賜物でしょう。
二回目に来店したお客さんがびっくりすることも珍しくありません。
このような風俗嬢は間違いなく大ブレイクします。

使えるものは使いましょう

風俗店の接客術はお客さんと一緒にいる時だけではありません。

帰った後も接客することができます。
自分のブログにお客さんが来てくれたことの感謝コメントを入れること一つの方法です。
書き込みができるシステムの場合、お客さんが書き込みをしてくれることがあります。
このような掲示板を見るとわかりますが、返事をしている女性は固定されているものです。

お店側も返事をするようにと指導しているはずですが、しない娘が多いのです。
ランカー嬢は必ず返事をします。
だからこそランカー嬢として君臨しているのです。
金メダルお店の売上にも貢献するため、スタッフのサポートも最大限になります。

同じ時間働いても、給料は大目に支払われることが多いです。
不満を持たれて辞められたら大損害だからでしょう。

テクニックに溺れない事

マットヘルス嬢として経験を積むとテクニックが付いてきます。
女性によっては「テクニシャン」と呼ばれる程になることも珍しくないでしょう。

テクニックがあればお客さんは黙っていても指名してくれると思い込んでしまいがちです。
しかし、そんなことはありません。
お客さんの目的はテクニックだけではないのです。

策士、策に溺れる

「策士、策に溺れる」という諺があります。

戦いで戦術を考える名手が、自分の戦術に自信を持ちすぎて負けてしまう事を言います。
自分では完璧な戦術と思っていても、どこかに穴があるものです。
謙虚に「何か問題はないだろうか」と考えなおす習慣が必要と言えます。
マットヘルス店に来店するお客さんは、必ずしもマットテクニックだけを求めているわけではありません。

中には「珍しいプレイ」を体験しようとするだけの人もいます。
男性客が求めるものは、テクニックだけではなく、女性と一緒にいる時間に恋人気分を味わう事です。

テクニックだけでは指名されません

フリー客は潜在的な指名客です。
次回、自分を指名してくれるかどうかは、その時のサービスで決まります。

テクニックだけでは次回の指名はありません。
接客術とはいえ難しいものではありません。
お客さんに合わせてお話をしてあげたり、口数の少ない男性であれば、積極的に話しかけてあげたりすることです。
ちょっと疲れ気味のお客さんには、マットプレイ後に膝枕で寝かせてあげたり、マッサージをしてあげたりするだけでもずいぶん違います。

「この娘は気が利くなぁ」と思われるだけで次回の指名を引き込んだようなものです。

サービス業で何が必要か?

マットヘルス店とはいえ、究極的にはサービス業です。
お客さんと一対一でプレイルームに一緒にいることがサービスなのです。
一緒にいる時間内にお客さんが心地よい思いをすれば、次回の指名は貴女のモノでしょう。

サービス業とは何かということが、いまひとつわからなければ、一度外資系の一流ホテルに宿泊してみてください。
うわべだけではない「サービス」とは何かがわかるはずです。
その雰囲気をちょっとでもプレイルームで再現するのです。

高級店のマナーまで要求されません

もっとも、あまりハイレベルの接客が要求されるわけではありません。

巷の「高級ホテルの接客術」とか「指名される・・・」というようなタイトルの本を読むこともありません。
お客さんが暑そうにしていれば、空調の温度を下げてあげたり、飲み物を出してあげたりするだけでも十分でしょう。
自分がしてもらって嬉しい、楽しい、と思えるようなサービスをしてあげるだけで十分です。
もちろんハイレベルの接客ができれば問題ありません。

しかし、経験がない事をすると失敗することが往々にしてあります。
一生懸命さがお客さんに伝わることも大切ですが、そこまですることはないでしょう。

高級ソープ店の接客

吉原の高級ソープ店は、お客さんがプレイルームに入ると土下座をして三つ指ついたお出迎えをしてくれます。
服はソープ嬢が一枚ずつ脱がせてあげて、自分の下着はお客さんに脱がせます。

接客術は高級クラブのホステス並みのレベルが求められます。
なにしろ、会社の接待で利用されることが少なくないためです。
プレイはお客さん最優先で進行します。
お客さんが望めば別ですが、騎乗位でお客さんの性器を生で受け入れ射精させます。

もちろん、射精後は口でしっかりふき取ります。
ここまで高級ソープではしているのです。

そこまで必要ありません

もちろんマットヘルス店でここまで要求されません。
それより、恋人気分で一緒にいる感覚が喜ばれます。

自分の彼氏と一緒にいるとしたらどんな対応をするだろうかと考えて接客すればいいのです。
自分が惚れ込んだ彼氏であれば、一緒にいて嬉しくて仕方ないでしょう。
そんな感じでお客さんを接客すれば上出来です。
次回の指名は確実と思っていいのではないでしょうか。

ちょっとしたこととで大違い

差マットヘルス店に限りませんが、このような接客ができない女性が少なくありません。
つまり、演技ができないのです。
男性も相手の女性が本気で自分に惚れているとは思っていません。
そんな気分が味わえるだけで十分なのです。

それだけで「次もまた来ようかな」と思うのが男性の心理です。
でも「そんなことをしてもわざとらしいから」と良くも悪くも素のままの自分をさらけ出す風俗嬢も珍しくないです。
それを気に入ってくれる男性ならいいのですが、往々にしてそんなことはありません。
ちょっとしたことで大違いなのです。

まとめ

サービス業でもあるマットヘルスは、お客さんに喜んでもらう事が次の指名につながります。
風俗嬢にとって指名の量は稼ぎに直結する要素です。
女性ならではの温かみのあるサービスや、人間味あふれる笑顔はお客さんの心も温かくします。

とかくマットプレイの技術が重視されがちですが、接客術が劣っていては技術も霞んでしまいます。
ちょっとした接客のコツを知るだけで指名は増えるものです。