デリヘルの平均バック率は?高級店だとバック率も高い?

2023年12月14日

ryanmorrisonjsy / Pixabay

風俗求人をみると「高額バック!」と書いてあるのをよく目にします。
高額!や激安!という文字列は女性なら誰もが目を奪われてしまうでしょう。
給料であれば高額のほうがもちろんベストです、デリヘルでせっかく働くのなら一円でも多く稼ぎたいところです。
ですが風俗にかかわらず求人情報は雇う側の都合いい部分だけが書いてあります。

甘い言葉で女の子を誘ってる側面もあり、リテラシーを持っておかないと、いざ働いて「あれ、思っていた給料とぜんぜん違う」とがっかりすることになりかねません。
そんなことがないように今回はデリヘルのバック率について考えていきましょう。

風俗のバックって?

デリヘルの平均バック率は?高級店だとバック率も高い?まずバックについて軽くおさらいしておきましょう。

風俗にはバックという制度があり、お客さんが支払ったお金をお店と折半するようになっています。
お客さんが支払ったプレイ料金からお店が取り分を引き、残りを女の子に支払います。
この支払われるお金を「バック」といい、「バック率」というのは女の子に支払われるパーセンテージを指しています。
バック率が高額になると一人の接客で数千円の差がうまれ、月100人接客したらその額も膨大なものになります。

これだけみると「バック率が高いお店で働いたほうが日給は高い」と思いがちですが意外とそうでもないのです。
バック率が高いほうが単価は高くなりますが、必ず稼げるという目安ではないので注意しましょう。

デリヘルの平均バック率とは

気になるデリヘルの平均バック率はどの程度でしょうか。

デリヘルには店舗型、派遣型とあり、派遣型のほうがバック率が高い傾向があります。
これは店舗を持たず経営できるため無駄な費用が発生しないからです。
お店や地域によって差がありますが、概ねどのお店も50%~60%くらいが相場となっています。
出稼ぎに関しては保証制度の兼ね合いで70%以上という高いバック率をしている店舗が多いです。

高級デリヘルでは容姿が特に優れた女性や、固定客を持っている女性であれば、70%以上の高いバック率で優遇してもらえます。
獲得した指名数やあなたの容姿によって変動性を採用している店舗もあり、細かいバック率は面接をしてみないとわかりません。
バック率50%の店舗で働くと、お客さんが10000円を払ったら、5000円が手元に入り、バック率が60%のお店であれば6000円があなたの取り分です。
一人接客するだけで10%も給料が違うとなれば高バック率のお店で働きたくなるのが人情です。

一万円であれば千円程度ですが、これが百万円、一千万と積み重なったらとても見過ごせない金額になってきます。
でもちょっとまってください。
実は高バック率のお店は雑費や罰金など、給料から天引きする部分で給料を減額している場合もあるのです。

バック率が高い≠稼げる店

回転 矢印風俗には雑費というものがあります。
・ローション
・タオル
・グリンス
・イソジン
・デリヘル送迎代
このように接客で必要な備品などの経費を女の子が支払わなければならず、給料の10%程度が引かれてしまいます。
つまり、バック率が60%だったとしても、雑費やその他経費で10%を引かれるお店であれば雑費無料の50%店とバック率に差がなくなるのです。

面接の際は雑費がどのように天引きされるのか、ちゃんと確認しましょう。
中にはバック率が70%の店舗もあり、その上雑費すらない天国のようなお店もあります。
しかし忘れてはいけないのが、バック率が高くなればなるほど、要求されるサービスが高くなるということです。
たとえばギャラの高いTV司会者が視聴率が取れなければ、たちまちクビにされてしまうのと同じように、お店側が高めにバックを渡しているというのは、リピートや接客でお店を満足させるだけのサービスを要求されるということです。

バックの種類

またバックにはオプションバックや指名バックというものがあります。

オプションバック

即尺やAF、コスプレや玩具、ごっくんなどのサービスをすることでもらえるバックのこと。

バック率が0%のものから100%のものまで幅広い。
おおむね女の子が苦痛な激しいサービスになればなるほどバック率の相場は高くなる。
オプションをいかにこなすかがリピートと給料を増やすのに重要。

指名バック

本指名などで指名された場合にもらえるバックのこと。
ネット指名や写真指名の場合、バック率がやや下がり、本指名では100%女性の取り分にしていることがほとんど。
本指名の多い女の子は「客が呼べる」ということなので、様々な点で優遇される。
バック率を高めに設定している店舗では、雑費のほかにこのようなオプションバックや指名バックを低く設定している場合もあります。

罰金制度など、求人にみえない部分で給料を天引きしてバランスをとっているため、バック率だけをみて「稼げる店」と判断するのは危険なのです。

稼ぐのに重要なのはバック率ではない!?

バック率は一本あたりの給料が高いという意味なので、一ヶ月通して働いた場合必ずしも給料が高くなるとはいいきれません。
なぜなら60%の店で1日1本つくのがやっとの場合と、50%でも客入りが良く、一日2本接客できるお店ではトータルで稼げる金額がかわってくるからです。

つまりバック率の相場よりも稼ぐために注意すべきなのは
・客足が多いか
・キャストは多くないか
・客層はいいか
この3点となります。
単価がどれだけ高い高級デリヘルであってもお客さんが全くつかないお店ではお金は稼げません。
風俗嬢はお茶状態をなによりも嫌います。
周りにキャストが何人待機してるのかも見ておきましょう、たくさんいればいるほど自分と指名を奪い合ってしまいます。

そして客層がいい店舗か、こちらも重要です。
低所得者ばかりで客層の悪いお店だと、ショートが多い上に攻め方もハードでリピートも返しづらく、性病リスクも高いので稼ぐ前に肉体的に参ってしまいます。
働いてみないとわからない部分も多いですが、今はネットで風俗情報はある程度調べることができるので、どこが繁盛してるのか、HPにどの程度在籍しているのか、働く前にリサーチしてみましょう。

あえて激安バック店で働く

タオル最近ではバック率の高いお店ではなく、バック率の低い店で働く女性が増えています。
望んで損をしているように思いますが、実はそうでもないのです。
バック率が低いお店は悪徳店舗じゃない限り、サービス料金自体が相場より低く設定されています。
そのため激安店などではバック率が低くなります。

サービス料金を低く抑えるとどうなるでしょうか、当然お客さんが増え、回転率が高くなります。
客足が増えればひとりあたり接客する人数も多くなり、たくさん稼ぐことができます。
初心者によっては固定客をもっていなかったりしますが、客足が多ければ固定客を持っているかどうか関係ありません。
予約あるなし関係なく誰でも気軽に忙しい環境で働くことができ、たとえ単価が低くても数をこなすことでヒマな一般店より稼げるというわけです。

いつ指名されるか不安な状況の中で待っているだけの高級店より、多少体を張ってジャンジャン稼げる方が、若い女性の間ではポピュラーなのです。

まとめ

いかがでしょうか。
高級店やバック率の高いお店のほうが稼げそうなイメージがありますが、接客する人数が多い激安店のほうが給料は多かったりするのです。

もちろん体力的に数をこなせない女の子であれば単価の高い高級店のほうが向いてます。
自分自身がどのような形態で働きたいか、お店ごとのコンセプトや客入りをリサーチして、失敗しないお店選びをしていきましょう。