デリヘルの出稼ぎ先を探すときには保証の条件や待遇を確認しよう

2023年12月14日

geralt / Pixabay

デリヘルはハコモノ風俗とは違い、匿名性が高く身元バレがあまりない風俗ジャンルとしても人気が高いものです。
しかしながら、やはり活動範囲が住んでいる場所や仕事や遊びなどの活動エリアでは避けたいと思うのも当然の感覚でしょう。
そこで選択するのが出稼ぎという方法ですが、出稼ぎ先を探す際のポイントを紹介していきましょう。

デリヘルは出稼ぎで試してみる

スーツケースこれまで風俗業界で働いたことがなく、身元バレなどもしたくない。
短期間である程度にまとまったお金が欲しいという方には、デリヘルの出稼ぎを行うことは何気にベストな方法と言えるでしょう。
というのもソープやファッションヘルスなどのいわゆるハコモノ風俗店というのは、ある程度に数が限られており、選択肢が少ないという状況にあります。
一方でデリヘルの場合には、日本全国至るところに存在しているので、大掛かりな遠方への出張をしなくても、日帰りが十分に可能な近場でお店を探すことができ、プチ出稼ぎを行うことが可能なのです。

このため身元バレしたくないけれどまとまったお金が短期間で欲しいという女性や、デリヘルってどういう風俗なのか体験してみたいという方などにおすすめなのです。

人気店に出稼ぎに行くこと

デリヘルで出稼ぎをする際のポイントとしてまず挙げたいのは、人気店に出稼ぎに行くということです。
人気の高いキャストが多数在籍していて、年中賑わっているデリヘルと、風俗店の経営もド素人であり宣伝の仕方も分からないようなデリヘルとでは働きやすさや報酬に雲泥の差が生まれます。

出張するのもタダではありませんよね?
交通費や宿泊費、滞在費などの経費よりも稼ぎが下回ってしまっているなら、それはもう出稼ぎとは言わず、プチ旅行になってしまいます。
このためにはしっかりとした事前準備をすることが重要になってくるのです。

保証内容はしっかりとチェックする

デリヘルもあまり人口が少ない地元よりも、都会などの人口が多いところに出張し、出稼ぎで稼ぐ女性が増えています。
利用客の絶対数が多く稼ぎやすいという理由の他にも、出稼ぎ風俗嬢には「最低保証」が設けられていることが多くそれを目当てに出稼ぎをしている女性も少なくありません。
ただしこの保証には必ず「条件」が付随しているものです。
ただ行けば貰えるというものではありませんから、事前にそれをチェックしておきましょう。

どのタイミングで貰えるのか?

最低保証で示されている金額はいつ貰うことができるのかを事前に確認することは重要なポイントになります。
出稼ぎをする初日に現地に到着をしたら保証金が貰えるのか。
実は何時という時間が決められていて、それまでに間に合わないと貰えないというルールを決めているところもあります。

なぜならば、面接をしたり契約内容を確認したり、独自のルールなどを説明する時間。
更にパネル写真の撮影などさまざまにやることがありますから、実際に働き始めるまでに時間が掛かることになりますから、最低保障の対象外にされるケースも少なくありません。
こういったことを事前に確認しておかないと、計算上では最低保障1日5万円を10日間で50万円稼ぐ予定だったのに初日が適用外になって予定通りの額が稼げなかったなんてことにもなりかねません。
特に初日の最低保証の条件は事前にしっかりと確認しておきたいところですね。

何時間の拘束時間で保証が出るのか?

最低保証は大抵の場合には待機時間で条件を満たす方法がスタンダードです。
5万円前後の高いところだと最低でも12時間拘束というところがほとんど。
8時間や10時間というデリヘルも存在しますが、そういったお店の場合、保証額が少なめに設定されているケースがほとんどです。

出稼ぎと同時に観光なども楽しみたいという予定なら、拘束時間の条件を事前に確認しておきたいところですね。

保証が減額・出ない条件を確認

デリヘルはその数が多く独自のコンセプトを定めていることがほとんどです。
そのコンセプトを守るための特殊なプレイをウリにしているデリヘルも存在しており、そのプレイが出来ずNG設定にしてしまうと最低保証が払えないというルールのところも存在していますから、確認をしましょう。

他にも契約期間内に遅刻をしたり、約束の期間まで働けず途中で帰宅することになった場合。
またお客さんからのクレームが出てしまった場合など最低保証が減額または出ない条件を細かく設定しているデリヘルも少なくありません。
拘束時間や出勤日数といったもの以外にも細かな条件を定めている場合があるので、出稼ぎをする前にちゃんと確認すべきですね。

交通費の確認は意外と重要

タクシー出稼ぎをしてデリヘルで働く場合、大事になってくるのが交通費の支給です。
交通費をどのくらい支給してくれるかどうかはとっても大事なポイントになります。
スタンダードなものとしては、7日間の出稼ぎ期間で片道分の交通費支給。
10日間の出稼ぎ期間なら往復分の交通費が出るというルールのデリヘルが多いです。

また近場のエリアへの出稼ぎであれば色々と融通を利かせてくれるものの、あまりに距離が離れている遠方の場合、あまり交通費が高額になるものです。
この場合、交通費に上限を設けられていたら、交通費だけで足が出てしまうもの。
上限が定めているデリヘルでないかどうかを確認するようにしましょう。
更に交通機関の違いによっても条件が分けられている場合があります。

例えば新幹線では10日間の勤務で往復分の交通費を支給するが、航空機の場合には、最低14日間働かないと往復分の交通費が出ないといったものです。
このような違いが設けられている場合には、期間を伸ばしてでも航空機を使うか、時間は掛かるけれど往復分がすぐに出る交通機関を使うのかを決めましょう。

宿泊費について

そして宿泊費についてです。

出稼ぎの場合には、前述までにもある通り短くても1週間から2週間の滞在を余儀なくされるケースが多いです。
そこで必要になるものといえば、泊まる場所。
風俗は肉体的にも精神的にも疲労度が高い仕事になりますから、次の勤務までの休息の時間は非常に大事です。
デリヘル店が保有している寮で宿泊なのか、事務所などの待機所に宿泊か。
それともビジネルホテルなどに泊まるのかは確認しておきたいですね。
その上でそれぞれにコストがどのくらい掛かるかも確認をしておきましょう。
寮や事務所泊などの場合であれば、時期などにより一人部屋が用意されないケースもあり得ます。
一人部屋でないと落ち着いて寝られず疲れも取れないというのであれば、そういった対応はされないかどうかも確認しておきたいところです。

雑費のチェックも忘れずに

領収書最後に雑費です。
女性のバック率や最低保証額は定められてはいますが、そこから雑費を引かれて報酬が渡されるのが一般的。
実はこの雑費はデリヘル店によってまちまち。

土地柄などの違いによって、雑費の名目や数も違ってきますから、どのくらいトータルで引かれるのかをチェックしておきましょう。

注意点を押さえて出稼ぎデリヘルで稼ごう

このように出稼ぎに行く際には事前に確認しておくべき点が沢山あることが分かりましたね。
出稼ぎが終わった後、思ったよりも稼げなかったと後悔しないためにも、やれるべきことはやっておき、気持ちよく働き高額の報酬を持って帰るために下準備を怠らないようにしましょう。