デリヘルの日給保証の平均金額を教えてください!条件ある?

2023年12月14日

Chillingo / Pixabay

デリヘルで働こうと思っている方も多いでしょうが、その中でも気になることといえば「日給保証」ではないでしょうか。
日給保証とは一度出勤をすれば最低限稼ぐことができると設定された報酬のことです。
そんな美味しい制度があるなら是非受けたいと思われる方がほとんどでしょうが、条件づけがされているのがほとんど。
日給保証の相場やその条件とはどのようなものなのかを紹介していきましょう。

そもそも保証制度ってどういうものなの?

デリヘルのみならずソープや他のジャンルの風俗でも、この日給保証という制度は行われています。
お金 手そもそも日給保証の制度は、出稼ぎの風俗嬢に向けて作られた報酬システムです。
せっかく遠方の風俗店まで出稼ぎに来たのにも関わらず、思い描いていたような報酬を稼ぐことができなかったなんてトラブルが頻繁に起こった時代がありました。

こういったクレームを防止するために日給保証という制度を作ったわけです。
まともな報酬を稼げるデリヘルだったとしても、複数のお店がそういったトラブルを頻発すれば、「実はデリヘルの出稼ぎは稼げない」という悪い噂が蔓延してしまい、優良店でも女の子を集めることが出来なくなってしまいます。
このため「ウチに10日間在籍してくれれば最低でも○○万円の報酬はお客さんが来ても来なくても渡しますよ」という条件を提示したのが日給保証の始まりになります。
それから徐々に出稼ぎ以外の女の子も利用できるようになり、特に客入りが多くキャストが少ない女の子の需要が高いデリヘルなどでは日給保証を使って女の子を集めるようになりました。

女の子が集まるきっかけとなったことは事実ですが、その一方で「あまり頑張らなくてもいい」という手抜き嬢を増やすことになってしまい、この対策として条件を設けざるを得なくなり、現在のシステムに落ち着いている感じです。

条件をつけられるのが一般的

日給保証を受けるためには、各デリヘル店が設定している条件を満たす必要があります。
時折、何も条件を出さず即決で日給保証を出すケースも存在します。

こういったケースはかなり稀で、そのデリヘル店にとってどうしても在籍して欲しいと思えるほどのハイスペックな条件を満たしている女性のみになります。
例えばアイドルや女優さん顔負けにルックスレベルが高い。
レースクイーンやグラドル顔負けのパーフェクトなプロポーションを持っているなどなど。
こういったスペシャル感満載の条件を満たさなくてもお店が打ち出しているコンセプトとベストというくらいにマッチしているキャラクターであるなどの場合も無条件で日給保証を受けられます。

しかしながら一般的な女性の場合にはお店が出している条件を満たす必要があります。
リストそれぞれのデリヘル店によってまちまちですが、よくある条件としては、週に5日以上、1日8時間以上の勤務などの拘束時間による条件。
他にも遅刻や欠勤をした場合には無効になるといったものなど勤怠面での条件。
インターネット上のキャストのプロフィールページに顔出しをすることや風俗情報誌への出演などの露出面での条件。

また写メ日記やブログなどでお店が決めた回数以上の更新をすることなど風俗サービス+αの業務面での条件などがスタンダードです。
大抵の場合には勤怠面だけだったり、露出面だけといったものですが、厳しい条件のデリヘルでは前述に挙げたすべての条件を満たさないと駄目といったところもあります。
日給保証と言っているのに条件があるなんて聞いてないなんてトラブルに発展しないように日給保証があるのか。
そしてそれを受けるためにはどういった条件を満たす必要があるのかなどは、事前にきっちり細かく確認をしておくことがおすすめです。

日給保証の相場金額はどのくらい?

日給保証を受けるためには一部のハイスペックな女性を除き、条件を満たす必要があることが分かりましたね。
それでは日給保証の条件を満たすと大体一日どのくらいの金額を保証してくれるのでしょうか。
ここで気をつけたいのが同じ保証でも日給保証とトータル保証というものがあるということです。

後者の場合には出稼ぎの女の子が対象にされるケースが多いのですが、まずは日給保証の相場から紹介しましょう。
日給保証と呼ばれるシステムは、例えば出勤したその日のみが対象になります。
例えば出勤をして日給保証が3万円だった場合、1万円のお客さんを出勤時間以内に2本しか相手にできなかった場合には、3万円-2万円となり1万円の保証金がデリヘル店から支払われるものです。
逆にその日は4万円分稼いだとなったとしても、そこに3万円がプラスされるわけではなく、稼いだ分の4万円が報酬になるということです。

日給保証で設定されている金額よりも、稼ぎが悪い状態を「保証割れ」と呼ぶのですが、日給保証とはいわば保証割れがした出勤時のみに支払われるものと考えましょう。
そこで日給保証の相場になりますが、デリヘルの場合は大体12時間拘束で3万円というところが相場になります。
利用料金が安く設定されている人妻デリヘルであれば、同じく12時間待機で2万5000円前後と考えましょう。
驚くほどに高く設定していないのは、前述でも少し触れたように「頑張るだけ損だ」という手抜き嬢を増やさないための防止策です。

このためあまり日給保証の高さや条件のゆるさのみでデリヘル店を決めるのはおすすめできません。
風俗業界に入り稼ぐと決めたのであれば、ある程度の苦労は覚悟をしてしっかりと営業努力や自分磨きをし、高額な報酬を稼げる嬢を目指しましょう。

保証についてのあれこれ

電卓紹介したのはあくまで保証割れが対象になる日給保証についてのみです。

ちょっと触れたトータル保証とはどのような制度でどのくらいの金額が相場なのでしょうか?
勤務をしたその日のみが対象になる日給保証に対して、トータル保証というのは、出稼ぎ嬢や短期風俗バイトをしたいと思っているような女性のために作られている保証制度と考えるべきでしょう。
例えば5日間の出勤で20万円保証だとか、3日間で15万円保証といったものがトータル保証になります。
出稼ぎ嬢を多く雇い入れたいという目論見をもっているデリヘルはトータル保証を前面にプッシュして求人を出していることが多いです。

トータル保証も条件が設けられており、事前に決められた日数や勤務時間を守らないと保証金は支払われません。
例えば5日間で20万円のトータル保証で1日12時間と決められているのに、3日間しか働けず帰ることになってしまった。
この場合3日出勤したのだから3日分の12万円を支払って欲しいといっても無理な話になります。
この場合は残念ですが3日間で稼いだ金額のみを支払われることになるのです。

トータル保証の相場としては、5日間12時間拘束という条件で大体1日4万円保証というところが多いですね。
このように保証と一言で言っても大きく分けて2種類あり、支払われる条件が違うことを把握しておきましょう。

日給保証をあてにしないこと

日給保証という制度は女の子にとってみると嬉しい制度ではあります。

しかしながら、あまりに保証の条件ばかりを重要視してデリヘル店を選ぶのはおすすめできません。
日給保証の相場は大体3万円前後であり、ある程度の努力をすれば簡単に稼げる報酬額だからです。
保証をあてにするよりも、デリヘル嬢として人気嬢になることを目指し、多額の報酬を稼げる嬢になりましょう。