風俗業界の中で一番顔バレのリスクが高いのってデリヘル?

2023年12月14日

Marper63 / Pixabay

移動するエリアが広く、他の業種と比べて特に人気の高いデリヘルはまさに風俗業界の中でも特に顔バレしやすい仕事でしょう。
それだけに、彼氏などに内緒でデリヘルの仕事をする際には、しっかりと身バレ対策をしておく必要があります。

デリヘルと顔バレ

女性時には直接自宅まで出向くデリヘルの仕事は、店舗型の風俗などと比べて特に身バレしやすい仕事と言えます。
何しろ平日の昼間のような、本来なら会社で働いているような時間帯に私服で外出する機会が多いだけに、知らず知らずのうちに友人や知人、果ては家族に外出先で出会ってしまい、それをきっかけに顔バレしてしまうこともあるでしょう。
さらに、デリヘルは他の風俗の仕事と比べて、特に男性からの人気の高い業種です。

世の中には風俗のお店は沢山ありますが、男性が風俗を利用しようと思った時、真っ先に思い浮かべるとしたらやはりデリヘルでしょう。
デリヘル以外の風俗の仕事といえば、ソープやホテヘル、エステにオナクラなど様々です。
同じ風俗嬢でも務める風俗店によって仕事内容は変わってきます。
ただ、他の店舗型の風俗店と違い、無店舗型のデリヘルは電話一本で呼べるといった特徴があり、いちいち風俗店にまで行く手間が省けるため、男性としては非常に便利です。

特に近頃はネットが発達したことで、ホームページからお手軽にデリヘル嬢のパネル写真を確認できるため、わざわざ店舗まで出向く必要性はほとんどありません。
それだけに、多くの男性客がデリヘルを呼ぶ際にパネル写真をチェックするものですが、それは同様に顔バレのリスクを引き上げる要因にもなります。
パネル写真を見る男性の数が増えれば増えるほど、それに比例して顔バレするリスクが増大してしまうだけに、風俗嬢であることがバレたくない女性にとってデリヘルはなかなかリスキーな仕事です。
ただし、事前に対策を講じておけば、顔バレや身バレのリスクは大きく減らすことが可能です。

身バレは怖いけれど、デリヘルで大金を稼ぎたいというのであれば、彼氏や家族にバレないようにしっかり対策をたててからデリヘル嬢になりましょう。

風俗嬢が顔バレする理由

いくらお金を稼ぎたいといっても、風俗嬢の仕事は世間からの評価が低く、いざこの仕事をしていることが周囲の人にバレると顰蹙を買いやすいです。
特に彼氏や家族にバレると、別れることになったり、離婚させられる可能性があります。

それだけに、風俗嬢になる際には出来るだけバレないようにした方が良いのですが、そもそもどのような理由から風俗嬢であることがバレてしまうのでしょう?
デリヘルに限らず、風俗バイトをしている女性は当初こそ周囲にバレないように仕事のことを隠します。
しかし、風俗バイトならではのストレスを溜め込む内に、つい友人や知人に風俗嬢であることをバラしてしまうことがあります。
本人としては信頼できる友人に秘密を打ち明けたつもりかもしれませんが、これをキッカケに彼氏や家族にまで秘密が漏れ、身バレしてしまうケースというのは意外とよくあります。

それ以外にも、風俗バイトをし、大金を稼いだことで金銭感覚が狂ってしまい、生活リズムが崩れ、それが原因で風俗嬢であることがバレたというケースも存在します。
なにしろ風俗バイトの給料は高額です。
コンビニやカフェのバイトと比べて、風俗バイトの給料はたとえ未経験の女性であっても初月から50万円を超えることもあります。
人気のデリヘル嬢ともなると月100万円を超えることもあるでしょう。

今まで一般家庭で生活していた人が突如、100万単位のお金を短期間で手にしたら、誰だってブランド物の商品を買いたいと思うでしょうし、食事も豪勢にしたいでしょう。
休日は旅行に出かけて羽を伸ばしたいと思って当然です。
しかし、今まで普通の暮らしをしていた女性がある日突然、成金のように豪勢な生活をスタートさせたら、家族でなくともおかしいと気づきます。
他にも、風俗嬢でないと知らない専門用語を話したり、バイブやローター、ゴムやピルなどの風俗嬢が持っていそうな物を普段より携帯していると、周囲の人たちに不審がられ、風俗嬢であることがバレてしまうかもしれません。

デリヘルとして働く女性の中にはパネル写真が原因で顔バレするかもしれないといった心配を抱える女性もいるでしょうが、風俗嬢が身バレする原因の多くは自身の行動が起因していることが多いです。
確かにパネル写真の撮影の際に顔出しをし、それを彼氏に見られなどしたら、顔バレしてしまうかもしれません。
しかし、そういった女性のために、多くの風俗店がパネル写真を修正し、本人だとバレないように細工をしてくれます。
デリヘル嬢が顔バレを防ごうと思ったら、顔出しをしているパネル写真を修正するだけでなく、さらには普段の言動を気を付けるなどの対策を講じる必要があります。

デリヘルの身バレ対策

彼氏や家族に内緒でデリヘルの仕事をしようと思った場合、まず身の回りに変化が起きないように細心の注意を払いましょう。
特に、お金の使い方には注意しましょう。
というのも、デリヘルの仕事は他の風俗の仕事と比べて特に稼げる仕事だからです。

そこまで美人でなくとも、可愛くて若い女性ならば、月収で50万円から100万円以上の給料は割と簡単に稼げるでしょう。
それだけにお金の使い方が荒く、浪費を繰り返していると、すぐに周囲の人に風俗嬢かもしれないと勘付かれる可能性があります。
デリヘル嬢が身バレしてしまう理由として、そのお金の使い方の荒さがあります。
デリヘル嬢になったことで収入が激増しても、特に必要のない商品やサービスの購入は控えましょう。

特にブランド物などの高級品の購入や、海外旅行などは極力避けましょう。
さらに、友達に奢ってあげるといった行為も、風俗嬢であることに気づかれるキッカケになりかねないため、親しい友人にも奢らないようにしましょう。
さらに、いくら大金が入ったからといってホスト遊びなどはしないように注意しましょう。
ホスト遊びを一度覚えると、いくらお金があっても足りなくなります。

シャンパンたとえ人気のあるデリヘル嬢であっても、ホスト遊びをするとたちまち貯金は底をつき、金欠になるかもしれません。
お金のある生活を送っても風俗嬢であることがバレる危険はあるのですが、お金がなくなって貧乏な暮らしをしても風俗嬢であることがバレる恐れはあります。
特に貧乏な女性というのは目に見えて変化しやすいものです。
彼氏や家族の中には心配なあまり、素行調査をする人もいるかもしれません。

そうなると確実に風俗嬢であることが発覚してしまうだけに、たとえデリヘル嬢として成功し、高収入を得ても、浪費は避けましょう。

服装の変化

たとえブランド品の購入を控えたとしても、服装の変化が原因で風俗嬢であることがバレることがあります。
例えば今まで地味な服装だった女性が急にファッションに目覚め、華やかになると、何かあったのかもしれないと周囲の人は疑うことでしょう。

変化するのは何も服装だけではありません。
目や鼻を整形するなど、何の前触れもなく顔や身体の形を変化させれば、やはり周りに怪しまれることになります。
デリヘル嬢になった女性の中には指名数を増やすべく、メイクに力を入れ、整形をする女性もいるでしょう。
しかし、それをキッカケに風俗嬢であることがバレてしまっては本末転倒です。

風俗の仕事を隠すなら、メイクやファッションは今まで通りにし、極力変化は起こさないように自重しましょう。

写真の修正

デリヘル嬢として働くようになると、パネル写真を撮影することになります。
このパネル写真の撮影の際に、顔出しをすると、それを見た友人や知人、恋人に顔バレするリスクがあります。

しかし、パネル写真を修正すると、たとえ顔出ししたとしても顔バレのリスクを避けることが出来るのですが、修正するべき写真は何もパネル写真だけではありません。
デリヘル嬢の中には写メ日記を更新する女性もいます。
そして、その写メ日記を更新する際に、自分で撮影した写真をアップすることになるのですが、この際に修正が不十分だと顔バレする恐れがあります。
そのため、自分で写真を撮影する際には、入念に修正しましょう。

さらに、写メ日記用の写真を撮影する際には、顔の一部分だけ撮影したり、普段ならやらないような派手なメイクをしてみましょう。
そうすることで、顔バレするリスクが減ります。
写メ日記の写真は意外とチェックするお客さんが多いだけに、アップする際には特に気を付けましょう。

アリバイ会社の活用

ビルデリヘル嬢が本気で身バレを防ごうと思うであれば、アリバイ会社を活用してみましょう。
アリバイ会社とはこういった身バレを防ぐことを専門としている会社のことです。
アリバイ会社に依頼をすると、まるで本当に普通の会社に勤めているかのような工作をしてくれます。
例えば名前や電話番号、メールアドレス付きの名刺を作成してくれたり、契約書や給与明細など、会社で働く上で作成される書類関係を用意してくれます。

アリバイ会社に依頼し、書類などを用意してもらうことで、いざ彼氏に勤め先のことを知りたいと言われても、名刺を渡すだけで誤魔化せます。
デリヘル嬢が身バレ対策を個人でやったところで限界があります。
しかし、アリバイ会社など、プロに依頼をすることで、より完璧な身バレ対策が出来ます。