デリヘルで本番をしたら違法ですが取り締まれないのが現状

2023年12月14日

succo / Pixabay

店長やスタッフに強要されるようなケースを除き、デリヘル嬢が個人的にお客さんと本番をした場合、本来であれば法律上禁止されている違法行為に該当するのですが、半ば黙認されているのが現状です。
なにしろデリヘル嬢がお客さんと本番をしても、それを罰するための規定がないため、仮に本番が発覚しても法的に罰せられることがないからです。

違法なデリヘル

手錠インターネットで風俗求人サイトをチェックすると、非常に多くのデリヘルの仕事を検索することができますが、これらの仕事はそもそも合法なのでしょうか?
デリヘルの仕事は短期間で効率よく大金が稼げる魅力的なバイトなだけに、この仕事の違法性に関して疑問に思う女性は多くいることでしょう。
なにしろ折角知らない男性を前に服を脱ぎ、エッチなサービスまでして大金を稼いだにも関わらず、後々になって違法行為が発覚して犯罪者にされてしまっては本末転倒です。
それだけに、女性がデリヘル嬢になる際には、このお店は違法行為をするお店なのか、それとも合法なお店なのかをしっかりと見極めておく必要があります。

まず、風俗求人サイトに掲載されているようなデリヘル店は基本的に合法なお店であることがほとんどです。
特に大手や優良店ほどその傾向は強いだけに、合法なデリヘルで働きたいのであれば、できるだけ大手のお店を探した方が良いです。
問題となるのは、大手以外のデリヘル店になります。
もちろん、大手以外のデリヘルであっても、真面目に経営しているお店はあります。

では、違法なデリヘルはどうやって見分ければ良いのでしょう?
まず、違法となるデリヘル店の種類として、無届のお店があります。
デリヘルが営業をするにあたり、お店は前もって営業することを届け出る必要があります。
警察に届け出ず、無許可で営業しているデリヘル店は違法なお店となるため、警察に摘発される可能性がかなり高いです。

さらに、18未満の未成年を雇っているデリヘル店は違法なお店となるので注意が必要です。
そして、デリヘル店は本来本番行為が法律で禁止されているにも関わらず、デリヘル嬢に本番を強要する行為は売春防止法によるところの管理売春の罪に該当するため、摘発されれば処罰の対象となります。
このように、デリヘルは法律上、本番は禁止されているため、デリヘル嬢はお客さんを相手に本番をする義務も必要もありません。
もしも本番を強要された場合、そのお店は違法なデリヘル店となりますので、すぐに辞めた方が良いでしょう。

たとえ違法なデリヘル店に勤務し、お店が摘発されたとしても、基本的にデリヘル嬢個人が処罰されることはありません。
捜査にあたって取り調べくらいは受けるでしょうが、処罰の対象にはならず、犯罪者にはならないです。
では、合法なデリヘル店に勤務しているデリヘル嬢が、個人的に利益を儲けるために本番をした場合はどうなるのでしょうか?

デリヘル嬢の本番

売春防止法が施行されている現在の日本において、利益を対価に性行為をすることは法律上、禁じられています。
一部、ソープのような例外はありますが、こちらはお客さんとソープ嬢の自由恋愛の末の性行為として建前上は扱われているため、黙認されているのが現状です。
一方で、デリヘル嬢の本番は建前なしに禁止されている違法行為となりますので、やってはいけません。

もしも風俗店側が本番を強要すると、お店側が摘発されることになります。
では、風俗店側が強要せず、デリヘル嬢が勝手にお客さんと本番をした場合、デリヘル嬢が摘発の対象になるのかというと、必ずしもそうとは限りません。
デリヘル嬢の中には指名数を増やすためであったり、借金を減らすためにやむなく本番をする女性もいます。
これらの行為は本来であれば違法行為に該当するのですが、現状としてその行為を咎めることは出来ません。

というのも、デリヘル嬢が個人的にお客さんに本番をする行為は、確かに傍から見ると売春ではあるのですが、その行為をもって処罰することが出来ないからです。
売春だからといって全ての行為が処罰の対象になるわけではありません。
売春防止法において単純売買春は違法ではあるものの被害者なき犯罪として扱われており、罰則規定が設けられてはいないのです。
そのため、デリヘル嬢がお店に内緒で勝手に本番をしても、単純売買春となるため、罰せられることはありません。

このような背景もあってか、デリヘル嬢の本番は取り締まられることもなく、黙認されているのが現状です。

デリヘル嬢が補導されるケース

女性 手錠確かにデリヘル嬢が単純売買春をしたところで、処罰されることはまずないです。
しかし、だからといってデリヘル嬢が売春をしても良い理由にはなりませんし、やり方次第では補導されるケースがあります。

例えばデリヘル嬢が店外にて援助交際の勧誘をした場合、売春防止法の第5条にある売春の勧誘等の罪に該当するため、補導され、罰せられます。
援助交際をしたことで補導された場合、20歳以上の女性であっても補導され、婦人補導院に収容されることになります。
収容期間は長期に及ぶため、その間はデリヘルの仕事はもちろん、普通の仕事にも就けないでしょう。
なにより家族に連絡が行くため、援助交際をしていたことはもちろん、デリヘルの仕事をしていたことも発覚することでしょう。

他にもデリヘル嬢がスタッフと共謀して別の女性に無理やり本番を強要させたようなケースでは、管理売春の罪で補導されることになるのでしょう。
売春は不特定多数を相手に勧誘してはいけませんし、女性に強要させてもいけません。
これらの行為をすれば、デリヘル嬢であろうと処罰の対象となります。

本番が発覚した際のトラブル

デリヘル嬢がお客さんを相手に勝手に本番をしても補導はされず、罰せられることもありません。
しかし、勤めている風俗店が悪質なお店であったりすると、様々なトラブルに巻き込まれることもあります。
例えば、本番をしたことが発覚すると、店長やスタッフにこれは犯罪だから通報されたら逮捕されるぞと脅迫され、高額の罰金を請求されるケースもあります。
もちろん、実際には逮捕されることもないため、この手の脅迫に屈する必要は本来ならありません。

そのため、風俗店によってはお店の規約違反を根拠に罰金を請求することがあります。
法律上処罰の対象外だからといって、お店の規約に違反していることに違いはありません。
それだけにデリヘル嬢の中には泣く泣く罰金を支払わされることもあるのですが、そもそも風俗店にデリヘル嬢を罰する権利などありません。
たとえ規約に違反しているからといって、支払う必要はなく、それでも強引に支払わせようとするならそれこそ犯罪に該当します。

本番をするにあたってトラブルが発生した際に、自分の力で対処できないのであれば、出来るだけ早めにプロに相談しましょう。
弁護士に相談することで、風俗店から法外な罰金を請求されたとしても、適切に対処することが出来ます。
ちなみに、トラブルを起こす相手は必ずしも風俗店側とは限りません。
お客さんが本番は売春防止法で禁止されている違法行為で、通報されたら逮捕されるなどといって脅迫をするケースもあります。

もちろん、実際にデリヘル嬢が処罰されることはないため、これはただの脅しです。
ただし、脅しの内容がエスカレートし、ストーカー化や、暴力を振るうようなケースに発展した際には、やはりプロに対応してもらった方が賢明でしょう。

本番をするリスク

確かにデリヘル嬢が本番をしたところで、処罰されることはないです。

店外で援助交際でもしない限り、補導されることはないでしょう。
では、本番をしてもデリヘル嬢には何のリスクもないのかというと、そんなことはありません。
まず、本番をするということは、性病に感染するリスクが存在します。
同様に、妊娠のリスクも上がります。

妊娠そして、頻繁に本番をし、このデリヘルは本番ができるお店だという間違った評判がネット上などで発信されると、やがて警察に目をつけられ、お店側が摘発される可能性があります。
もしも風俗店が管理売春を理由に摘発された場合、お店が営業停止になる危険性があります。
当然、営業停止になればそのお店で働くことが出来ませんので、移籍をすることになるでしょう。
この際に、本番をしていたことが移籍先の風俗店にバレると、再び本番をするかもしれないと怪しまれ、採用されない恐れがあります。

いくらデリヘル嬢が本番をしても犯罪者にならないからといって、まったくデメリットがないわけではありません。
むしろ警察に目をつけられるようになるため、安心して仕事が出来なくなる恐れがあります。
デリヘルは本番をせずとも稼げる仕事です。
折角合法なお店に勤務しているのに、違法行為をする必要はないでしょう。

目先の利益に囚われて本番をするより、ルールを守って仕事をした方が、精神的に安心してデリヘル嬢としての仕事に精を出せます。