デリヘルで本番されないような素股のテクニックを紹介

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

今回のテーマはデリヘルに置いて本番をされない為の素股のテクニックについてです。
デリヘルでは素股と言うプレイが基本メニューとしてあるのですが、本番に繋がってしまう可能性のある危険なメニューでもあるのです。

本番を回避する為に素股テクについてこれから色々とご紹介して行きたいと思います。

デリヘルでの本番とは

Faq今回のテーマはデリヘルでの本番行為を回避するテクと言う事で素股のテクニックなどを見て行きたいのですが、まずはデリヘルにおいての素股と本番と言う事について触れておきたいと思います。
デリヘルでの素股と言うのは、客とデリヘル嬢の性器同士を擦り合わせて客を興奮へと導く、あるいは射精させる為の風俗プレイの1つになります。

お互いの性器同士を直接擦り合わせる素股と言うプレイは、いわば紙一重のプレイでもあるのです。
というのも、もう既にある程度想像がつくとは思いますが、性器同士を擦り合わせるため1つ間違えると客の性器が中に入ってしまう、いわゆる本番行為になってしまう可能性が高いプレイなのです。
デリヘル嬢と言うのは風俗プレイのプロであり、素股のテクニックもしっかりと備わっていると思います。
ゆえに、デリヘル嬢からわざわざ客の性器を入れる、なんて事は基本的にはないでしょう。

そしてデリヘルにおいて本番行為は禁止されているため、あくまでタブーなのです。
よって本番行為はできないのですが、果たしてすべての客が素直にそれを受け入れるでしょうか?
客の心理、本音としては自分が選んだ可愛い子に大金をはたいているのだから、隙あればチャンスがあれば、と素股からの本番行為を心の中で望んでいる客はとても多いと思います。
素股時の本番行為をしては行けない事とわかっていつつも、素股までに至過程や興奮の度合いから我を忘れてしまったり、計画性があったり、ついうっかりや、取り乱してしまう事もあるかもしれません。

従って、客の方から素股中に性器を挿入する本番行為をしてくる可能性がある、と言う事になると思います。
これはデリヘル嬢としてとても迷惑な行為であり、基本的にはNGプレイですのでサービス中断になる可能性はとても高いです。
しかし、一瞬でも客の性器が挿入されてしまうと、その時点でデリヘル嬢はリスクを背負ってしまう事になってしまうのです。
と言いますのも、デリヘルに置いて素股と言うのは直接性器を擦り合わせるいわゆる生の素股と、素股時にコンドームを装着するS着素股と言うのがあります。

お店や女の子によって、素股時のゴムのありなしは違ってくると思いますがもしゴムを装着せずに素股をしていて、客の性器が挿入されてしまうとその時点でリスク、つまり性病に感染してしまった疑いがもたれてしまうことにもなるのです。
一瞬だから多分大丈夫だろう、すぐに洗ったから平気、先だけだったから、などと思うかもしれませんがはっきり言って関係ありません。
というのも挿入せずともゴムを付けずに性器同士を直接擦り付ける事自体で性病と言うのは感染してしまうのです。
性病とは基本的には粘膜感染の為、粘膜が触れ合う素股というプレイはとてもリクスが高いと言う事をキモに命じておく必要があるように思います。

よって、まずは大前提として素股のテクニックというよりも素股をするならゴムを着用しての素股、と言うのをおすすめします。
それが自分を守る為の一番の方法だと言えるでしょう。
もちろん客からすれば、ゴムをしないより生で素股される方が気持ちいいですし指名したくなる気持ちは強くなるとは思います。
しかし、何より怖いのがやはり性病なのです。

一人のデリヘル嬢としてずっと仕事をして行きたいなら健康な身体を維持するのも立派な仕事の1つと言えるのではないでしょうか。

テクニック

ここからは素股時に本番をされない為のテクニックについてお話して行きます。
本番されない為のテクニックを語る上でまず考える事は、客の心理だと思います。

ざっくりと言いますと、客は素股をしたい、でもいきなり本番してしまうと拒否する嬢がほとんど、ゆえにムードを作ってさりげなく挿入を心見ようとする、と言う具合に素股において本番までにはしっかりとケースバイケースで客のプロセスが隠れているのです。
まずはそのプロセスに敏感になる事が素股時に本番をさせない為のテクニックとも言えるのではないでしょうか。
部屋に入った瞬間からの客の行動や発言、そしてプレイ中の感度や表情、更には素股にうつった時の身のこなし方まで細かく観察する事が何より大事です。
つまり未然に防げるチャンスと言うのはいくらでもあるのです。

シールド本番を試みようとする客の心理として、まず大前提に濡れやすい女の子は確実に本番をけしかけようとしてくると思います。
濡れやすいと言う事はいってしまえば感度が高く、股がゆるい女性が多いのが現実なのです。
ゆえに、先まで入ってないよと言いつつ入ってしまうと、もう本番されてしまうケースがよくあるようです。
ゆえに濡れやすい女の子は特に気をつける必要がありそうです。

基本はS着だと思いますが、生ともなると特に気をつけてほしいと思います。
あとは、素股時の体位や角度、そして擦り付け具合なども、ある意味本番の駆け引きが潜んでいます。
デリヘル嬢として一番いいのは、入っているようで入っていない素股と言うのは一番興奮させれている素股プレイと言えるのではないでしょうか、入ってないのにまるで本当に入っているかのような素股、これが素股のプロだと思います。
常に客の心理を考えるようにしてほしいと思います。

そもそもなぜ本番をしたいのか、それは本番行為がより興奮するからです。
と言う事は、先ほども言いましたように本当に入っているような素股さえできればそれでいいのだと思います。
中々口で言うほど簡単な事ではないかもしれませんが、そこを目指して日々鍛錬して行ってほしいと思います。

まとめ

デリヘルで本番されないような素股のテクニックを紹介と言う事で色々と書いてきました。
素股で本番してこようとする男性は沢山います、まずは素股時にゴムを着用する事をお勧めします。
コンドームそうすれば性病を防ぐ事はできると思います。
そして尚かつ本番を回避させるテクニックと言いますかコツとしては、客一人一人の行動や言動をよく観察しておく、そして素股プレイに写った時に客の表情や空気感、そして言葉、特に少しだけならいいでしょう、や先だけ、などと言った甘い言葉をかけてきたり、好きだのかわいいだの言ってくる客はほぼ間違いなく好きあれば生挿入を試みている客に間違いありません。

ゆえに用心して下さい。
そして濡れやすい感度のいい女の子も本番をされてしまう可能性がとても高いです。
本番とはとてもリスクが高いプレイですし、性病に感染してしまう危険性があります。
素股のテクニックと言うよりは回避できるポイントをしっかりと把握しておく事が大事になってくると思います。

そしてテクニックで言えば、究極は挿入してないのにあたかも挿入しているような素股、と言うのが素股の理想像だと思います。
これを突き詰めてテクニックを日々磨いて行ってほしいと思います。
仮に素股時に本番を断ったり、嫌がる、そしてゴム着用をしつこく客に言って指名がなくなったり、客が離れて行ったとしてもそれは結果として自分の身を自分で守った正解の形と言えると思います。
風俗では例えば今回のように素股で本番できないとあっさり切る客も沢山います。

しかしそれはそれでいいのです、あなたの魅力に気づいて指名してくれる人だけを大事にしてあげて下さい。