デリヘル用の名刺に書くメッセージ例。本指名を返すポイント

2023年12月14日

JuralMin / Pixabay

名刺は初対面の人に渡すものになりますが、何を目的にしているのか知っていますか?
挨拶が基本で、あなたの名前をお客さんに覚えてもらうため、そして、何かあったときに連絡してもらうためのです。
これが基本になるのですが、たくさんの名刺を貰っていたら、名刺と顔が一致しないことがあります。
名刺をもらった瞬間に印象がない人だったら、心の声は「ふーん」となりがちです。

印象を残すために、名刺サイズ・素材などを変える。
規格外のデザインにする人もいます。
そのなかでも、一番効果があるものは、手書きのメッセージを書くことになります。
お客さんに覚えてもらうため、挨拶・お願い・出勤日・感想などを名刺にメッセージとして書くことになります。

デリヘルは派遣型のサービスになるので、店舗はありません。
ホームページからの予約指名になりますが、指名してくれたお客さんに名刺を渡すことで、次へのアプローチにつなげることが出来そうですね。
デリヘル嬢は名刺をどのように使っているのでしょうか、見ていきましょう。

デリヘル嬢は名刺を渡して何かあるの?

名刺高級店のデリヘル嬢になれば、客層はいいのですが、どれだけお客さんから指名されるかが稼げるかどうかのポイントになります。
だから、高級デリヘル嬢は必ず名刺にメッセージを手書きしてお客さんに渡しているのです。
つぎの来店時にも指名してもらえるように営業活動をするのです。
この名刺は、一般・激安店のデリヘル嬢でもしていい営業行為になります。

名刺を渡すことで何かメリットはあるのか?

メリットがないのに、名刺をわざわざ作って渡したところで意味がないですね。
ただ、一回渡したからと言って効果がダイレクトにあるとは言えないツールになります。
数いるデリヘル嬢のなかで印象を残すことが目的になっているのです。

名刺を渡すときに会話してお客さんと接触回数をふやして、あなたの印象をお客さんの心に刻み込むようにするのです。
何もしなければ、さようならバイバイになってしまって、お客さんは「ああよかった」で終わってしまいます。
そこに、あなたのメッセージをお客さんあてに手書きすることで印象を残して、次の機会に指名してもらうように誘導することになるのです。
フリー客で来店して、接客・テクニックを駆使してあなたはお客さんのファンになってもらうようにするのですが、その印象を名刺メッセージで伝えるのです。

次に同じお客さんが来店したら、また次のメッセージを伝えて印象を深く残していくようになるのです。
これを繰り返していくことで、デリヘル店・デリヘル嬢はあの女性となるのです。
今夜は遊びたいとなった時に、ホームページであなたを探すようにしてもらうのです。

名刺は個人情報が特定できてはダメ

デリヘル店から支給される名刺であれば、あなたが特定できる情報は掲載されていないと思いますが、あなたが独自で作成したものには個人情報が特定できるものは絶対掲載してはいけません。
本名・電話番号・住所・メールアドレス・LINEIDは記載しないようにしてください。
あなたの名刺に書いたメッセージは、基本的には捨てられるものになります。
お客さんと分かれた後、あなたのメッセージを読んだとしても捨てるのです。

お客さんが既婚者・彼女がいる男性は、絶対捨てることになるのです。
なぜなら、あなたが書いたメッセージで別れる火種になってしまうことになるからです。
あなたの捨てられた名刺をだれかがひろったらどうなるかわかりません。
お客さんに伝えた電話番号・メールアドレス・LINEIDだと思っても、だれかに利用されることにもなるのです。

名刺メッセージは事前にひな形文章で作成しない

名刺メッセージを事前に書いて、そのまま渡すのは効果がありません。
お客さんは「みんなに渡しているのだと」すぐにわかります。
あなたは、お客さんの目の前で名刺にメッセージを手書きして渡さないと効果がないのです。

名刺メッセージはみんなに渡すのか?

メッセージ ペン名刺メッセージは強力な営業ツールだから、全員に渡せば効果が大きいと考えてはいけません。
あなたは、デリヘル嬢としてお客さんを吟味して選ばないといけないのです。
お客さんとして清潔感がない・お客さんがあなたを認めていないなど、今後お客さんとして指名してもらいたくない人までも、名刺メッセージを書いて渡す必要はありません。

渡す相手は選ぶようにすることが大切になるのです。
名刺メッセージにしろお客さんの連絡情報入手にしろ、あなたのためになるお客さんでない場合は、不要です。

デリヘル嬢の名刺に書くメッセージは何

名刺にどのようなメッセージを書くのがいいか、「またよければ呼んでね」では印象には残りません。

どのようなメッセージがいいか見ていきましょう。
感謝の気持ちを伝えながら、次につなげるメッセージをすることがポイントになります。
指名してくれたことについては感謝の気持ち・お礼を素直に伝えることが大切になります。
そして、お客さんと過ごした時間の感想と次回も待っています。
あなたのスケジュールについて、いつの出勤が多いのかも記入すればいいです。
お客さんの印象・プレイ内容については、一言添えていると印象に残ります。
参考メッセージは以下になります。

「今日は〇〇〇(源氏名)を指名してくれてありがとう。今日はすごく興奮しちゃった。〇〇さん(お客さん)がしてくれた△△△はすごく気持ちよかった。次は私がもっとサービスするからね。ありがとう。明日以降は〇曜日何時から何時までの出勤予定です。次回来店時は、ホームページで源氏名〇〇を在籍確認してね」

名刺を渡し時にはお客さんに配慮する

前述で説明した通り、お客さんはデリヘル嬢に名刺を貰っても捨てることになりますが、それでもお客さんに名刺を貰ってくれるか確認してください。
「名刺渡すけどいい?」ではなく「名刺を貰ってくれるかな」になります。
お客さんがいらないと言えば、その場で読んでもらいましょう。

キス名刺を渡して、最後にディープキスをしてメッセージとあんたの印象をお客さんの心に刻印するようにしてください。
名刺は印象・記憶に残す営業ツールになります。
一番いいのは、名刺メッセージを渡して、お客さんからメールアドレス・LINEIDを教えてもらい顧客リストを管理することになります。
名刺はあなたからの一方的な営業ツールになりますが、お客さんとの連絡情報がわかれば、双方向でやりとりができるようになります。

勿論、あなたのメールアドレス・LINEIDは個人のものではなく、デリヘル嬢として作成したものになります。
メールアドレスであれば、フリーメールを登録してやりとりすればいいでしょう。
ダイレクトにやり取りできる場合でも、お客さんに事前にやりとりできる曜日・時間帯は確認する配慮は必要です。
名刺を渡して、数日たったときにメールでお客さんにメールを送るようにすれば、もっと印象に残るようになります。

あんたのことが印象に残れば、あなたから連絡しなくてもお客さんの方から、会いたいけど会えるかな・明日は出勤していますかとなっていくのです。
こうなったら、お客さんはあなたの虜になっているので、しつこく営業アプローチをしなくても名刺メッセージだけで、リピート客として連絡が入るようになっていきます。

まとめ

名刺メッセージは、あなたの印象をお客さんに刻む営業ツールになります。

名刺をワタシとはお客さんのからだに、たくさん触れて印象を残すようにしてください。
ご参考にしてください。