デリヘルで働くためにはどんな種類の身分証が必要ですか?

2023年12月14日

cytis / Pixabay

身分証明は写真付きで個人特定するための情報が掲載されている公的発行されているものになります。
身分証明は本人確認に使うもので、公的機関・民間手続きなどあなたが本人である証明をするものになるので、とても大切なものです。
国籍・住所・氏名・生年月日などを証明する公文書としては、住民票・戸籍謄本・健康保険証・印鑑証明証・学生証なども有効になりますが、身分証明証では、免許証・住民基本台帳カード・パスポート・マイナンバーカードなどになります。
最近では、なりすまし犯罪防止のためにも必要なものになります。

銀行口座開設・パスポート取得・クレジットカード発行・携帯電話申込みなどたくさんの場面で提示要求があります。
デリヘル嬢になる上でも風俗店に身分証の提示が必ず必要になります。

デリヘル風俗店になぜ身分証が必要なのか

18歳未満は働くことはNG

No 18デリヘル風俗店だけではなく、風俗嬢として働くときは必ず身分証明証が必要になります。
身分証明証が必要な理由は、年齢的なことが一番の理由になります。
18歳以上であることが前提になっているので、その証明をとっておかないと、風俗店側が摘発されることになるのです。
女性の年齢以外では、どこのだれかということも風俗店側として働いている女性のリスト管理が必要になります。

警察が時々、働いている女性のリストチェックを行うことがあります。

風俗街は犯罪者の温床になりやすい

風俗街は犯罪者の温床になる部分があり、身元がはっきりしていない女性は雇ってはいけないのです。
犯罪者が、逃亡しながら生計していくため風俗嬢として点々としていることもあるからです。

身分証明証では、国籍もきちんと確認が必要な理由は、この犯罪の部分になります。

不法入国している女性のチェック

不法入国・不法滞在・不法就労している女性は、身分証明するものがありません。
これらの人を雇っていることがわかれば風俗店側が摘発されることになるのです。

外国人が不法に風俗嬢として働いていると疑いがあれば、すぐに警察がくることになります。
不法とわかれば48時間以内に強制退去処分になるのです。

住民票では駄目なの

住民票・戸籍謄本・健康保険証・印鑑証明証などの身分証明では、書類とあなたが一致するかどうか証明できないのです。

だから、顔写真付きの運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カードがないといけません。
だったら、運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カードだけでいいのか?
これもNGになります。
あなたの本籍記載の住民票がセットにならないといけません。

この2つがそろって、あなたが18歳以上・不法入国していないかのチェックができるようになるのです。
18歳以上であっても高校生はNGになるので、風俗店で働くことを証明するために、風俗店側は親に高校生でないことを証明する資料を書いてもらうことがあります。
※都内のソープランドでは、18歳でも高校性のときもあるので、問題になることもあるため20歳以上としているところが大半になります。
高校生を雇っていると風俗店側が摘発されるので、それを防ぐための処置になります。

身分証明証が必要なタイミングはいつ?

面接風俗店での面接の時に、身分証明証が必要になります。
採用されて体験入店するときには必ず必要になります。
書類に不備があれば仕事はできません。

身分証明書の取得方法はどうすればいいの?

運転免許証を取得していない。住民基本台帳カードがない女性は、マイナンバーカードを申請してください。
マイナンバーカードは国内に住民票がある人は全ての人に配布されています。

これは紙製の通知カードになります。
通知カードについているマイナンバーカード作成依頼書類がついているので、それに記入して郵送すれば作成できるようになります。
住民票は、区役所・市役所などの役場に行けばすぐに資料は入手できます。
マイナンバーカードがあれば、コンビニでも入手することができます。

マイナンバーカードの通知カードをどこにやったかわからない方は、パスポートを作成すればいいでしょう。
パスポートは、各都道府県にパスポート申請窓口があります。
ネットで検索すれば、すぐにわかります。
一般旅券発給申請書1通・戸籍謄本1通・住民票1通・写真1葉・健康保険証か国民健康保険証を持参して申請すれば。

一週間程度で自宅に届きます。
※未成年者が申請する場合、法定代理人書類欄に親権者または後見人の署名が必要になります。
5年間有効なパスポートで11000円、10年間有効なパスポートで16000円必要になります。
時間とお金がある人は運転免許証を取得するのもいいでしょう。

費用は、個人差がありますが約30万前後で取得可能になります。
期間は合宿タイプであれば2週間・一般の通学で1か月半ぐらいになります。

身分証明証が必要ない風俗店はどう?

風営法にそった運営をしている風俗店は、必ず身分証明証が必要になりますが、身分証明証の提出についてふれない風俗店は違法店かもしれません。

表向きはデリヘルとなっているが、本番もある違法店・セクキャバで抜きサービスがあるなど、摘発されれば閉店になるお店になります。
あなたは本番行為をしたとしても、売春法では逮捕されることはありませんが、風俗店経営者は御用になったら逮捕されることになります。
あなたは御用にならなくても、警察から自宅に電話が入り親にはバレることになるでしょう。
身分証明証の提示要求がない風俗店に勤めることは、とても危険なのでやめてください。

身分証明偽造などはどうなる

風俗店側に問題がない場合で、あなたが18歳未満、または不法入国した女性であるにもかかわらず、住民票・身分証明証を偽造する・よく似た女性のものを借りて風俗店に入ることはダメです。
いずれもバレると風俗店はクビになります。
よく似た女性で入店できるのは、風俗店側のチェック問題になりますが、偽造した場合はあなたに問題があるのです。

手錠身分証明証の偽造は絶対にしてはいけない行為で、公文書偽造になります。
これは、悪意はなかったと言っても通用しません。
刑事罰になるので心しておいてください。
免許証・パスポートなどは、1年以下の懲役で20万以下になります。

どうしてもデリヘル嬢になりたいからといって偽造して見つかると、もっと遠回りすることにもなります。
身分証明証は正しい手順で入手することになります。
外国人の女性は、就業ピザの取得が必要になるのですが、風俗店勤務でのピザの取得はできないです。
別の職業で申請して就業ピザを取得しても掛け持ちはダメになります。

日本国籍を持たない外国人は風俗店側が雇うことはできないのです。
外国人でも配偶者が日本人・定住者の資格を持たない人は雇うことはできないのです。
外国人はバレると強制退去になるので、日本人と結婚するしか道はないのです。

まとめ

デリヘル嬢として働くには18歳以上(高校生不可)で、そのことを証明する身分証明証が必要になります。
身分証明証は、顔写真付きの運転免許証・パスポート・重婚区本大腸カード・マイナンバーカードのいずれかになります。
日本人かどうかがわかる公的資料も必要になり、顔写真つきの身分証明証とセットで提出しないと風俗店で仕事することはできません。
外国人の女性が風俗店で働く場合は、日本人男性と結婚する以外方法はありません。

ご参考にしてください。