大手グループのデリヘルで働くメリットを教えてください

2023年12月14日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

大企業で働くことは、「寄らば大樹の陰」と表現します。
メリットは、社会的認知度が高いので世間体がよくて、家族・親族のなかでも「すごい」と注目されますね。
福利厚生が充実して教育制度もきちんとして成長していることが実感できるのも大企業になります。
ただ、大きな会社の歯車になってしまい、仕事の価値はどうなのか、働き甲斐がイマイチの部分もあります。

とりあえず会社にいれば、なんとかなると考えてしまい。
考える能力が低くなることもあります。
自分の意見など通ることもなく、派閥のなかでどう生きていくかに終始して、上司に迎合するようになるのです。
風俗業界もむかしとは違って大手グループがあります。

大きいグループだったら、集客力があり全国に店舗展開しています。
新人に対しての体入保証・日給保証もあり、バックアップ体制もきっちりしていると聞きますが、現実はどうでしょうか?
見ていきましょう。

デリヘル店の店舗はどうなっている

デリヘル店だけではないのですが、風俗店のなかでは今一番勢いがあるデリヘル店は全国でも約20000店に近い店舗数で増加している風俗タイプになります。
店舗型サービスは、条令の関係で新規出店ができないので、グループ店もありますが、デリヘル店のような数ではありません。
風俗店のお店の形態は3つに分かれ個人店・コラボ店・大手グループ店になります。

個人店

男性 スーツ個人店は、昔で言う「八百屋」「肉や」「魚や」と同じ店舗で、オーナーがいて1人か2人の少人数で運営している風俗店になります。
ホームページは持っていないところが多く、繁華街にある風俗店紹介所・地方の風俗店紹介雑誌・風俗街に立っている呼び込みの力を借りて営業しているお店になります。
お客さんの集客力はないのですが、地方に根を張って営業を長くしている店舗になります。
なかには、風営法に沿うことなく違法性の高いサービスを隠れてしているところもあります。

昔ながらの風俗店タイプになるので、ダークな部分も残っていて、オーナー・スタッフがそれ系の人もいて、裏社会の出入り口になっているところもあります。
在籍女性も少なく10名から20名くらいの規模感になります。

コラボ店

コラボ店は、3店舗ぐらいの小規模店になります。

一般企業で言えば、先の1店舗タイプが零細企業で、この店舗は中小企業のようなものです。
この中小企業の複数が集まって、それぞれの強みを活かしてグループ化するようになったものになります。
東京吉原3店舗・横浜3店舗・仙台2店舗・札幌3店舗・福岡3店舗で別々のオーナーが経営しているところが、グループ名として営業展開しているところになります。
一見、大きい組織のように見えるのですが、それぞれ独立採算になっていて、グループでしていることは営業だけになります。

オーナーが違うところに移動するときは、グループとして考えが違うこともあります。
在籍女性は全体で300名前後の規模感になります。

大手グループ店

大手グループ店は、会社組織にしているところが多くあり、経営母体がしっかりしているところになります。

全国展開していて組織として成立している風俗店になります。
東京都内で働いていた女性が、事情で札幌に生活拠点を移動する場合などは、グループ内で情報更新するだけになります。
採用もグループ内ですることになるので、そのまま仕事ができる環境になります。
在籍女性は全体で1000名を超える規模感になります。

コラボ店・大手グループ店は、ホームページは所有して風営法にそって営業しているお店になります。
大手グループは風俗店だけではなく、プロダクションをもっている・プロダクションと提携しているところもあり、AV女優から風俗嬢・風俗嬢からAV女優といった移動もあります。

デリヘル大手グループは何がいいのか

メリット

Ok, Good大手になると全国展開しているところで安定という意味ではメリットになるのですが、それだけ規模が大きくなっていることは、風俗業界のなかでもルールに厳しいのだと思います。
もし、風営法にそった風俗店でなければ、潰れていたでしょう。
つまり大手グループは大手優良風俗になるのです。
女性として働く場所として、安心ができることになるのです。

全国展開しているので、あなたは働きたい地域で仕事ができるようになります。
いまは東京だけど、旦那の転勤で福岡に引っ越しすることになったとしても、大手グループ店なら福岡のお店で働きたいと言えば、そのままグループ内で移動ができるようになります。
風俗嬢として稼ぐためには、風俗店の集客力が一番大切になるのですが、大手グループでは、広告・宣伝に力をいれるだけの資金力があるので、働くデリヘル嬢としては、集客に心配することなくお客さんの接客・テクニックなどに集中して仕事ができるようになります。
大企業の福利厚生と同じで、寮・託児所・送迎など働き易い環境になるのです。

また、お金に困っている女性にはありがたいパンス制度(給料前借)もあります。
待遇面では、日給保証制度(1日の最低給料保証※お客さんがゼロであっても支給される給料になります)・バック率が高めなど、安心して働くことができるのです。
大手なので、スタッフもたくさんいて教育がきちんとされているので、デリヘル嬢として困ったことがあれば、的確なアドバイスをもらえることになります。
デリヘル嬢として、旦那・彼氏にばれない対策もできるようにアリバイ会社の利用ができるようになっています。

過去にあった裏社会との取引・慣習のようなものなく、クリーンで会社としてコンプライアンスに沿って会社運営をしています。
個人店のようにルールがあってないようなことはなく、サービスにないことはすることもない・出勤も女性の意志に任せるなど働く女性にとっては、信頼ができる環境になります。

デメリット

No, Bad一般の大手企業の場合と同じようなデメリットがあります。

安定して安心して働ける大手グループになるので、女性からの応募が多くあり競争率は高くなり、エントリーしても不採用になることがあります。
大手グループは大企業と同じで、効率のよい人員配置も考慮して風俗嬢を各店舗に割り振っていくようになります。
あなたが、この地域のこのタイプで働きたいと希望しても、地域のなかの複数店舗で調整して、望んでいるタイプの風俗店ではないところに配属されることもあります。
大手グループでは、勤めるスタッフ・キャストの統制をはかるため、内部でのルールが厳しくマニュアル化されています。

これに沿って仕事をしていかないといけなく、1店舗の風俗店のような柔軟性はなく融通がきかない側面もあります。
これは人間の数が増えれば、そうするしかないことになり、これをしないと個人店で好き勝手にするお店の集まりになってしまいます。
そうなれば、何か問題があれば全店に影響を受けることになります。
グループ店内で問題を起こした女性は、同一グループ内の移動は情報共有しているので難しいと思います。

一般の大企業と中小企業と零細企業と、仕事内容は違いがありますが、基本的な考え・運営は同じ内容でメリットとデメリットがあります。

まとめ

あなたがデリヘル嬢として安心して働きたいなら、迷わず大手グループ店になります。
あなたがルールに縛られることなく仕事がしたいなら個人店になります。

大手グループのメリット・デメリットを参考にして、あなたに合う働くデリヘル店を選んでください。
ご参考にしてください。