求人サイトの広告で見る「ホテヘルで保証2万円」って誇大広告なの?

2023年12月14日

Picography / Pixabay

風俗業界には日給保証という制度があり、指名が少なく稼げない日があったとしても最低限保証の給料は貰える、という風になっています。
誰でも適用されるような保証ではなく、条件を満たした嬢だけが適用される保証制度です。
このように、夢のような制度ですが、風俗嬢を集めるために誇大広告として出している風俗店があります。

風俗業界の求人広告について

ダミーが多い

求人サイトの広告で見る「ホテヘルで保証2万円」って誇大広告なの?風俗は地元で働く風俗嬢から、出稼で地方や都内に出てくる嬢まで様々です。
働くお店を探すために求人広告を見て決めており、待遇やバックを確かめてから判断している女性がほとんどだと思います。

どれも信用可能な安心出来る広告なら問題ありませんが、風俗業界はダミー広告や誇大広告が多いことで有名です。
そのため、自分で嘘を見抜く力を持たなければいけません。
ダミー広告や誇大広告が多い理由は、風俗嬢を集めるためでしょう。
特に、ハードサービス店は面接を受けにくる女性が少ないため必至で、ソフトサービス店の偽りの求人を出しているほど。

それくらいしなければ風俗嬢が集まらないのです。
高待遇、高いバック、高い日給保証を売りにしている求人や広告は、基本的にダミーだと思って下さい。

言葉通りに捉えてはいけない

風俗の広告や求人を見る際は、言葉通りに捉えてはいけません。

良いことばかり書いてある求人はまったく信用出来ないので注意して下さい。
高いバックと書いてある求人の場合、全員が全員高いバックを貰えるわけではないことを理解しておきましょう。
文面通りの額の給料を貰える人は人気がある風俗嬢のみで、ほとんどは書いてある額の半分を稼げればいい方だと思います。
稼ぐためには本指名をいかに増やせるかが勝負となるため、文面通りの額を稼ぎたいのであればサービスの質と接客のレベルを高くして下さい。

日給保証についても高いバックと同じで、よほど人気がある風俗嬢でなければ付かないでしょう。
出勤すると予約で全て埋まるレベルの風俗嬢であれば適用される確率は高いです。
とはいえ、ここまでいくとたとえ日給保証が適用されたとしても、日給保証以上に稼いでいるためあまり関係ないと思います。
求人に書いてあることを文面通りに捉えてしまうと痛い目をみるでしょう。

よほど人気があって稼ぎがいい風俗嬢でないと求人通りの待遇にはなりません。

具体的な罠

日給保証を貰うためのハードルが高い

ハードル日給保証を貰うためには、お店が提示した条件を満たす必要があります。

入店してから全員に適用されるわけではないのです。
まずはそれを理解しておきましょう。
日給保証を渡す気がないお店の条件はかなり厳しく、シフトについて条件がある場合が多いです。
週○日以上の出勤でオープンからラストまでかつ無遅刻無欠勤、という条件が多いのではないでしょうか。

無遅刻無欠勤は基本的に条件として当たり前のように出されている可能性が高いので、出勤に自信がない人は辛いと思います。
週○日以上の勤務でオーラスまでというのもかなりハードで、体力的にも精神的もキツいでしょう。
そこまでして日給保証が欲しいか、と言われたら微妙な人が多いのでは?
無理難題をふっかけてくる風俗店が多いです。

明らかに日給保証を払う気がないお店の条件を満たすために一生懸命に働く必要はありません。
確実に貰えそうなお店に移籍するのも手です。

元から日給保証がない

そもそも元から日給保証を用意していない、という風俗店もあります。

風俗嬢を集めるためだけに嘘の広告を出しただけで、いざ面接で問うと「昔はあったが今はない」と、言われることもあるでしょう。
日給保証が目当てで入店をしようと決めていたにも関わらず、「無い」と言われたら入店を諦めてもいいと思います。
ダミー広告を出すお店はろくなところではありません。
何か被害にあう前に辞めて下さい。

日給保証があるように見せて貰うための条件を高くする、という悪質な風俗店も存在します。
絶対に誰も達成出来ない条件を出すのです。
あまりにも条件が厳しい時は、周囲の風俗嬢に話を聞いてみましょう。
誰も貰っていないようであれば確実に日給保証はありません。

狙うなら大手の店舗型の風俗店

どうしても日給保証が欲しいという風俗嬢は、大手の風俗店を狙って下さい。
大手は売り上げあるため風俗嬢に対して福利厚生がしっかりしており、働きやすい職場環境を作ってくれています。
そのため、日給保証にも期待が出来るのです。

特に、大手の店舗型風俗店がおすすめでしょう。
ホテヘルを始めとする出張型の風俗、いわゆる無店舗型では日給保証は期待出来ないからです。
大手の店舗型風俗であればそこまで厳しくない条件で日給保証があるでしょう。
自分にとって働きやすいお店はどこなのかを探して下さい。

入店前に必ず確認しておくこと

面接で条件や求人内容について確認する

ハードル本入店をする前には必ず面接を行い、求人内容の確認や、お店で働ける人物であるかどうかを確認します。
この時に、風俗嬢の方からも色々と質問が可能なので気になることは全て聞いておきましょう。

日給保証の詳細についても必ず聞いて下さい。
日給保証について尋ねた時に普通に答えてくれるようであれば多少信用は出来ます。
貰うための条件についても少し頑張ればいけそうであれば問題ないでしょう。
逆に、条件がかなり厳しいところは、日給保証を払う気はない可能性が高いです。

明らかに無理難題すぎる、と思った時はお店への入店を辞めて構いません。
問題は、日給保証について質問をしたというのにはぐらかすお店です。
確実に日給保証を払う気がないお店だと判断出来るので、その場で面接を辞めていいでしょう。
バックを高くすると引き止めてきたとしても耳を貸してはいけません。

嘘をつくお店なのでそれも嘘である可能性が高いです。

仮入店を行い店内の様子を知る

仮入店をして店内の様子を確かめておくことも大切で、日給保証の条件を達成出来そうか見極めて下さい。
例えば、指名の数についての条件を出されたとしましょう。

仮入店で実際に働いてみて全体の来客数が多いようであれば達成が出来やすそうですよね。
反対に、予約をしたお客さん以外少なく、フリー客が少ないとしばらく苦労をすると思います。
客入りが良いと判断出来るお店は稼ぎやすいはずです。
風俗嬢の出勤についても確かめておいて下さい。

出勤について厳しいお店だと、ほんの少し遅れただけで遅刻を付けられる可能性があり、場合によっては罰金が発生します。
出勤に異様に厳しいお店では、出勤の条件を日給保証で出された時に達成しにくいでしょう。

日給保証は最初から当てにしない

最初から日給保証を当てにするのは辞めて下さい。

求人広告に「日給保証有り」とあったからといって誰もが簡単に貰えるわけではないからです。
必ず何かしらの条件があり、きちんとした払う気があるお店であれば少し頑張れば達成可能なレベルでしょう。
どう頑張っても達成が出来ない条件の場合、お店は日給保証を払う気がないと見て構いません。
上手い話というのはこの世にありません。

騙されないように気をつけて下さい。

まとめ

日給保証は誰もが貰えるわけではなく、ある一定の条件を満たさなければ貰えません。
よほど優秀な風俗嬢でないと貰えないので、求人広告に書いてあったからといって信じないで下さい。

風俗嬢を集めるためだけに求人に書いているお店もあるくらいです。
日給保証を狙っている人は、大手の店舗型風俗を狙いましょう。