キャバクラで働いているとどんな事で病みますか?

2023年12月14日

stevepb / Pixabay

水商売の世界は、銀座のイメージなどに代表されるように、昔から「女の園」や「女性社会」などの表現で、その独特の世界が語られてきました。
関東圏でいうと銀座や六本木、新宿などの繁華街や、関西のキタやミナミ、札幌のすすきの、九州は福岡の博多天神など、全国に「女の園」的な特徴を備えた店舗群が密集している場所が点在しています。
こういった業界やお店では、経営者はともかく、現場の従業員の中心は、接客をおこなう女性となります。

こういう環境ですと、やはり「ならでは」の困った事象も多く発生する、と聞きます。
キャバクラで働いていると、病んでしまうことはあるのか、病むとすると、どんな要因が考えられるのか、というところについて、ご紹介します。

ストレスを生む要因は複数ある

キャバクラの仕事内容

酒 バーキャバクラの仕事とは、風俗営業をウォッチするための法律である風営法という法律下において、「お酒と異性が伴う接客業」の対象とされています。
わかりやすくいえば、法律上からして「男性客相手に、歓楽的な接客をおこなう」とみなされている、ということです。
ここでいう「接客」の意味ですが、キャバクラでよく言われるところの「色恋営業」的なものが、商売の根幹をなしている、という見方を、法律(つまり国や地方自治体)がしているくらいですから、キャバクラのお仕事とは、つまりは「疑似恋愛的なもの」がメインになる、といっても、過言ではないでしょう。
例外的に、キャバ嬢とスタッフやお客さんの間で、本当に色恋沙汰になるようなこともあるにはありますが、あくまでも少数派であり、キャバクラ勤めで女性が抱えているストレスの多くは、キャバクラならではのユニーク性に起因するところが大きいようです。

待機場所での攻防

「女の園」といわれるだけあって、女性従業員(キャバクラでは「キャスト」と呼ばれています)同士の攻防も、少なからずあるようです。
一度でもキャバクラに行ったことのある方ならお分かりかと思いますが、大方のお店において、お客さんにも見える場所に、待機場所が設置してあることが普通にあります(これは、トップクラスの高級店でもよくある設定で、半ば「これだけ良いキャストを揃えている、バラエティに富んでいる」、ということを、お客さんにアピールする狙いもあるかと思います)。
待機場所では、文字通り女性キャストがお呼びがかかるまで(つまりフリーのお客さんにつくための順番が回ってくるか、指名がかかるかまで)待機することになります。

人気のある嬢の場合、当然頻繁に呼ばれますし、中には閉店までたくさんのテーブルを回って、待機場所にはほとんど帰ってこないような場合もあります。
お呼びがかからず待機場所にいる時間が長い嬢は、サラリーマンに例えれば「仕事ができないその他大勢」的なポジションとなってしまい、それだけでもかなりのストレスが想像できます。
キャバクラの待機場所は、女性同士の皮肉の言い合いや、派閥の形成にもかなり貢献している、といえそうです。

容姿は重要な要素

女性 シルエット女性同士で仲良くなったり、派閥ができたりすることの背景には、あまり顔やスタイル等の容姿は重要視されないのかもしれないですが、お客さんに対しては、容姿は非常に重要な要素であるばかりか、むしろ容姿こそが人気を形成するための最大要素であったりします。
このため、超高級店になってくると、もはや容姿が良いのはあたりまえで、そのうえでのプラスアルファ(性格的なものやトークの面白さなどの特技)を問われることになることもありますが、一般的にはキャバクラ全般で、芸能人と同じように、容姿の占める割合が非常に高くなります。
お客さんから見た容姿というものは、時代の流行りやスタンダードな価値観に相当に左右されるものではありますが、容姿を指標としたお店選びをしないことには、容姿優先である職種であるだけに、想定されるダメージが大きく、最悪の場合はメンヘラ状態になったりすることもあるため、身の丈に合ったお店選びは非常に重要です。

環境の問題もついてまわる

スタッフの質も重要

こうした「容姿を最優先とした女性社会」では、お客さんにつけるための采配を担当しているスタッフや、お客さん選びを任されている声かけスタッフなど、男性スタッフの役割も、相当大きいものである、と考えた方が良いでしょう。
スタッフの技量がいまいちだったりした場合には、そこからさらにストレスが倍増するようなこともままあります。
男性スタッフは、お店の大方針に沿って動いているものなので、おおもとになるお店の方針はもちろん大事なのですが、方針を具現化して実際に采配を振るうスタッフの腕が水準以上でないと、そもそもお客さんが入らなくて稼げないことになったり、お客さんが入ったとしても、うまくない回し方をされたり、スタッフとの人間関係をうまく構築できなくて、干される(お客さんをつけてもらえない)ようなことになってしまったりと、スタッフ起因のストレスも、十分考えられます。

キモ客の存在

男性 笑顔キャバクラで働いて起こるストレスの要因は、これだけではありません。
お客さんの質の問題もあります。
よく言われるところの「キモ客」に代表されるような「質の悪いお客さん」も、キャバクラで働くうえでの大きなストレス要素となってきます。

容姿がウリの商売だからといって、容姿の良いお客さんばかりが来店するわけではありませんし、むしろ「容姿が水準以下」のお客さんのほうが多い、と考えて、間違いないでしょう。
なかには「お金さえ払えば何もしても良い」と考える人や、色恋営業と本物の恋愛の区別がつかず、粘着質的にねばっこく絡んでくるようなお客さんも存在していて、病んでしまったうえに、「そのエリアには二度と近づきたくない」と、エリア替えを敢行してしまうようなキャバ嬢も、多々みかけます。
容姿が水準以上で、スタッフの質も良い場合においても、客筋が悪ければ、ストレス要因になり得てしまう、ということです。
キャバクラは、基本的に肉体的性的サービスがなく、色恋営業的、精神的サービスな側面が大きい分、性風俗よりも高い確率でキモ客が発生する可能性が高い、と考えておいた方が良さそうです。

まとめ

キャバクラという商売は、基本的に容姿重視であるうえに、一般的な性風俗の業種のような、直接的なフィジカルサービスを有していないことから、熱心に精神的サービスの仕事(つまり色恋営業)をやればやるほど、勘違いをしたキモ客を多く生むリスクを抱えており、リスクはそのまま女性従業員のストレスに直結してきます。
さらにはお店のスタッフの技量もうまく見極めたうえで働かないことには、干されたり、稼げなかったりすることも少なくありません。
本人の容姿や周辺スタッフの力量、お店の方針、お店が存在しているエリアでのお店のポジション、儲けを出すために設定されたポジション別のお店の方針など、まわりまわって女性のストレスになる要素は、一般的な昼職と比較すると、非常に多く存在しているのです。

こういった「メンヘラになってしまうリスクをはらんだ、キャバクラという職業の構成要素」をよく吟味して、さらには自分自身の容姿の客観評価や、普通よりも大きなストレスがあることを前提として場合の自身のストレス耐性の評価など、キャバクラで働くことを決める前に確認すべき要素をよく確認したうえで、お店を選択した方が良いでしょう。
さいわい、こういった事情をお店でも認識していて、多くのお店で体験入店を実施していることが、せめてもの救いである、といえそうです。