熟女系風俗店で当欠すると干される理由は?アラサー嬢の悩み

2023年12月14日

Luiz_Fernando_Vicente / Pixabay

何かとストレスの多い風俗の世界において、時には体調不良を理由に休むこともあるでしょう。
基本的に風俗店は自由出勤のお店が多く、シフトは自由に組みやすいです。

事前に連絡をすれば休みも取りやすいのですが、無断で遅刻や当日欠勤などをするとペナルティを受けたり、干されることもあるので注意が必要です。

熟女関係の風俗求人

女性風俗嬢といえばやはり若い女性が主役です。
そして、年齢を重ねるにつれて人気は低迷し、収入は落ちるものです。

それだけに、30代ならまだ大丈夫なのですが、40代頃になると採用してくれる風俗店の数も限られ、仕事を見つけるのも難儀します。
このように熟女と呼ばれる年齢に達すると、たとえ女性であっても風俗店に勤務することが難しくなるのですが、風俗店の中には熟女系や人妻系と呼ばれるような、アラサーやアラフォーの女性であっても歓迎してくれるお店があります。
こういった熟女系の風俗店は確かに若い女性中心の風俗店と比べると給料が安くなりがちですが、それでも風俗店としては高い人気のあるジャンルであり、本人の努力次第ではOL以上に稼げるものです。
ただし、いくら熟女であっても採用されやすいからといって、遅刻や欠勤が多い女性となると風俗店からの評価も落ちやすく、やがては干されるようになるなど、苦境に立たされることもあります。

OLなどの一般職と違って、自由出勤の風俗店は時間の融通がききやすく、昼職のある女性や、子育てのある女性であっても、都合の良い時間帯や日にちに働けるものです。
特にアラサーやアラフォーの熟女の場合、家族に内緒で仕事をする既婚者もいるでしょう。
独身の女性と違い、家庭のある女性の場合、家庭の事情で急遽仕事を休まざるを得なくなることもあります。
そのような時であっても、事前に連絡を入れ、理由さえ告げれば、当日欠勤をしても許されることもあります。

一方で、身勝手な理由で当欠をすれば、それだけ風俗店の評価は落ちやすく、干されるのみならず、罰金やクビなどのペナルティが課されることもあります。

風俗嬢が当欠する理由

自由出勤どころか、週一の出勤でも許してくれるお店があるなど、なにかとシフトに関しては自由な風潮のある風俗の世界ですが、当欠に関してはこの限りではありません。
遅刻や当欠をされると、風俗店側としても予定を組みなおさなければならず、非常に対応に苦慮することになります。

特に当日、お客さんから予約されていた風俗嬢の場合、クレームに発展するだけに、遅刻や当欠をした風俗嬢に対する風当たりは強くなるでしょう。
ただし、当欠も理由次第では許される場合もあります。
例えば、体調が悪く、性病の疑いがある時などがまさにそれです。
特に性器の周辺が痒い、炎症を起こしている、出血しているという場合、性感染症の症状に似ているため、お店側としても休んでもらった方が良いと判断してくれます。

確かに予約のあった風俗嬢が当欠したらクレームに発展するでしょうが、お客さんに性病を感染させた場合、さらに酷いクレームに発展します。
性病が蔓延するような事態になればお店も営業停止の処分を受けるかもしれません。
性病の風俗嬢が出勤すると、お店が損害を受ける可能性が高く、風俗嬢の当欠はむしろ理に適った行動となります。
それだけに重度の病気や性病の疑いのある症状が現れた時などは、当欠するに相応しい理由となりますので、お店からも許してもらいやすいです。

似たような理由で生理前の体調がツライ時も当欠しやすいのですが、こちらは可能限り事前に連絡を入れるように努力した方が良いでしょう。
なにしろ生理がある度に毎回当欠、もしくは遅刻をされていては、風俗店側からこの女性は自己管理のできない女性だとレッテルを貼られる恐れがあります。
いつ生理前になって当欠するかわからない女性にお客さんを付けたいとはお店側も思いませんので、頻繁に生理を理由に当欠を繰り返す風俗嬢はお店から干される可能性が高いです。
性病や生理はまだ理由のある体調不良なので、よほど頻繁に繰り返さない限り、干される原因とはならないでしょう。

ただし、なんとなく怠い、面倒臭い、モチベーションが上がらないという、あまり健康とは関係ない理由で遅刻や当欠をすると、風俗店からいつ当欠するかわからない女性だと判断され、やがては干されるかもしれません。
風俗店は自由出勤しやすい職場となりますので、面倒だからという理由であっても休むことは可能です。
ただし、理由がどうであれ、休むのであれば事前に連絡を入れるか、シフトに組み込んでおきましょう。
病院 マークたとえ出勤日数がほとんどないレア出勤な風俗嬢であったとしても、遅刻や当日欠勤がなく、シフト通りに出勤しているのであれば、お店側の評価がマイナスになることもありませんし、干されることもないです。

月1回しか出勤しなかったとしても、シフト通りであれば問題はありません。
しかし、本来なら出勤する予定であったにも関わらず、遅刻したり、当日欠勤をしたり、果ては無断欠勤を繰り返すと、干されるばかりか、クビになる可能性もあります。

熟女が抱える悩み

基本的に性病などの重度の体調不良であるなど、きちんとした理由があるのであれば当欠しても許されるものです。

ただし、若い女性と違い、アラサーやアラフォーの熟女ともなると、体力は衰え、身体は弱ってくるものです。
ちょっとした怪我や風邪が致命傷となることもあるでしょう。
熟女によっては年齢を重ねるごとに体調不良になりやすくなり、普通のOLの仕事が続けられなくなった女性や、更年期に突入することでメンタルが不安定になることもあります。
特に稼げなくなった熟女の場合、将来に対する漠然とした不安からうつになりやすく、その時に風邪などを引くとさらに弱気になって症状が悪化しやすくなるものです。

アラサー、さらにはアラフォーともなると体調管理は難しく、若い女性以上に当欠しやすくなることもあります。
きちんとした理由があったとしても、流石に何度も連続で当欠を繰り返すと、風俗店としては何かしらの対処を講じることになるかもしれません。
例えば体調不良が原因でよく休む風俗嬢にはあまりお客さんを回さないにようにする、つまり干すことになるかもしれません。

当欠する風俗嬢へのペナルティ

当欠を繰り返す風俗嬢は風俗店側からペナルティを受けることがあります。
特に高級店のような、お客さんからの信頼を大切にしているお店ほど、ペナルティは強くなる傾向があります。
なにしろ風俗嬢が遅刻や当欠をすると、その日、その女性を指名したとしても、お客さんはサービスを受けれないことになります。
いると思って指名をしたのに、実際には出勤していないのでは、お客さんからしてみれば詐欺にでも遭ったような気分になるでしょう。

特に前日に予約したにも関わらず、当日になっていきなりキャンセルなどされたら誰だって怒るでしょうし、クレームにも発展します。
なにより、予約がなくなるということはお店側としては本来得られる筈だった利益が失われることを意味するだけに、当欠をした風俗嬢に罰金を課されるケースもあります。
さらに、当欠を繰り返す女性は干されるばかりか、そのままクビになることもあります。
どれほど可愛い女性であっても、当欠が多い女性となるとお店側にはあまり利益になりません。

それならば、真面目に出勤する女性にお客さんを紹介したいでしょう。
お店にいられても利益にならないばかりか、損失に繋がると判断された場合、風俗嬢はクビにされるものです。
体調が不良なら仕方ないのですが、それ以外の理由での遅刻や当欠は避けましょう。

当欠への対策

女性たとえ体調不良であったとしても、あまりにも当欠の数が多いとこの仕事には向いていないと思われ、クビにされるかもしれません。
そのため、体調不良気味な女性は、面接の時にしっかりその旨を伝えておきましょう。
面接のときに体調不良になりやすい、持病がある、体調が原因で遅刻が多くなるかもしれないなど、入店をする前の段階で申告をしておくと、いざ当欠することになったとしても、お店から許してもらいやすいです。
もともと体調不良気味な女性だということが面接の時にわかっていれば、お店側としてもそれに合わせて予定を組むことが出来ます。

一方で、面接時に体調不良であることを申告しないと、後で発覚した時に評価が落ちやすく、干されるかもしれません。
それだけに、病気がちな女性は面接で体質や体調についてしっかり申告しておきましょう。
たとえ体調不良になりやすい熟女であっても、事前に申告し、お店に配慮してもらえれば、いざ当欠しそうな日であってもクビの心配を恐れず、安心して養生できます。