50代でもマットヘルスで働ける?そのお店はお客さん入ってる?

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

50代の女性が、平均年齢20代から30代女性前後のマットヘルスで活躍するのは、正直言って厳しいかと思います。
それでも、実際に50代の風俗嬢というのは少なくありません。

その理由としては、少し前に話題になった「人妻専門風俗店」という業態が出来たことが挙げられます。
今回は、50代でも通用するマットヘルスが存在するのかどうか、そして活躍されている50代の風俗嬢のテクニックや日常生活に関しても掘り下げて記載していきます。
人妻専門の風俗店の集客率の良し悪しなども添えて書いていきますので、是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

50代の風俗嬢って実在するの?!稼げているの?

50代でもマットヘルスで働ける?そのお店はお客さん入ってる?50代の風俗嬢は実在します。
しかも、全国に結構な人数の50代の風俗嬢がいます。
口コミによれば、50代女性が集う風俗店には政界の大物も来店するようです。

なので、そうした太客を掴めた一部の50代の風俗嬢が稼げていることが多いでしょう。
全体を通してどの50代の風俗嬢も稼げているのか、と聞かれればそうではありません。
そこは一般的な平均年齢20代から30代前後の風俗店と同様です。
人気のある一部の風俗嬢が人並み外れた収入を手にしているようです。

50代の風俗嬢ってどんな人たちなの?元々風俗やってたの?

ほとんどの50代の風俗嬢が風俗業界未経験であることが多いです。
基本的には結婚していて家では専業主婦やパート女性として過ごしている人たちです。

中には、若いころに風俗業界で働いていたことがあるという女性もいらっしゃいますが、あまり多くはないです。
また、熟女ならではの落ち着いた立ち居振る舞いで癒してくれるような優しい女性が多いのも特徴の1つですね。

50代の風俗嬢の魅力とは?どうして若い子よりもいいとお客さんは思うの?

50代の風俗嬢の魅力とは、その包容力にあるでしょう。
マザコン気質な若い世代から、毎日責任ある立場で務めている会社役員まで幅広い年齢層の人たちが魅力を感じるポイントはそこだそうです。
若い世代のお客さんからすると、50代の風俗嬢は母親のような包容力で包み込んでくれるので、安心感があるのでしょう。

また、毎日責任ある立場で務めている会社役員は、多忙の為、なかなか心が落ち着く時間というのが確保できずにいるのです。
そんな時、50代の風俗嬢がゆっくりとした会話のテンポで愚痴や話を聞いてくれることによってメンタルコントロールが出来ることを期待しているようです。
こうした包容力と聞き上手な点というのは、やはり20代から30代の若い女性よりも50代の女性の方が得意ですからね。

稼げる50代の風俗嬢は月にどれくらいの給料をもらえているの?

やはりこれも一般的な若い風俗嬢が在籍する風俗店と同様に、稼ぐ50代の風俗嬢は月に100万円以上を持ち帰ることもあります。
風俗嬢の年齢が魅力と一切関係しないかといえばそうではありませんが、それでも見た目や容姿にかかわらず、稼げる50代の風俗嬢というのも存在するのです。
東京都内の某マットヘルスに在籍する50代の風俗嬢もまたその1人です。
出勤日数が毎日のようにあるわけではないなかで、月に90本の本指名をもらっているとのことです。

よほど人間的な魅力がある方なのでしょう。

マットヘルス以外にも、他の業態にも50代の風俗嬢っているの?

マットヘルス以外にも、ソープやホテヘル、デリヘルといった他の業態にも50代の風俗嬢はいます。
どの業態でも必ずと言っていいほど、年齢制限がゆるいまたは熟女専門の風俗店というのがあります。

そうしたお店に在籍を置いて活躍している50代の風俗嬢はいるのです。

50代の風俗嬢がソープで働く理由は?どんなプレイをしているの?

疑問50代の風俗嬢がソープで働く理由としては、やはり割高な収入が見込めるからでしょう。

ソープはサービスが本番により近い業態なので、マットヘルスやホテヘル、デリヘルと比べて客単価が高く、バックも良いのです。
もちろん、20代から30代のソープ嬢よりは50代の風俗嬢がもらえるバックの方が安いです。
しかし、平均的な50代の風俗嬢のバックよりはよほど稼げるのです。
プレイ内容はそのソープ店によって差がありますが、中にはNNをするのが当たり前というような風俗店もあります。

こうしたお店で働く50代の風俗嬢は多いのです。
既に閉経している為に、ピルなどの避妊薬を服用しなくともNNが出来るということで在籍を置いているそうです。

50代の風俗嬢がNN有りのソープで働いた場合、性病感染の確率は?

50代の風俗嬢がNN有りのソープで働いた場合、性病感染の確率はかなり高めです。

というよりも、性病感染は閉経前であろうが閉経後であろうが、関係なく感染します。
むしろ、20代から30代の風俗嬢よりも50代の風俗嬢の方が免疫力が落ちているので、1度性病に感染すると治癒するまでにかなりの時間を要します。
しかし、彼女たちも生活がかかっている為に、風俗の仕事を休んでまで性病が完治するのを待つことが出来ません。
その為、性病にかかった状態のままで出勤する50代のソープ嬢というのは残念ながら沢山います。

50代の風俗嬢を採用するのはどんな風俗店なの?

基本的に50代の風俗嬢を採用するのは人妻専門か熟女専門の風俗店です。
そうした風俗店は若い世代よりも人妻や熟女など精神的な癒しをお客さんに与えられる人生経験豊富な風俗嬢を求めています。
また、そうしたコンセプトを元にお店を立ち上げた業者さんなのです。

一方で、年齢制限を限界まで伸ばした激安店というのを売りにしている風俗店もあります。
そうしたお店は、飲み会や宴会などの行事でバツゲームをやる際に自分たちのお店を使ってもらえるように謳っていることもあります。
激安店に在籍する女性の質は決して高いとは言えず、60分の接客をしてもバックは3000円前後と風俗にしては最低水準のバックしかもらえません。
それでも、自分の年齢を考えてそうした激安店に身を置き、少しでも収入を得ようとする50代の風俗嬢がいることも確かです。

マットヘルスに在籍する人気の50代の風俗嬢が意識している2大自分磨きとは?

Why上記でお伝えしたような月収100万円を稼ぐ人気の50代の風俗嬢が意識している自分磨きの方法は、「清潔感を保つこと」と「最高に聞き上手になること」の2つです。
これは全年齢層の風俗嬢たちに共通して言える稼ぐコツとも言えます。
来店してくれたお客さんやフリーのお客さんに好感を持ってもらう為に、清潔感を保つことはとても大事なのです。

容姿うんぬんよりも、人としてきちんとした最低限の身なりが整っているかどうかや、年齢を重ねても女性らしさを忘れていないかどうかというのは男性から最も重要視されるポイントなのです。
また、聞き上手な女性はどの年齢層の男性からも支持されやすいポイントです。
こうして、いつの世にも愛される女性を目指す為の努力を怠らないことで、マットヘルスに在籍する人気の50代の風俗嬢は月収100万円を稼ぐことを可能にしたのだと思います。

まとめ

今回は、「50代でもマットヘルスで働ける?そのお店はお客さん入ってる?」というテーマで記事をまとめましたが、結論から言うと、一部の50代マットヘルス嬢に対してお客さんは入っています。
どのお店にもまんべんなくお客さんが入っているとは言えませんが、人間的な魅力や熟女専門の風俗店ならではの魅力を再現出来ているお店には自然とお客さんが集まっています。