マットヘルスでパネル写真を撮ると指名率も上がるし手当てもでる

2023年12月14日

rkarkowski / Pixabay

パネル写真があるのとないのとではお客さんからの印象が大きく異なってきます。
マットヘルス嬢が写真を撮れば指名率が向上するだけではなくて手当が貰えるなんて事もありますので、是非そうして頂ければという感じです。
しかし、個人の都合もあるでしょうから、それに応じて柔軟に対応する事も考えていただきたいです。

風俗嬢にとって非常に重要なパネル写真ですので熟慮した上でどうすべきかを判断しておくようにしましょう。

お客さんがまず最初に見るのが写真

マットヘルスでパネル写真を撮ると指名率も上がるし手当てもでる人と対面した時にまず何を見るかを考えてみてください。

言うまでもなく相手の顔になるでしょう。
お客さんが風俗店のサイトであったり、或いは店舗で最も注目するのがパネル写真になります。
いわば皆さんにとっての顔の様な存在ですから、重要度は極めて高いです。
基本的に風俗店に在籍をすると程なくして撮影になるでしょう。

もちろん拒否する事も可能ですが、これからの事を考えて撮影に応じておいてください。
それを使用するかどうかは後で決められます。
モデルでもないのにそんな事できるかな?
という感じですが、プロのカメラマンさんが色々と指示をしてくれますので、特別なテクニックが必要になる訳ではないです。

ポーズにしても1つずつ指定してくれますから、それに応じておいてください。
もっとも本人の美しさがどの程度なのかというのも関係してきますが、パッと見た感じはモデルさんの様に見えますので皆様としても嬉しいでしょう。
色々と褒めてくれたりもしますので、病みつきになってしまう女の子もいたりします。
沢山の写真の中から良さそうな物を選んで、それを掲載するという形になります。

中には実物とは比較にならない様な写りになっているものもあります。
この様な写真の事をパネマジ写真なんて言ったりします。
パネルマジックという言葉からきている訳ですが、特別問題という訳ではありません。
お客さんとしては若干迷惑してしまいますが、風俗業界において写真の修正は日常茶飯事ですから、そういうものだと思って受け入れてください。

ただ、個人的なこだわりとしてどうしても修正を少なくしたい、或いはしないまま掲載したいのでしたら、その考えをお店側に伝えておいてください。
全てのケースで自分の言い分が認められるかは分りませんが、そこまで言うならという事で無修正でOKになるかも知れません。
余程ルックスに自信がある女の子でないと難しいでしょうけど、そういう方法もあるのは知っておいてください。
自分にとってベストの写真を選択する事が重要になります。

顔出しするかどうかは大きなポイント

お腹 手マットヘルス店でも写真撮影は行われますが、この時に最大のポイントになると言っても過言ではないのが顔出しするか否かです。
どういうことなのか意味が分かりにくいかも知れませんけど、要するに顔の部分にモザイクを掛けるかどうかという話です。

お客さんにとって好ましいのはモザイクが無い状態という事になる訳ですが、これをしてしまいますとバレリスクが格段に高まるので、そういう意味で女の子の負担も重くなってしまいます。
お客さんの立場で考えて頂くと分かりますが、顔が分からない女の子を指名するのは一種の賭けです。
とんでもない不細工が出てくるケースは稀にしても、自分の好みのタイプかどうかはそれだけでは判別できない訳ですから、そういった事を考えていただきたいです。
お客さんのためというのでしたら、やはり顔は出しておく方が良いでしょう。

指名してくれるお客さんもその方が増えますから収入増にもつながります。
ただ、これはそれなりに可愛い女の子に限るという事は言っておかなくてはいけません。
ブスの女の子が顔出しをすると却って指名率が下がってしまう事も考えられます。
最初の段階では美人かブスか分からなかったのに、顔出ししてしまったがために明らかなブスであることが判明してしまうパターンです。

ここは冷静になって考えておく必要があるでしょう。
自分で判断できない場合は、お店の人にお任せするのもオススメです。
ちなみに可愛い女の子が顔出しをする際ですが、特別手当が支給される事もあります。
女の子本人の宣伝に繋がるだけではなくて、お店そのものの注目度も高まるからです。

可愛い女の子がいるサイトだからお気に入りに設定しておこうというお客さんが増えて、結果的に他の女の子のページのアクセスも増加するという訳です。
どれくらいの金額が貰えるかはお店毎に違います。
場合によってはそういった手当が無い事もあるので、そこは要確認しておきましょう。

写真の修正は程々にしておこう

昔は撮影時に光の当て方などを工夫する事によって、女の子を美しく撮影するのが基本でした。
今もそういった部分は重視されていますが、写真撮影後の修正がコンピュータによって簡単になりましたので、以前ほど神経を尖らせなくなってきています。
画像修正ソフトによって、太ったお腹をクビレている様に見せるのは朝飯前です。

それどころか、見た感じ別人の様にしてしまうなんて事も可能です。
マットヘルスはもちろん、ソープ等の風俗店では女の子選びをするお客さんの99%がパネルを見ることになりますから、相当な影響力になります。
それだけで指名してくれるお客さんが何割か増える事も考えられるでしょう。
ただ、これは諸刃の剣でもあります。

なぜかというと、それをすると現実とのギャップが激しくなってしまうからです。
プラスの意味のギャップであれば問題ないですが、この場合はマイナスですからお客さんの衝撃も大きくなってしまうでしょう。
簡単に言ってしまえば「もう二度と指名はしない…」という感想を持たれてしまう訳です。
その場だけ稼げれば十分という女の子がいるかも知れませんが、やはりこれからの収入の安定度を高めて行くためには、この様な状態をできる限り避けなくてはいけません。

ですので、写真の加工はできるだけしない様にするのがオススメです。
少なくともその写真を見て本人であると判別できる程度に留めておくのが賢明でしょう。
見た目が良い方が稼げるのは間違いないですが、それ以外の接客テクニックなんかもお客さんは見ていますから、過度に写真に固執しない様にしておきましょう。
もっとも顔出ししていなければ、お客さんもパッと見る程度で終わりになるので、そこまで考え過ぎる必要もないです。

写真 インスタントとは言うもののウエストを細くし過ぎるのはよくありません。
手でお腹を隠す程度にしておきましょう。
そうしておけばお客さんも「太っているのかな?」という程度の認識でいてくれます。

自分のルックスを客観的に見る

撮影そのものを拒否する事も可能ですが、殆んどの女の子は撮影する事になりますから、皆さんもそれを前提としておいてください。
重要になってくるのは顔出しをするか否かという事です。

そこそこのルックスであるのでしたら、顔出ししておいた方が圧倒的に稼ぎやすくなります。
また、正直な所可愛くないという場合は絶対にモザイクを掛けておいてください。
そうしておけば美人かも知れないという事でお客さんが指名してくれるかも知れません。
大切なのは客観的に自分の美しさを把握しておくという事です。

修正そのものは容易ではありますが、本人とのギャップそのものを隠すことができませんので程々にしておいでください。
その方が自分のためにもなるでしょう。