妊娠中はマットヘルス勤務は難しいので妊婦専門店がオススメ

2023年12月14日

tasha / Pixabay

はじめに

マットヘルスなど、風俗店の多くでは女性が妊娠すると働けなくなります。
しかし、女性の中には様々な理由によって、妊娠中も風俗で稼がなければならない方もいるはずです。
そんな方にお勧めなのが妊婦専門店です。

妊婦専門店であれば妊娠中も働くことができ、出産や子育てに向けてお金を貯めることも可能になります。
ここでは、妊娠中でも稼ぐ必要のある女性のために、妊娠専門店の特徴やメリットについて紹介したいと思います。

妊娠が発覚すると、お金が必要になる

妊娠妊娠には、計画的に男女の希望によって妊娠したケースと、希望していないのに妊娠してしまう場合があります。
結婚していて、計画的に妊娠した場合には大きな問題になりません。

旦那の稼ぎや協力が得られるので、妊娠中に女性が休むことができるからです。
ただ、男性が彼女の収入に頼っている場合には、結婚していても出産や子育ての費用を捻出する必要に迫られるので、妊娠中でも女性が稼がなければなりません。
さらに、問題となるのは、望まない妊娠の場合です。
恋人や行きずりの関係を持った男性と避妊なしで本番をしてしまうと、運悪く妊娠してしまう場合があります。

多くの場合、女性は中絶を選択することになりますが、中絶するにもお金が必要で、10万円以上の金銭的な負担が生じます。
また、もっと問題が大きくなるのが、妊娠に気づくのが遅れ、中絶できないケースです。
中絶できる期間は法律で定められていて、妊娠から5ヶ月をすぎると中絶が難しくなります。
そのような場合には、望まない妊娠でも出産しなければなりません。

出産するためには入院しなければならず、その費用も必要です。
また、相手男性との男女問題がこじれていると、出産費用以外の出費にも迫られます。
相手男性に対する慰謝料や中絶費用の請求、あるいは生まれてくる子供の養育費について裁判で争わなければなりません。
法律の専門家である弁護士への依頼費用や訴訟費用を捻出する必要も生じ、中絶や出産以外に関する出費に備えなければなりません。

望まない妊娠をした場合には、相手男性と男女問題でこじれている可能性が高く相手の経済力に頼れません。
中絶するにせよ、出産するにせよ、妊娠した場合には将来に備えるために女性が稼がなければならないのです。

妊娠中はマットヘルス勤務が難しくなる

マットヘルスを始めとした風俗店では、原則として女性の妊娠中は働けません。
というのも、女性が妊娠すると身体に変化が現れるからです。

妊娠して大きなお腹をしている女性と遊ぶのを、普通の男性客は望みません。
また、お腹が大きくなると、マットヘルスで接客することが物理的に不可能になり、働けなくなります。
ただし、お腹が大きくなる前、具体的には妊娠3ヶ月までなら、マットヘルス勤務も可能な場合があります。
妊娠初期であれば、身体の変化も大きくなく、店舗スタッフや男性客にも妊娠がバレることはありません。

ただ、妊娠初期からつわりや倦怠感など精神的な症状が表れるので、女性の多くは妊娠初期からマットヘルス勤務が辛くなるはずです。
さらに、初期には働けても、お腹が大きくなってくる3ヶ月を過ぎるとマットヘルスでは働けなくなります。
風俗店は出来高制なので、出勤できなくなるとその瞬間から収入源が絶たれてしまいます。
マットヘルスで働いている女性が妊娠した場合には、別の稼ぎ口を見つける必要が生じるのです。

妊婦専門店なら、妊娠中でも働ける

妊婦専門店は、風俗店の中でも特殊なマイナー店です。
妊娠中の女性が在籍できるのが大きな特徴で、利用する男性客は、妊婦が好きな性癖の持ち主となっています。
妊婦専門店は絶対数が少ないために希少価値があり、バックの水準が高めな点に大きなメリットがあります。

妊娠中の女性でも在籍可能な妊婦専門店

妊娠妊婦専門店は、妊婦好きな男性が利用する風俗店です。

基本的なサービスの流れや内容は一般的なヘルスと同様です。
ただ、当然ながら、妊婦さんがサービスを提供するので通常のヘルスやマットヘルスに比べるとサービス内容は穏やかなものとされています。
また、男性客も妊婦さんが相手なので、激しいプレイは求めず、身体的な負担が軽減されているのも大きな特徴です。
また、お店が妊娠中の女性に対して慣れているので安心して働けるのも妊婦専門店の特徴です。

たとえば、待合室のソファーに妊婦さん向けの物が用意されていたり、女性の健康管理に気を配るスタッフが配置されていたりする場合があります。

バック水準は標準よりも高めに設定されている

風俗には様々なジャンルがありますが、妊婦専門店はその中でもマイナーなお店です。
妊婦に性的興奮を覚える男性が少数で、妊婦そのものの数も少ないため、お店の絶対数が少ないのです。
マットヘルスなど一般的な風俗店は店舗数が多いので、サービス料金の値下げ競争が発生します。

その結果、女性のバックも抑えられ気味になる場合が良くあります。
しかし、妊婦専門店は数が少なく競争がほとんど発生しないので、妊婦と遊びたい男性は特定の妊婦専門店を選択するしかなく、高めの料金設定が可能となっています。
その結果、妊婦専門店のバック額は、標準的な風俗店よりも高めに設定されているのです。
マットヘルスで働いていた女性が、妊娠中に妊婦専門店で働ければ1本あたりのバックが高くなることも期待できます。

出産直後から働けるのも、妊婦専門店の特徴

妊婦専門店で働ける女性は妊婦だけに限りません。
出産後の女性も働けます。
妊婦専門店が売りとしているオプションの1つに、母乳が出る女性とのプレイを楽しめるというものがあります。
俗に言う、赤ちゃんプレイと言うもので、赤ちゃんの状態に返った男性客に対してサービスを提供するものです。

出産後の女性は母乳が出せるので、この赤ちゃんプレイに対応できるのです。
出産直後は女性の身体の変化が大きく、お風呂にも入れないのが普通なので標準的な風俗店では働けません。
しかし、妊婦専門店であれば出産直後から働けます。
出産によって母乳が出せるという身体の変化を、武器にすることができるのも妊婦専門店で働く大きなメリットです。

妊婦専門店に所属する際の注意点

妊婦専門店は、妊婦さんの受け入れになれています。
同僚女性にも妊娠中の女性がおり、出産したばかりの女性もいて、何かと頼りにすることもできます。
しかし、体調の変化には気をつけなければなりません。
妊娠中は体調が急激に変わりやすいので、いくら稼ぐ必要があるとはいえ、無理は禁物です。

自分の身体は自分にしかわからないので、少しでも異変を感じたら、仕事を休む勇気も必要になります。
また、妊婦専門店でも働ける限界はあります。
妊娠10ヶ月目の臨月に入ると、当然、出勤はできません。
臨月になってからお金が足りない事態になっては、お手上げの状態となってしまいます。

そうなる前に、計画的に出勤スケジュールを組み、出産に向けて貯金するよう心がけましょう。

貯金まとめ

マットヘルスで働く女性が妊娠してしまうと、お腹が大きくなって男性客へサービスができなくなります。
出来高制の風俗店では、出勤できなくなると収入源が絶たれてしまいます。
相手の男性と男女関係がもつれてしまい、男性の収入に頼れない女性は、妊娠中にも稼ぐ必要が生じます。

そんな時、助けとなるのが妊婦専門店です。
妊婦専門店であれば妊娠中にも出勤でき、さらにバック水準も高めに設定されているので妊娠していても稼げます。
妊娠した場合には、将来に備えてお金を貯める必要があります。
そんな時には、妊娠中にも稼げれる妊婦専門店がおすすめです。