マットヘルス嬢がお客さんに恋愛感情を抱く事は珍しくない?

2023年12月14日

alex80 / Pixabay

マットヘルス嬢とはいえ女性ですから、お客さんの男性がタイプなら恋愛感情を持つこともあるでしょう。
プライベートの付き合いをして彼氏にすることもあるかもしれません。

しかし、マットヘルスをしていた過去を理解した上で結婚までできるものでしょうか。

タイプの男性

マットヘルスの仕事をしていると、多くの男性と接することになります。
その中には自分のタイプの男性もいるでしょう。
恋愛感情を持っても不思議ではありません。

ただ、お客さんはお客さんです。
あまり、失礼なことも言えません。
とはいえ、自分を指名してくれたのですから、ある程度の好意を持っていることは間違いありません。
しかし、それは体の特徴や顔つきだけで選んでいることがほとんどです。

男性何度か指名してくるお客さんもいるでしょうが、本気で自分を恋愛対象として見てくれているとは限りません。

演技か本気か

マットヘルスに限りませんが、風俗嬢の仕事の中には「演技」が必要です。
感じているふり、相手を好いているふり、いずれも大切でしょう。
うまい演技ができれば、男性も喜び、次回の指名に繋がります。

ただ、相手の男性を本気で好きになることもあります。
女性ですから当たり前の感情でしょう。
そのような男性がお客さんとして来店すると、演技ではなく本気になってしまいます。
やっていけない本番行為もしてしまうかもしれません。

相手の男性は大喜びで次回以降の指名も期待できるでしょう。
ただ、それで大丈夫でしょうか。
風俗嬢に対する男性の興味は体だけのことが多いです。

タイプの男性なら…

自分の好きなタイプの男性がお客さんとして来店すると、追加のサービスをしたくなります。

それで相手の男性が喜んでくれれば問題ありません。
指名も増えますし、自分もタイプの男性にサービスしてあげるのは気持ちがいいはずです。
風俗嬢とお客さんという関係であれば、非常にいい話でしょう。
自分は気持ちよく稼げるし、お客さんもより満足するはずです。

マットヘルスですから、ハード目のサービスをするとお客さんの快感はより増幅します。
普段できないサービスをしてあげれば大喜びのはずです。
タイプの男性にそのような追加サービスをしてあげるマットヘルス嬢は少なくないはずです。

コントロールが大切

こうすることで指名客が一人増えます。
稼ぐという点では有利になるでしょう。
ただ、相手の男性にのめり込んでしまうと他のお客さんのサービスにも影響が及びかねません。
タイプの男性へのサービスが終わると、どうしても疲れます。
次のお客さんへのサービスで手を抜くようなことがあると不快感を与えかねません。

風俗嬢の稼ぎは一人のお客さんだけで成立するものではありません。
自分を指名してくれたお客さん全員で成立するのです。
こんなことにならないように自制することは必要ではないでしょうか。

のめり込まない事

とはいえ、タイプの男性がお客さんとして何度も来店すると「自分に気があるのかも」と思いたくなります。

相手の本心を確かめたくなるかもしれません。
店外デートのお誘いはお店から禁止されているはずです。
しかし、指名客と食事だけのデート程度なら黙認されていることもあります。
それで来店回数が増えればお店もメリットがあるためです。

ただ、それがエスカレートして、特定のお客さんだけに特別サービスをするようになったら店の信用に関わります。
タイプの男性とデートをすると、関係がエスカレートしがちです。
ちょっと付き合う程度の彼氏ならギリギリ許されるかもしれません。
しかし、それ以上の関係になることはやめた方が賢明です。

ちょっとしたデート程度なら

恋人タイプのお客さんが何度も指名してくれると「店外デート」をしたくなります。
大抵相手の男性のおごりで食事をすることになるでしょう。
女性としては非常に楽しく、かつおいしい話です。
それで次回以降の指名に繋がるのであれば女性にもメリットがあります。

マットヘルスの仕事をしようとしたのは、お金を稼ごうとしたからでしょう。
彼氏や旦那を探すためにマットヘルスの仕事をしたわけではないはずです。
店外デートなら食事程度に留めたほうがいいのです。

彼氏として付き合う?

彼氏として付き合うならどうかと思われるかもしれません。

結婚を前提とせず、食事をしたり、飲みに行ったりする友人という程度ならいいかもしれません。
ただ、相手の男性は、最初にマットヘルスであなたを指名した時には「体」を求めていたはずです。
それだけの関係で終わることはないでしょう。
そうすると、もっと深い関係になってしまう事も考えられます。

男性としては食事をおごってあげるだけで「やらせて」くれれば大歓迎でしょう。
しかし、自分の稼ぎは減ります。

やめた方が賢明

この手の付き合いは、男性が適当に関係を打ち切ってしまうことが多いです。
マットヘルスのお店で知り合った男性は、相手の女性を恋愛対象としては見ていません。

目的は自分の欲望を満たすことであり、女性はそれを受け止めてあげることが仕事のはずです。
マットヘルスですから、本番直前の快感を与えることでお客さんを満足させられるはずです。
男性もそれを目的で来店しています。
それ以上の目的はないものと考えるべきです。

お客さんを恋愛対象として考えない方が賢明でしょう。

仕事は仕事

マットヘルスの仕事は男性を満足させることです。
そのためにマットの上で奉仕をしているのではないでしょうか。
恋愛対象の男性を探すなら、別の場所があります。

自分の仕事を隠して、タイプの男性を探せば全く問題はありません。

あるカメラマンの言葉

グラビア写真のカメラマンは日々若い娘の姿を撮っています。
時にはヌード写真を撮ることもあります。
撮っている際は、相手の女性を自分の彼女と思って、相手に尽くす気持ちを持つことが大切だと言います。

しかし、それは撮影の時だけであり、撮った後は一人のカメラマンに戻ります。
そうしないと仕事にならないためです。
そんなグラビアカメラマンの言葉に「女性は商品と思え」「好きになったらカメラを捨てて一緒に田舎へ帰れ」という言葉があります。
マットヘルスの仕事をしていてタイプの男性が来店したら、この言葉を参考にしてください。

マットヘルス嬢になった理由は?

Whyそもそもあなたがマットヘルスの仕事に就いた理由は何でしょうか。
稼ぎたいからではないでしょうか。

マットヘルスの仕事はデリヘルなどより技術が必要です。
それに体力的にもきついでしょう。
その代わり、給料はちょっと高めのはずです。
稼ぎたいという目的を捨てて、タイプの男性と一生暮らしたいと思うかもしれません。

しかし、それならば自分の仕事も捨てる覚悟が必要です。
仕事も彼氏も両方欲しいというのは欲張り過ぎでしょう。
そのような関係が続くとも考えられません。

過去は知られないほうがいい

マットヘルス嬢をしていた過去は、自分の親族には永遠に内緒にすべきです。

それが自分の旦那であっても同じです。
結婚当時は気にしないと言っても、長い間一緒に暮らしているうちに気になるものです。
男性は奥さんに「自分だけの女性」であってもらいたいものです。
しかし、風俗嬢の過去があると「また働いているのではないか」と疑念を持たれます。

風俗店のアリバイ対策はしっかりしているため、信用できなくなるのです。
にも拘わらず、マットヘルス店に来店した男性と結婚したらどうなるでしょうか。
一時の感情に振り回されてはいけません。

風俗店に勤めていた過去は、引退後には封印すべきです。

家族にも彼氏にもそうすべきでしょう。
風俗店で働くことに対する周囲の理解はゼロだと考えるべきです。
風俗嬢の仕事で知り合ったお客さんと結婚したと聞いたら周囲はどう思うでしょうか。
両親や兄弟が理解してくるとは思えません。

タイプの男性がお客さんとして来ても、お客さんはお客さんと割り切るべきではないでしょうか。