マットヘルスはテクニックについてお客さんから指摘されるのがツライ

2023年12月14日

Thor_Deichmann / Pixabay

通常の風俗店とは違って、マットヘルスでは様々なテクニックが使用されます。
そのためどうしてもお客さんからの指摘が多くなってしまいます。
これがツライという女の子は結構多いです。

この問題に対してどのように対処するかが重要になってくるでしょう。
ただ単に苦痛に耐えていればいいという物ではありません。
ほんの少し考え方を変えるだけで拷問的プレイから逃れることができますから、参考にしていただきたいです。

技の数が多いのがマットヘルス

マットヘルスはテクニックについてお客さんから指摘されるのがツライ様々な性的テクニックが多用されるのが風俗ですが、その中でもマットヘルスはダントツで技の数が多いという特徴があります。
正確な数に関しては分からないのが現状です。
基本となる動きそのものは存在していますが、その変化形が余りにも膨大であるために、正確な数が掴めていない訳です。

ただ、ザックリ言うと100種類程度はあるという事になるでしょう。
ここから更に細かい技を含めれば、それこそ数百種類になるはずです。
この全てを覚えなくてはいけない訳ではないです。
基本となる技だけ習得しておけば接客する上で問題ありません。

ただ、単に出来るという事と、上手に出来るというのでは意味合いが大きく異なります。
それぞれの技が単純ではないので、上手下手というのがハッキリしてしまいます。
下手でも満足してくれるお客さんが多い一方で、やはりそれでは不十分と感じてしまうお客さんも存在しています。
ここは全ての人に満足してもらえるように技のクオリティの向上が求められます。

様々な改善方法がありますけど、オススメなのは動画を撮影するというものです。
少し面倒ですが、これは自分1人では行えません。
なぜなら、相手がいてこそマットヘルスの技というのは成立するからです。
できればお友達なんかと一緒にやると良いでしょう。

もし彼氏がいるのでしたら、その人を相手にしてみても構いません。
と言っても一般的に彼氏には風俗で仕事をしている事を秘密にしているものですから、そういうのも中々難しいはずです。
どうしても相手になってくれる人が見つからない場合は、動画を見て勉強する様にしてください。
人型の人形を1つ用意して、それを相手に技を試して行くというのが基本になります。

大きさが微妙に異なるという点と、重さが違うというのがマイナスポイントですが、全く何もないマットの上で1人で練習するのに比べれば圧倒的にこちらの方が優れています。
動画と比較して何が違うのかが分かれば容易に改善する事ができます。

指摘がツライと感じている女の子は多い

大声マットヘルスにやって来る客層に関してですが、サービス・プレイにこだわるマニアックなお客さんが比較的多いです。
考えてみればそれも当然という事になります。
もしそこにこだわりがなければ、わざわざ専門店に来る意味が無いからです。
下手でも黙っていてくれるお客さんがいる訳ですけど、やはり経験豊富な分だけどうしても女の子に対して色々な事を指摘してしまいます。

こればかりは仕方が無いといった所でしょう。
これに対しては様々な対策が存在しています。
軽く受け流すのも悪くはありません。
下手な物はどうしようもないのだから、その話は終わらせましょうという訳です。

でも、それでお客さんが引き下がってくれるとは限りません。
どうしてもこの想いを伝えたいという気持ちが強いですから、話を終わらしてくれなかったりします。
これについては、しっかり耳を傾けるという事が大切になります。
耳の痛い話も見方を変えれば参考になる話になります。

それが余りにもツライのでしたら、スタッフさんに相談してみても良いでしょう。
基本的には女の子の身の回りのお世話をするのが仕事の風俗店員ですけど、こういった事もある意味では仕事の中に含まれています。
相手に迷惑かな?なんて考える必要はありません。

思う存分店員さんを利用してください。
また、これに関連して家族に相談してみるというのもいいでしょう。
かなりレアケースですが、家族に仕事内容を知らせている場合はこういうのもアリです。
他の人に自分のツラさを共有してもらう事によって、幾らか気分的にマシになるというのがあります。

辛い気持ちを1人で抱え込んでしまってはいけません。
必ずしも適切なアドバイスをしてくれる訳ではありませんが、少なからず気分転換にはなるでしょう。
精神的に脆い女の子が多いので、できるだけ早い段階で他人に頼るようにしてください。
不安定な状態のまま風俗客の相手をすると、益々稼げない状態になってしまう恐れがあります。

徹底的にテクニックを高める

指摘されたくないのなら、上達すれば良いというのは非常に簡単な考え方です。
誰もが思い浮かぶ方法という事になりますが、これを実際に実践している女の子は意外なほど少ないです。

何故なのかはよく分かりませんが、やはり人間は基本的に楽な方に流れるからなのかも知れません。
しかし、ここで発想を変えてこの様に考える事ができれば状況が好転する可能性があります。
動画を見てそれを実践するだけでなく、お客さんからアドバイスをもらう様にするといいでしょう。
これはかなり意外な答えの様に感じられたはずです。

指摘してくるお客さんに対し教えを乞うのはある意味では矛盾しています。
しかし、これをする事によって技術が格段に高まるのは間違いないでしょう。
マニアの人というのは細かい事によく気が付きます。
ですのでその人に直接教えてもらう事によって急激な上達が見込めます。

よく分からない事はしっかり質問しておいてください。
そうすればきっと答えてくれる事でしょう。
こんな事をして、お客さんが勘違いをして本番に発展してしまうのではないか?
そして、それがきっかけで性病になってしまうのではという恐れもあるでしょうけど、基本的にその様な事態には発展しません。

マニアックな人たちというのは質問される事を好むからです。
それだけで満足してくれますから、そこから更に状況が悪化してしまうという事は考えづらいです。
ですので、ここは皆さん的にも勇気を出してどうすればいいか聞いていただきたいです。
その内に褒められるようになるでしょう。

この様になれば理想的な展開という事になります。
ここまでの期間がどれくらい掛かるかですけど、1ヶ月も掛からないといった所でしょう。
どうしてかというとマットヘルス店に来るお客さんは常連さんが多いからです。
同じ人に何度も指摘してもらう事によって、より技の理解というのが深まって行きます。

新しい技を覚えるのを面倒ではなく楽しいと感じられるようになれば申し分ありません。

お客さんの指摘をアドバイスと捉える

棒グラフお客さんから指摘された時に、それを悪口の様な物だと解釈してしまってはいけません。

どうしてもその様に感じてしまって精神的に落ち込んでしまいがちです。
でも、その様な考え方では全く利益になりません。
ここは発想そのものを変えて行く必要があるでしょう。
お客さんに何か言われたら、それは1つのアドバイスだという風に解釈してください。

場合によってはどの様にすればいいかというのを尋ねてみましょう。
そうする事によってテクニックの向上が可能になります。
その人の満足度が高まるというだけではなくて、これからやって来る新規のお客さんの満足度も高まるので、皆さんにとってメリットだらけです。
そうやって考えれば指摘も有り難いと受け止められるでしょう。