デリヘルの体験入店の際にチェックするポイントと稼げる店の特徴

2023年12月14日

coyot / Pixabay

どうせ風俗で働くならなるべく高い報酬を稼ぎたい。
このように思うのは当然のことですね。
デリヘルはおすすめな風俗ジャンルの一つですが、求人のデータだけを見ていきなり入店を決めるのは絶対にやめておくべきです。
ここではデリヘルで体験入店した際にチェックすべきポイントと稼げるお店の特徴について紹介しましょう。

まずは体験入店してみること

デリヘルのみならず風俗店やキャバクラなどのナイトワークの多くは、体験入店というシステムを導入しているものです。
いろいろな情報をインターネットなどで検索するよりも、風俗嬢の知人などから話を聞くより、求人の数値ばかりを参考にするよりも、とにかく体験できるというのは大きいもの。
インターネット百聞は一見にしかずという言葉もあるように自分の身で体験をしてみて感じることもあるわけです。

ですから、このデリヘルが気になるなと思ったのであれば、まずはいきなり入店を決めるのではなく、体験入店をするようにしましょう。
体験入店をしたからといって、必ず在籍しなければならないということはありません。
実際にはちょっとしつこめに勧誘はされますが、後で連絡を入れるといえば問題ありません。
無理やり入店させられることはありませんし、拒否したからといって体験入店で働いた分の給料が支払われないなんてことはありませんから、積極的に体験入店をし、自分にマッチしているお店かどうかを確かめるべきでしょう。

体験入店の際はココをチェック!

体験入店するお店を決めて予約をしたら、ココだけは最低限チェックしようというポイントを必ずチェックするようにしましょう。
どうせなら稼げるデリヘル店に在籍したいというのであれば尚更です。
同じデリヘルでもコンセプトの違いによって各々独自のカラーというものがありますから、それに合う合わないというものが感じられるはずです。

とはいえ同じデリヘルである以上、サービス内容がほぼ同じなのに給料に大きな差が出てしまうのは馬鹿らしいですよね。
ですからなるべく自分が稼げるお店かどうかを確かめることが重要です。
例えば自身のスペックがアラサーのちょっと大人のエロ痴女系なキャラであるのに対して、イメクラ色の強い女子高生コンセプトのデリヘルに勤めるのはあまりおすすめできません。
お店のコンセプトと自分のキャラがマッチしているのかどうかは大前提としてチェックすべきポイントになります。

集客の多いお店かどうか

体験入店をすると、待機をしている間に電話がどのくらい鳴っているのかをチェックすることが出来ます。
面接や待機中に全く電話がならないというお店は集客力のないデリヘルなので避けるべき。
目安として1日あたり50件程度の電話が鳴るデリヘルは平均レベルです。

70本や100本といったように常に鳴りっぱなし状態のデリヘルは繁盛店ですから在籍候補にするべきでしょう。
とはいえ1日中事務所の様子を見てられるわけではありませんね。
夕方の6時までで1時間毎に2から3本の電話がなっていれば問題なし。
夕方6時以降であれば1時間中3件から5件の電話がなっているお店なら集客力は十分にあると判断しましょう。

待機女性の数を確認

ダンサーこれは体験入店でなくても確認することは可能です。
それがお店のホームページの待機女性の人数をチェックすること。
特にかきいれ時である夕方6時以降に何人の女の子が出勤していて、どのくらいの女性が待機状態になっているのかをチェックすると良いデリヘルか否かが判別出来ます。

目安としては待機の女の子が0割から1割程度は超人気店。
2割から3割が待機状態のデリヘルはまあまあの人気店。
7割以上の女の子が待機状態なら地雷店と判断し、入店は避けましょう。

スタッフの対応の仕方

キャストの女の子だけではデリヘルの運営は出来ません。
ホームページを更新したり、電話対応をする。
女の子を指定場所まで送迎するなど、周辺スタッフの存在があって初めて成り立つ風俗です。
接客の指導や顧客管理、トラブル対応などお店のスタッフの対応がまずいとお店に不利益を被るのは当然のこと。
予約時間にいつも女の子が遅れる。
電話対応がチャラすぎてイライラとする。
予定の時間に遅れても謝罪をしないなどなど。
こういった不満の蓄積がお客さんの足を遠のけてしまうこともあるので、スタッフの対応が悪いなと思えるようなデリヘルには在籍すべきではありません。

キャストがいくら良くても周辺スタッフの出来が悪いデリヘルは人気店にはなりえないのですから。

客層をチェックする

なにげに大事なのは客層がどのようなものなのかをチェックすることです。
年齢層がどのくらいが多いのか。
またルールを守れるマナーのあるお客さんが多いのか。
本番強要などをしてこないか。
された場合の対処法などを講じているか。
清潔感があるか職業などに偏りはあるのか。
受けプレイが多いのか責めプレイが好きなのか等々です。
こういったものをチェックしておかないと、在籍したあとに合わないことに気が付き、精神的に負担がかなりかかってしまいますから気をつけましょう。
富裕層が多いなんてことをウリにしているお店もありますが、富裕層だからといってマナーをしっかり守るとは限りませんよね。
ただし社会的な立場がある方の場合、そこまで無茶なことはしませんし、「遊び慣れている」ことが多いので余裕があるのも事実です。

給料については絶対に確認

これまでさまざまなチェックポイントを紹介してきましたが、ここまではあくまでも「繁盛店」であるかどうかや「働きやすい」かどうかなどのチェックポイントでした。
次に風俗業界に入ろうとする女性の理由の中で多い「お金」についてのチェックポイントです。
まずデリヘルはほとんどのお店が完全歩合制を採用しています。

働いた分だけ報酬が上がるというシステムになるわけですが、利用料金をそのまま報酬として貰えるわけではありません。
お店側とキャストの女性の取り分が決められているわけです。
大抵の場合には50:50の折半か、60:40で女の子側が多く貰えるバック率を採用しているものです。
働き始めて人気がでてナンバークラスなどになったり、逸材と評価された場合には70:30というバック率になることもあります。

しかしバック率の上限は70パーセントが限度ということを覚えておきましょう。
70パーセントそれに近いバック率を提示してくれるデリヘルはかなりの優遇店と判断したいですね。
また指名料やオプションプレイに関してのバックがどのいようになっているのかなどもチェックしたいですね。
大抵の場合は全額バックかハーフバックになっています。

全額貰えるのか半分なのかでは大きな違いがありますから、絶対に確認しておきましょう。
なにげに忘れがちなのが報酬から引かれる雑費について。
送迎代などをとったり、イソジンなどの風俗必須アイテムを使うのに経費を請求されます。
こういったものはお店によって本当にさまざまですから、できれば体験入店の際にチェックしておきたいですね。

チェックポイントを覚え複数店で体験入店を

デリヘルは風俗ジャンルの中でも簡単に出店できるため、非常に店舗数が多い風俗ジャンルになります。
いろいろな情報をインターネットを中心に取得することが出来ますが、それはあくまでも他人の意見。
稼げるお店なのか。

自分にマッチしているお店なのかといったチェックすべきポイントを覚えて複数のお店に体験入店に赴き、自分にマッチしたものを選びましょう。