バンス制度のあるデリヘルでは最高いくらくらい借りれる?

2023年12月14日

kstuttard / Pixabay

デリヘルとして働く女性の中には、今日の食事にも困っているほど金欠の女性もいるでしょう。
そのような困窮した女性には、バンス制度のあるデリヘルの求人がオススメです。

条件こそ付与されますが、バンス制度のある風俗店で働くと給料の前借が出来るため、採用と同時にすぐに現金を調達することが出来ます。

バンス制度の特徴

風俗の世界にはバンス制度と呼ばれる、一般の人たちには聞きなれない制度があります。
バンス制度のバンスとはinadvanceの前部分を省略した単語のことで、要するに給料の前借のことです。

もしも現在、生活できないほど困窮しているのであれば、バンス制度のある風俗求人がオススメです。
お金 袋バンス制度のある風俗求人に応募し、風俗嬢として採用されると、給料の前借が出来るため、たとえ現在一文無しだったとしても、仕事をする前に資金を調達し、生活費を工面することが出来ます。
バンス制度と言いますが、基本的にやっていることは借金と同じです。
ただし、普通の借金と違い、お金を借りる対象が銀行や消費者金融ではなく、風俗店になります。

そのため、お金を借りる条件や手続きなどが普通の借金とバンス制度ではだいぶ異なります。
まず、バンス制度を利用した場合、風俗嬢に対して様々な条件を付けられることがあります。
さらに、借りれる金額も消費者金融や銀行ほど高額ではありません。
ただし、お店によっては金利や利子が付かないことがあるため、返済の負担はバンス制度の方が軽いケースもあります。

もっとも、全ての風俗店が無利子で給料を前借させてくれるわけではありません。
中には非常に高金利でお金を貸す風俗店もあるため、バンス制度を利用する際には返済の条件だけでなく、金利の有無などもしっかり確認しておきましょう。
消費者金融などと違い、バンス制度を利用できるかどうかは風俗店の判断次第です。
銀行や消費者金融会社の場合、安定した収入はあるのか、仕事は何をしているのかなど様々な点を審査されますが、バンス制度に関して言えばそのような審査はないでしょう。

なにしろ返済手段はデリヘルとしての稼ぎになりますので、職業を理由に借りれないということはありません。
それに加えて、普通の借金の場合、無職の女性や多重債務者になると借りれない心配がありますが、バンス制度ならばそこまで審査されないため、多重債務者でも借りれる可能性が高くなります。
借りれる金額こそ銀行や消費者金融ほど高額ではありませんが、その時の女性の状況次第ではバンス制度の方がメリットが大きくなることもあります。

バンス制度で借りれる金額

日本円いくら借金の前借の制度といっても、流石に出会ったばかりの女性を相手に何百万円もの給料の前借をさせてくれる風俗店は滅多にありません。
もしも大金を貸し付け、逃げられなどしたら風俗店としては大損となります。
それだけに、バンス制度で借りれる金額は最大で50万円ほどの少額になるケースがほとんどです。
ただし、一部の女性、例えば風俗店から信頼されている女性や、大金を稼げる見込みのある美女ともなると、200万円から300万円の大金を借りれるケースも存在します。

ただし、それはあくまで一部のケースであり、今まで一度もデリヘルの仕事をしたことがない女性の場合、50万円前借できれば良い方でしょう。

バンス制度の条件

風俗嬢の給料は基本的に歩合制となります。
そのため、いくら可愛い女性であっても、出勤し、指名され、接客をしない限り、風俗嬢の給料は低いままとなります。

少額とはいえ、せっかくお金を貸し付けたのに、全然働いてくれないのではお店側としてもメリットは薄いですし、何より最低でも貸し付けた金額分の給料は稼いでくれないと風俗店側としても赤字になります。
そのため、風俗嬢がバンス制度を利用する際には、風俗店側としては労働を促すための条件を課すことがあります。
バンス制度の条件は出勤に関連したものになることが多いです。
例えば全額返済するまで風俗店にレギュラー出勤することを条件に課すこともあれば、オープンラストまで働くことを条件にすることもあります。

さらに、最低でもお金を借りている内は辞めない、半年間は働き続けるなどの条件を課すこともあります。
いくら相手が消費者金融会社ではなく、ただの風俗店とはいえ、お金を借りていることに違いはありません。
それだけに、バンス制度を利用したデリヘル嬢は返済するまでかなり厳しく働かされることになります。
デリヘルのメリットといえば自由出勤なのですが、バンス制度を利用するとそのメリットが失われ、休みなく働くことになります。

そのため、出稼ぎの求人でバンス制度を利用する際には注意しましょう。
出稼ぎの求人に応募する女性の中には、夏休みだけなど、短期間だけ風俗嬢として働く予定の女性もいることでしょう。
しかし、バンス制度を利用すると、最低でも借金が残っている間は働くことになりますので、予定期間を過ぎても風俗の仕事を辞められなくなるかもしれません。
出稼ぎの求人の中にはバンス制度を利用できる風俗店もあります。

しかし、安易にお金を借りるとなかなか辞められなくなってしまうだけに、バンス制度を利用する際にはしっかり返済プランをたて、計画的にお金を借りましょう。

バンス制度のメリットとデメリット

天秤バンス制度は風俗店から給料を前借するシステムです。
そのため、既に消費者金融会社からお金を借りることが出来なくなった女性でも、バンス制度のある風俗店ならばお金を借りれる可能性があります。

現在お金がなく、無職の女性でも、バンス制度のある風俗求人に応募し、デリヘル嬢になることで、借金をすることが出来るというメリットがあります。
それに加え、バンス制度でお金を借りてからデリヘル嬢になると、風俗店側としても出来るだけ借金を返済して欲しいと考えるため、フリー客を多めに付けてくれるなどのメリットを享受できます。
このような事情もあってか、お金を借りている内は風俗店側から干されるなどの嫌がらせを受ける心配はないでしょう。
ただし、バンス制度でお金を借りている間は、なかなか休めず、お店も辞められなくなります。

それだけに、短期間で辞めるつもりの女性は、バンス制度よりも消費者金融や銀行からお金を借りた方が良いでしょう。
さらに、バンス制度があるデリヘルの中には無理やり罰金を課して借金の額を増やしたり、金利をわざと高めに設定するなど、借金が返済できないように働きかける悪質なお店もあります。
こういった悪質な風俗店に捕まってしまった場合、デリヘル嬢がいくら頑張って働いたところで借金は減らず、延々と酷使されることになります。
バンス制度があるからといって、その風俗店が優良なお店とは限りません。

バンス制度を利用する際には、このお店はお金を借りるにあたって信用できるお店なのか、しっかり見極める必要があります。

バンス制度のある風俗店

バンス制度は大手や優良店のような、規模が大きく、真面目に経営している風俗店やデリヘル店によくある制度です。
大手のデリヘル店ほど、信頼できるお店となりますので、バンス制度を利用する際には大手や優良店を選びましょう。

信頼できる風俗店で採用され、いざバンス制度を利用する際には、お金を借りるための出勤の条件や返済方法、返済期限、遅延損害金などを確認することになります。
これらの確認をせずにいきなりお金を貸し付ける風俗店は悪質なお店である可能性があるため避けた方が良いでしょう。
条件などを確認したら、後は真面目に返済をするだけです。
ちなみに、同じ大手の風俗店でも、日給保証のついている風俗店ほど返済が楽になります。

日給保証のある求人といえば出稼ぎ系の求人が多く、こういった風俗店に勤務をすると普通に働いて得られる給料とは別に、お店側が給料を保証してくれます。
日給保証のある風俗店に勤務すると、条件さえ満たせば確実に保証分の給料がもらえるため、たとえ給料を前借したとしても返済が楽になります。
せっかくデリヘル嬢になってまで借金の返済に追われたくはないでしょう。
それだけに、バンス制度を利用する際にはできるだけ返済が楽な、日給保証のある求人を探してみましょう。

日給保証で稼いだ給料を返済にあてることで、普通に働いて稼いだ収入は全て自分のモノにすることができます。