デリヘルで体入荒らしする意味はある?新人期間稼げる?

2023年12月14日

ulleo / Pixabay

デリヘル含む風俗業界には、一般企業にはない制度で働きたい人がお試しで仕事ができるものがあります。
一般企業では採用されたあとの研修はあるのですが、それだと採用後のことになるので、あわないことがわかってもやめることは簡単にできません。
風俗業界では、採用される前にまずあなたにあった仕事がどうか、やって見ませんか?
やってあなたがよければ、そのまま正式に働きませんかという流れになっているのです。

勿論、風俗業界にも面接というステップはあるので、面接で合格になった女性だけが受けることができる制度になっています。
しかも、お試し期間であっても正式に働くときと同じ給料が貰えるのです。
一般企業のように、試用期間は3か月で残業NG・営業成績がよくても給料は一定ということはありません。
なにより、あわないと考えれば「やめます」といってもいいのです。

ただ、デリヘル嬢として体験入店を繰り返し行う、困った女性もいるのです。
体入荒らしと呼ばれる女性で、風俗店の体入を繰り返ししていくのです。

デリヘル体験入店の考えはどうなっているの?

風俗業界では体入は当たり前

Ok, Good体入(たいにゅう)とは体験入店のことで、風俗業界ではどのタイプのお店でも体入制度を取り入れています。
風俗タイプによって体入期間は差がありますが、短くて1日・長くて1週間のところもあります。
ソープランド・SMクラブ・マットヘルス・エステなど、テクニックがそれなりに必要なタイプの風俗では、講習を行ったあとに体入になりますが、これ以外の風俗店は、プレ講習で簡単に受付から終了までのサービス内容のDVD講習・実施講習が簡単にあって、そのまま体入に入るようになります。

体入までの流れ

体入するまでの流れは、最初にデリヘル店を求人誌・求人サイトで探します。
その後、電話・メールで写真・年齢・経験有無・スリーサイズなどの情報を入力か口頭で伝えてエントリーするようになります。
応募の時点で、デリヘル店側がコンセプトにあわない・条件を満たしていないとなれば、そこで不採用になることもあります。
問題がない・面接したい女性に対して面接日程を調整します。

デリヘル店が指定する場所で面接を行います。
デリヘル店側の質問は、応募内容をもとに風俗経験内容・スリーサイズ・出勤内容・タトゥー・妊娠線があるかなどになります。
タトゥーについては、入っている場所サイズについて確認があります。
妊娠線・帝王切開の傷痕についてもどの程度か確認があります。

場合によっては女性スタッフが確認することもあります。
あわせて、日本国籍かどうかの確認を住民票・戸籍謄本で行い、年齢が18歳以上かの確認を身分証明証(写真つき)で確認します。
面接者の質問が終了すれば、あなたの質問になります。
稼ぎ条件(金額・支払い条件・雑費など)・サービス内容・シフトなど気になることについて確認しいくことになります。

デリヘル店側で総合評価して問題がなければデリヘル店に採用されることになります。

面接後に体入打診はあるが、あなたの選択

Choice流れで、よければ「体入」してみませんかと確認があります。
この言葉がないと採用されていないと考えてください。

後日連絡しますなどは不採用になります。
面接後、そのまま体入して体験するかは自由意思になります。
そのまま体入してもいいですし・別の日から体入しても問題ありません。
また、面接内容であなたが納得いかない部分があれば、体入を断って別のデリヘル店の面接に行ってもいいです。

体入は、絶対ではなく女性側が決めることになるのです。

体入の稼ぎはあるのか?

一般企業の試用期間のような制限はなく、正式に入店した時と変わらず稼ぐことはできます。
体入では、給料保証しているところもあり、全くお客さんがいなくてもゼロということはありません。

バイトとしてはかなり稼げるいい仕事になるのです。
体入期間はデリヘル店側もお客さんがつくように割引制度をしていて、実際に体験ができるようにバックアップしてくれるのです。
つまり、デリヘル店としてはあなたにお店の雰囲気・スタッフや店員の人となり・お客さんの層・集客状態・サービス・プレイを体験してもらい、よかったら来てくださいね。
ということになるのです。

あなたは、体入を通して稼ぐこともできて、これから継続してできるかの体験ができるようになるのです。
もし、体入で一人目のお客さんで続かないと判断したらそのままやめることもできます。
1日働いてやめることもできるのです。
体入期間が終わるまでしてもいいです。
その後、デリヘル店側から出来そうであれば本入店しませんか?となるのです。

騙されることもあるので注意

デリヘル店では店舗数が過剰気味になっていて、デリヘル嬢不足になっているところもあり、デリヘル嬢が集まらないお店もあります。

そうなればデリヘル店としては売上があがらなくなってしまうので、どうにかしてでも女性をあつめようとしています。
その流れで、誇大広告により稼ぎがとんでもなく高く設定されている・表向きはソフトサービスとしていても、実はハードサービスがあるというようなこともあります。
辞められては困るから、日給払いをずらして支払うこともあります。
面接で身分証明証の提出依頼がないデリヘル店は、暗黙で本番ありのお店だったりすることもあります。

体入期間はなく、即本入店ということもあるので注意して面接にいかないといけません。

本入店で正式デビュー

本入店することになれば、正式にデリヘル嬢としてデビューすることになり、プロカメラマンによる写真撮影があります。
顔出しすれば日給保証がうけることができます。

顔出しNGであれば、モザイク・加工修正して使用するようになります。
写真はホームページの在籍女性に掲載するようになり、あとは、出勤時間に指名を待つだけになります。

デリへル店体入荒らしとはどのような女性?

女性デリヘル店だけではないのですが、体験入店制度を利用して稼ぐ女性のことを体入荒らしといいます。

つまり、体験入店して体験して継続できるかどうかの判断するために利用しているのではなく、体験入店で日給保証してもらい稼ぐことを目的にしている。
体験入店期間が終了したらやめる女性のことになります。
デリヘル店は、女性が働くきっかけづくりにしている制度をうまく利用して稼ぐ女性になるのです。
デリヘル店で働く意思があり体入をするのは問題なく、あなたが体入してあわないから別のデリヘル店にするということなら問題ないのですが、体入だけで、荒稼ぎする行為はNGになります。

風俗業界では、このような行為をする情報は横のつながりで情報共有するようにしているので、目に余る行動をしていたらどの風俗店でもあなたをNGにすることがあります。
とくにもグル―プ店では、すぐに体入荒らしのリスト管理対象になるので、大手では働くことができなくなってしまいます。
あなたは、そのようなことはないと思いますが、体入はあくまでお試し期間ですが、その先に本入店を希望している制度になるのです。

まとめ

体入荒らしをすれば、すぐに風俗店の横のつながりであなたの情報が共有されて、体入どころか勤めることができなくなってしまいます。
体入はお試し期間ではありますが、お店側の目的は、その先に働いてもらうことです。
この制度を稼ぐことだけに利用することはご法度になります。
ご参考にしてください。